タグ:鬼女


旦那からお弁当の内容に付いてお叱りの電話がきたけどこれ私が悪いの?
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/14(木) 13:22:54.493 ID:lk2r7TEQ0.net
お弁当の中身
ご飯 お茶碗一杯分
コロッケ×1
玉子焼き×3
6Pチーズ×1
きゅうり薄切り×3

なんだけど
続きを読む

599 :名無しさん@おーぷん
もう二年も前に旦那を盗られました。
それで、旦那に別れてほしいと言われたから。
旦那が新しく好きな人が出来たから。あと、私の浮気に耐えられなくなったからでした。
私の浮気は多分普通の人とは違うと思います。別に旦那のことは嫌いじゃなくて、むしろ大好きでした。浮気相手は大学時代の元カレでした。
結婚して半年くらいから刺激が欲しくて浮気をし始めました。でも、半年くらいで浮気がバレました。最初は、離婚はなんとか回避しようとだけ考えていました。でも、予想外に、旦那には泣きつかれました。
それが本当に気持ちがよかった。好きな人を蹂躙して、立場として上に立つというのが本当に気持ちがよかった。愛してもらえてると実感できた。
続きを読む

664: 名無しさん 2015/12/14(月) 14:29:57.65 .net
空気を読まずに投下します。 

嫁が妊娠中で、中期での流産歴ありのハイリスク妊婦です。 
今はフルタイムで働いていますが、立ち仕事や力仕事がある職場なので、
一旦辞めさせて内職でもさせようと考えています。 

ところが、嫁は今の仕事を辞めることには同意してはいるものの、
「急に入院することもありえるのに無責任」
「妊婦を雇うような職場は無い」
等と言い拒否しています。 
怠けるための言い訳にしか聞こえません。 
何とか嫁を説得する方法は無いでしょうか。 
また、皆さんの体験談等あれば聞きたいです。 
宜しくお願いします。

続きを読む

675: 名無しさん@おーぷん 2015/01/29(木)16:58:56 ID:9K1
フェイクも入ってる
先週仮面ライダーのショーに息子と行ってきたんだけど
ショーのチケットを早めに予約したおかげで前から2列目の席で、
近い距離で見れるね!って喜んでたのに、当日行ってみると席は会場のはじっこの方…
3歳の息子では席に座るととてもじゃないけどショーが見えない…

しかたなく、息子を私の膝の上にのせてステージ側に寄せてショーを見せてあげてたんだけど
私の隣に座ってた大学生くらいの女達が迷惑そうにチラチラこっち見てきたのがスレタイ
まだ子供だし、ライダー見て興奮しているせいかちょっとだけ動いちゃって、
手とか靴とかがほんのちょっとだけ当たっちゃっただけでもチラチラこっちを見る
無視して息子と楽しんできたけど、そもそも仮面ライダーのショーって子供が見るためのものなのに…
小奇麗にしてたけど、女二人くらいの人数だったから多分彼氏とかいないオタクなんだろうな

しかもグッズ売り場である特定のグッズ(数量限定)を買うと、ライダーと握手できるんだけど
子供たちを差し置いてそのオタク女達がグッズ買って握手してて、それも神経わからなかった
子供のためのイベントなのに、オタクは控えて欲しいよ…

さっき本当に偶然だけど、駅でそのオタク女を見かけたので思い出してカキコ
続きを読む

68: Mrs.名無しさん 2000/10/05(木) 11:03
知人A子の話。A子は元々B男とつきあっていたがひょんな事から別れ話 
B男は分かれたくないと食い下がり、泥沼試合に。 
その最中、A子は新たにC男という男とそーいう仲になり 
(噂ではA子がC男を体使ってモノにしたとか) 
1年後にA子の両親の反対を押し切って電撃結婚。 
B男との事はなんとなくうやむや状態で終わった。 
(B男はまだ引きずっているらしいが) 

しかし、「専業主婦に嫌気がさした」 
「○○の奥さんっていわれるのは嫌だ」等 
(就職先探していたらしいがA子は高学歴の上 
職歴も無いのでどこも雇ってくれなかったらしい) 
我が儘三昧周りに振りまき、C男とも上手く行かなかった様子

そして1年後、仲間内のD男という男と不倫関係になってしまい 
(D男もC男と同じ体でモノにしたらしい) 
終いにはD男の家に駆け込み寺し「C男とは別れるから私と結婚して!」と言い放ち、
両親友人知人を巻き込んでの大騒ぎになった。 

D男との不倫関係は終わったが(現在D男には新しい彼女が出来た) 
結局関係は修復せず、つい最近別居状態となり 
離婚は秒読み。今年中にたぶん決着はつくでしょう。 

仲間内ではA子が悪者になってます 
何度同じ事を繰り返せば良いのやら。 
要は早く家を出たくって、結婚に逃げたんじゃないか? 
相手はB男でもC男でもD男でも誰でもよかったんでしょうね 

