タグ:DQN

336:名無しの心子知らず2012/02/11(土) 00:36:00.99 ID:Aa3KhkBm
とれたてホヤホヤの泥話です。

野菜の値段が高騰している今日この頃ですが、
我が家は家庭菜園で白菜や大根、コマツナ、じゃがいも
その他いろいろな野菜根菜豆類を植えています。

ここらあたりは冬は鮟鱇鍋が名物で、
鍋にいれる野菜を育てたいというのがそもそもの始まり。
以前はご近所にも配ったりいもほり会をやったりしていましたが、
昨今は放射能を気にする人もいるので
最近では自宅で消費するのみでした。

しかし価格高騰の折から、
近所の奥さんが我が家の菜園に侵入し、
野菜を盗っていたことが発覚。
なんでも白菜の間に虫がはさまっていたそうで、
文句を言いに来ました。アホか。


続きを読む

839: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/04/21(土) 22:08:29.60
先週末夕方から友人達を呼んで家で花見をした
(アパートの横にでかい桜の木が立ってて窓から見える) 
昔から酔うと羽目を外し過ぎる癖があって、
その日も酔った勢いでおふざけの延長で友人のズボンをずらしたり 
尻に火をつけようとした。 

それを見た嫁はコンビニに行ってくると家を出て行って、
3時間帰ってこなかった。


続きを読む

377: 1-4 2011/01/14(金) 10:27:06
昔、新年早々結婚式があった。 
地元に帰省してる人が多いから
合理的といえば合理的なんだろか? 

高校時代の友人の結婚式に行ってきた。 
場所は新郎の地元。 
私は新婦側友人。 
新婦は地元出身ではないので新婦友人達はみんな遠方。
たまたま独身の私だけがその地方の近くに仕事で住んでいた。 
なので、時期的なこともあり新婦側友人は私一人となった。 
年齢的に皆、新婚さんだったり妊娠してたり小さい子供がいたりで、
新年早々結婚式とはいえ雪国へは来れなかった。 
対して、自分の地元の結婚式となった新郎側の友人はかなりの人数。 
男性の友人だけでなく女性の友人も多くいた。 

最初はごくごく普通に乾杯があってスピーチが始まった。 
普通は上司などのスピーチがまずあるはずなのに、
上司という立場の人が見当たらない。 
しょっぱなから、新郎親族が延々しゃべる。 
内容は田舎ではよくある内容。 
子供をたくさん~妻は夫に~夜は~とちょいセクハラ系。


続きを読む

809: 名無しさん@HOME 2013/06/09(日) 22:05:01.94 0
ちょっと長くなるかもだけど、
金持ちのDQN3人組に夫婦揃って杀殳されかけた話をして見る。

809: 名無しさん@HOME 2013/06/09(日) 22:05:01.94 0
その日ちょっと小雨まじりだったんだけど、
アパートの近くの海岸沿いの砂地を嫁と散歩してたら、
いきなり後ろから「おい、みただろ?」
とか坊主頭のDQNが言ってきたんで 
「何言ってるんですか?あなたなんか知りませんよっ」ていったら、
嘘つくなっ!!とか言って殴りかかってきた

続きを読む

146: 名無しさん@おーぷん 2014/10/28(火)21:38:45 ID:c3Gdrh567
数年前、妊娠したが、
ある時の検診で子供がお腹の中で亡くなっているのがわかった。
どこにも異常はないらしく、原因は不明。
入院して薬で陣痛を起こして自然分娩し、その翌日に火葬した。

子供の骨をお墓に入れた翌日から、
疲れや悲しみが一気に来たのか、まともに動けなくなった。
トイレには行くけど、冗談抜きで力を振り糸交らないと起き上がれなかった。
気を使ってくれる旦那両親や旦那兄弟(旦那実家で同居していた)に
「迷惑をかけてすみません」「気を使わせてごめんなさい」と
言おうとしても声が出てこない。頑張っても喋れない。
食事は、義母や義妹が買ってきてくれたゼリーや野菜ジュースを
なんとか飲み込んでる感じだった。

そんな状態が何ヶ月か続いた頃、
いつものように布団で横になっていたところに、仕事帰りの旦那が入ってきた。
なんだか申し訳ないような気まずいような気持ちで、
旦那に背を向けたままでいたら、信じられない言葉が聞こえてきた。
「お前さ、なんでいつまでも体をいたわってんだよ。
もう、吐いたり動きづらくなったりしてないんだろ?
病気じゃないんだから、さっさと起きて飯作れよ」


続きを読む

469: 愛とタヒの名無しさん 05/03/16 12:45:35
このスレ頭だけ読んで、
思い当たる節があるのでカキコさせてください。 

俺、妹の結婚式に
「相手は美男美女が多いのに、お兄ちゃんみたいなブサイク出したら、 
うちがどう思われるか分からない」という理由で出席拒否されました。 
親が出席を勧めても
「もう相手には兄はタヒんだ事にしてあるから無理」と返事。 
親もその言葉を聞いて了承。 

当日。 
携帯の電源を切って、
家から300キロほど離れたサービスエリアでバイクを降り、
携帯を確認すると親戚と親と妹から結構な数のメールが入っていた。 


続きを読む

このページのトップヘ