タグ:高齢出産

1:名無しさん@おーぷん2017/09/27(水)23:17:27ID:MGd
ほとんどの女が借金をして大学に行くだろうから
働きに出たら借金を返すまで結婚したくないと女は考える

仮に結婚しても出産は絶対にいやだと言うだろうな
続きを読む

376: 名無しの心子知らず 2013/11/22(金) 18:44:04.83 ID:FdOn/AuF

今日、幼稚園のお迎えの時に
同じクラスのママが42歳で二人目を妊娠した話を聞いて
「凄い偉いな~」って自分の正直な感想を口に出したら

あるママが私の発言に対して、
その人にとっては当たり前の事で凄い事だと思ってないかもしれないのに
何で凄いとか偉いとか言うの?って突っかかってきた。

私自身が金銭面や自分の時間などの理由から選択一人っ子だから
二人目を望む人に対しての正直な感想だったんだけど、
やっぱりダメな発言だったのかな…

因みに、突っかかってきたママ友は男子+双子の三人の子持ちです。

続きを読む

400:名無しさん@HOME2015/03/02(月) 15:47:16.80

私の夫は長男だけど、義弟夫婦が義実家にトメと同居。

田舎の長男教なのに夫が跡継ぎにならなかったのは私としてはラッキーなんだが、
実は義弟の子供が何かの事情で生まれつき寝たきりで発育に問題があり、
義弟夫婦だけでは育てられそうになかったのでこうなった。


同居にあたり、義実家の名義をトメから義弟にかきかえて、
トメがお金をだして義弟子のためにバリアフリーに改築し、
義弟子の世話をトメは頑張れるだけ頑張って見てきた。
義弟は収入の多い夜勤に仕事を変え、義弟嫁は子供をトメに預けてパートで働き、

うちは私の実家と合体してしまったので毎月まとまった額の金銭的援助をしてきた。

それぞれ出来ることをしてたつもりが、トメが骨折し持病の糖尿もあって長期入院になった。
そして残念ながらトメも車椅子生活に。

いろいろ話し合いした結果、トメは夫が手配して老人施設に入所できたけど、義弟子のお世話をする人がいない。
仕方ないことだけど、義弟夫婦は義弟子を泣く泣く施設に預けることにした。
というのがこれまでの状況なのだが、義弟嫁が妊娠して
「お兄ちゃん(障害のある義弟子)のためにどうしても下に弟妹が欲しい」と言い張った。

夫は義弟に、子供が生まれ新しい命が育つ事は祝うべきなんだけど、上の子の状態や高齢出産リスクを考えたら手放しで賛同できないと言ってしまい、義弟嫁から私も込みで人でなしと罵られた。
そして本当に残念なことに、先日生まれた下の子も同じような感じの障害らしく、
義弟嫁に仕送りを二倍にしてくれと泣き落としされた。

トメの施設入所金だけで
うちは限界まではたき出してるし、さらに仕送り倍とか我が家が破綻するから断った。
義弟はリスク込みで持った子供だから自分たちの力で育てようと
義弟嫁を必タヒで止めてるけど、義弟嫁がメンヘラ化して収集がつかない。

下の子はいま子供病院に入っていて要観察らしいけど、これからどうすりゃいいの。
続きを読む

【1/3はこちら】
【3/3はこちら】
780:素敵な旦那様2005/08/22(月) 20:36:13

嫁さん、逃げる準備完了な気がするのはオレだけか?
続きを読む

51: 名無しの心子知らず 2017/09/20(水) 08:26:01.26 ID:lUq3LN03
偏差値60以下の高校行ってたママ
4大出てないママ
教養無くて言葉知らなさすぎ
転勤族でちゃんとした賃貸に住んでる以外の持ち家じゃないママ
高学年以降の優れない子に習い事一切させてないママ
暇すぎるのかどこにも付いてきてしょっちゅう電話かかってきてウザい

35歳以上で妊娠出産したママ
年子産んだママ
続きを読む

450: 名無しの心子知らず 2017/09/16(土) 16:18:47.13 ID:3e6LpJyH
38歳で産んで今息子は4歳
息子は赤ちゃんの時から活発で声量も大きく癇癪持ち
っていう育てにくい子なのだけど
バスや外出先で息子が騒ぐと
「やっぱり高齢で産むと発達障害になりやすいのね」と
遠回しにお年寄りやおばちゃんに言われたりするのが
凄くモヤモヤする
うちの子はれっきとした健常者なのに

何歳に限らず、少し泣きわめくだけでお察しな空気出されるの
本当に精神的にきつい

確かに小綺麗にするほど体力もないけど髪はきちんとまとめてるし
不潔感は出さないようにしているのに
昨日「そんな歳で産んで大変ね~
20代で産めばもっと育てやすいだろうにね」
と言われてさすがにモヤモヤが晴れない
続きを読む

524: 名無しさん@おーぷん 2016/05/26(木)12:29:38 ID:7Nr
こんなこと書いたらいけないのかもしれないけど義弟一家と付き合いたくない。