続きを読む

33: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/14(日) 10:20:29.97
汗水たらして働いて夜遅く家に帰ってもおかずひとつ無い。
嫁は夜遅くまで友達と飲み。昼は主婦仲間とランチ。 
一ヶ月の小遣いが6000円でおかげさまで同窓会にいく為のの服も買えない。 
「じゃあ行かなきゃいいでしょ?私だって専業で外にあまり遊びにいけないしお互い様」 
家に帰っても何も用意してないし
毎月6000円じゃ辛いからせめて食費くらい工面してくれと言った途端機嫌が悪くなり口も利かなくなるよ。 
嫁実家や嫁仲間に悪口は広めるわ、しまいにゃ
俺の携帯電話勝手に使って友達にまで悪口言おうとするもんだから
取り上げていい加減にしてくれって怒鳴ったら 
俺の携帯止められてしまう始末。

それでも手取り36万なんかじゃ生活苦しいから
夜勤のコンビニのバイトでもしてくれとか言われて俺を殺す気かと。 
じゃあお前も働いてくれと言うと物凄い不機嫌になり何日も無視攻撃…もう疲れたよ… 

と言うわけで、俺も命や性格が惜しいので
嫁には必要最低限の生活費だけ置いてお金は全て俺が管理することにしましたw 
「私のプライベートまで壊す気?いいから早く給料よこせ!」 
とかビービー言ってるけど
嫁お得意の不機嫌な表情&無視攻撃を有効活用させていただいてますw 
実家に逃げて離婚になってもぜんぜんOK。むしろ希望。 
まぁ俺と同じ目にあって反省しなけりゃさよならだな… 

書きなぐりしつれいしやした!
続きを読む

490離婚さんいらっしゃい 2013/07/07 19:45:09
せっかくの七夕ムード壊して申し訳ないが書かせてくれ。 
俺の家、2軒隣に義母が住んでるんだ。 
毎週そこから息子の声が聞こえて悩まされてるが、今日は日中は居なかった。 

夕方になって車の修理をしてたら、糞嫁が義母宅に着。
息子が外で遊び始めたから声かけようと思ってたら…。 
ウチには近寄らないよう言われてたみたいで会えなかった。背中しか見えなかったよ。 
クソっ、何でこんな思いしなきゃならないんだよ。性格の不一致だったのに。 
車はちゃんと修理したけど俺が壊れそうだよ。とりあえずスーパードライ飲んで飯にする。

続きを読む

255名無しさんといつまでも一緒 2004/12/25 05:40:52
元々はこっちの度重なる浮気が原因なのですが。 
妻に最愛の彼ができました。子どもがいるので成人するまでは一緒にいると言われました。 
今日のクリスマスはその彼と1日デートに行きます。 
この上なく惨めで・・・別れると言ったら「子どもは渡さない」と言われた・・・(以前) 
浮気ではなく本気なのでつらいです。   自分がまいた種だから仕方ないけど
続きを読む

92離婚さんいらっしゃい 2005/07/03(日) 16:43:44
突然激しく落ち込んだ。 
いつまでたっても元嫁に言われた捨て台詞を気にしてる自分が嫌になった。 
休日の職場で一人仕事しながら泣いた。 
何とかしなきゃだめなんだけど、やっぱり女が怖い。 
というか、女にまた裏切られて傷ついてしまうであろう自分を守ってる。 

おまいら、どうやったら人を好きになれるの? 
どうやって立ち直ったの? 
もう一度、漏れもがんばってみたい。
続きを読む

369名無しさん@HOME 2005/10/05(水) 16:36:14
相談です。
昨年、いろいろとあって旦那にブチッときた者です。 

去年まで旦那は趣味の集まりに頻繁に出かけてました。 
その仲間の中に旦那にちょっかいをかけてくる既婚女性がいて 
かなり嫌な思いをしました。 
旦那自体はチヤホヤされて悪い気はしない、という段階にあり 
その様子につけ込まれ女が猛攻撃をかけてきたために 
私が不愉快になって旦那にブチ切れ→喧嘩と仲直りを経て今に至る。

当時、旦那はいろんな趣味のサークルを掛け持ちしていたので 
「調子に乗り過ぎた」と反省してサークルは一つに絞り 
休日は家族と過ごしたり、私をデートに誘ったりとしてくれ 
一年かけて夫婦円満に過ごせるようになりました。 

ところが今週の日曜に再びちょっかい女のいるサークルから 
救援(?)を頼まれて「行くかどうか考え中」と打診されました。 

私としては不愉快な思い出のあるサークルには 
二度とかかわって欲しくないのが本音。 
「行かないで欲しい」と言いたいものの、
この一年、本当に良くしてくれた旦那を思うと「まだ根にもってるのか」
と思われるのがつらい。
(事実、根にもってるけどさ) 

旦那に不愉快な思いをさせたくない気持ちと 
私も不愉快になりたくない気持ちと 
両方入り交じって考えがまとまりません。 

なんと言って思いとどまらせたら良いか 
あるいは気持ちを落ち着けて行かせてあげるべきか 
皆さんのご意見やアドバイスをお聞かせください。 

続きを読む

このページのトップヘ