義弟は違うんだけどその奥さんはクリスチャンなんだよね。
義弟のところは結婚が少し遅かったので、世間一般に言われる高齢出産で、
出産前検査って言うのかな、まあとにかくそういった類のものは一切受けなかった。

まあ宗教上の理由なのかな?
義弟に検査を受けたほうがいいのかって聞かれたんだけど、
それは夫婦で話し合う問題なので、私たち夫婦に聞かないでほしいといったんだ。

でももし私ならどうする?と聞かれたけど、難しいねって言って答えなかった。
だって仮に検査を受けて結果が悪い方に出たって中絶する気がないんだから
下手なこと言えないよね。

まあ結果はよくない方に出ちゃったんです。
ここまではまあ仕方のないことだったと思うんです。

でも何がそうさせるのかわからないけど、
義弟夫婦はまたまた妊娠してしまったんです。
まあ最初の子に障害があるので自分たち以外の身内が必要だと思ったのかな

ただ理解できないのは、2人目の時も出産前検査をせずに生んだこと。
結局2人目も良い結果ではなかったんです。
正直私たち夫婦は年齢が年齢だけに心配していました。
それなのにまた妊娠したと連絡があったのです。

今まで協力できることは協力してきました。金銭的にも、行動でも。
2人一緒に病院に連れて行くときには危ないので、行けるときは一緒に行って
どちらか一人の面倒を引き受けたり、買い物に代わりに行ったり。

ひどいことをかきますが3人目もダメな気がします。
生まれてこないでほしい。
続きを読む

850: 恋人は名無しさん 2017/06/14(水) 19:45:33.56 ID:j4tLCKSp0
5歳年上の彼女に引いた。
彼女35歳。しかし、見た目はどう多く見積もっても25歳。
カジュアルな服に薄化粧だとハタチ以下に間違われる場合もある。
童顔なのもあるが、運動と料理が趣味で細身で肌が綺麗なのが大きいと思う。


俺がたまに冗談で
「花嫁修行頑張らないとお嫁にもらってあげないよ~」
「もし今妊娠しても高齢出産だから相当美意識高めとかないと子供が恥かくよ~」
「お前のクビレとプリケツ偽物っぽくて引くわ~胸も偽物なんじゃないの?」
とからかってじゃれあっていた。

昨日彼女が
「蕁麻疹が出てて、かゆいし恥ずかしい」
と言うから見せてもらうと、鎖骨の下と腕の内側がポツポツ赤くなっていたので
「35なんだから吹き出物でしょ?若ぶって~」
と笑うと、

彼女に
「蕁麻疹は蕁麻疹。別に若ぶってない。
いつもいつも私を下げる発言ばかりして笑ってるけど、何が楽しいの?」
真顔で言われてスレタイ。

こっちはピザブサメンアトピー持ちで
普段回りから「綺麗でできた彼女に不釣り合い」と言われまくってるんだから、
これくらいの弄り笑って許してくれても良いじゃないか
続きを読む

64: 名無しさん@HOME 2015/02/09(月) 18:43:03.41 0

先に言っておきますが、閲覧注意な案件で、しかも長いです。
妊娠や障害絡みなので、少しでも触りそうな方は避けてください
なるべく簡潔に書こうと思う。
でも、巻き込まれたくない感で一杯なので感情的になるかも・・・

では書きます(この下閲覧注意)

義兄嫁がやっと妊娠した。
40代なので羊水検査をして、結果がダウン症の疑いありだったそう。
疑いなのでまだ確定ではないけど、高確率でそうみたい
(医者から家庭でよく話し合って…的な申し出があったそうなので)。
義兄は今回は残念だけど、堕胎を検討しようと言ったそう。

義兄嫁が障害があっても生みたい!とゴネテきて参ってます。

冷たいと思うけど、ダウンの子が産まれたら私達は手伝う気はない。
関わって私の子を当てにされたら困るから
と伝えたところ鬼悪魔と呼ばれています。

義両親に私達が非道だと訴えて、義両親も堕胎の方向で
検討するように言ったそうです。
義兄は45歳、義兄嫁は41歳で、障害のある子を抱えて育てるには
年を取りすぎていると言うのが義親の意見です。
私達夫婦もそう思います。

どういえば義兄嫁を納得させられるのかわかりません。
迷惑をかけられるのは絶対に嫌です。
続きを読む

781: 名無しさん@HOME 2013/01/15(火) 09:57:22.53 i
今妊娠中なんだけど最近近所に越して来た旦那姉が「30で産むって怖くない?」
やら「妊婦って体型笑えるよね」とか
色々言ってくる。
毎回言われる訳じゃ無いからなんだよこの人と思いながらスルーしていた。
でもこの前久々に偶然会った時第一声が
腹でかっ、怖!で子どもの障害考えたら
高齢出産しないと思う、自分さえ良けれ
ばいいんだと言われたので
「義姉さん不妊治療成功して子ども出来たらどうするんですか?30でダメなら40の
義姉さんもっとヤバいですよね」
と言ったら呆然としていた。
続きを読む

このページのトップヘ