タグ:雪だるま

520: 名無しさん@おーぷん 2014/09/08(月)09:34:24 ID:s5LwZTmqf

最近寒くなってきたねー。それで思い出した修羅場。

7年前の冬、その日は天気予報で
今日は大雪になるから気をつけれって流れてて、
朝から対した量じゃなかったけど雪が降ってた。

大雪になる前にベランダの物干し竿下ろしとくか~と
ベランダに出て窓を閉めた。
(3歳と8ヶ月の子供達がいるから
部屋が冷えない&外に出ないように。)

物干し竿をガタガタ下ろしていると後ろでカチャッて音がして、
ん?と振り返ると3歳が鍵かけてドヤ顔。
「俺すごくね?w」とでも言っているようだった。
「ちょ、おまwまじかw」と思いながらも、
この鍵かけは鍵開けとワンセットの行動なので
3歳を誘導して鍵をまた開けさせたのだが窓が開かない。

え。とよくよく見てみると寝返りイタズラ大好きの8ヶ月、
窓の下に付いてるキッズロック
(子供が窓を勝手に開けないようにしておく
非常に軽いボタン)を押しておったわい。

「やべーよまじかよ...。だが3歳を誘導すれば!」と思ったんだが、
鍵かける→かーちゃんが「開けて~」言う→
俺開けてあげる→かーちゃんに「ありがと~」って
チューしてもらえる!(・∀・)の絶対公式が崩れた3歳は
パニクって泣きながら鍵をガッチャガッチャやってた。
「かーちゃーんんん!!お願い帰ってきてえええ!!
あおーんんん!!」って泣き叫んでたから話聞いてくれない。

なんとか落ち着かせようと説得したんだが
なんせ寒くて(物干し竿下ろすだけのつもりだったから
長袖Tシャツに短パンの超軽装な上携帯も家の中w)
唇真っ青でガチガチなってる姿を見て3歳更にパニックwww

「かーちゃんだ、だい、大丈夫だか、ら、おちつ
「かーちゃーんんん!!いやあああ!!」と阿鼻叫喚。
そうこうしてたら子供達は泣き疲れたらしく寝だした。
助けを呼ぼうにも携帯は無い、
叫んでも周りは田んぼのみで隣の家には到底声は届かない、
「自宅のベランダで雪だるまになってタヒ亡って
明日のニュースになんのかなぁ...」とか考えつつ私の意識はログアウト。

目が覚めると病院のベッドだった。
何で私生きてんの??何で発見してもらえた??と
キョトンとしてると涙目のトメがいた。

トメが怒鳴りながら言うには、
愛しのムチュコタンを奪った私を敵認定してるトメが
私の携帯に何度も電話してたらしく、
「嫁の癖にトメ様の電話に出ないなんて!」とプンスカ家に来て
ピンポン押しても出てこないから勝手に作ってた合鍵で中に入ると
孫タン達発見。

「嫁やっぱりいるんじゃない!キー!どこに隠れてるの!?」
と探してみるとベランダで半分雪だるまになって
顔が真っ青通り越して白くなってしゃがみ込んでる嫁発見。

あばばばばとなりつつ救急車呼んで
私を風呂場に引きずっていきお湯をかけて温めてくれたらしい。
「しょうがなくよ!?しょうがなくあんたを助けてやったら
腰痛が悪化したのよ!どうしてくれるのよふじこふじこ!」
ってまだなんか言ってたけど泣きながらだからよく聞こえないし、
私もそれ見て泣いちゃったから聞いてない。

無事退院してからは、トメを腰痛の病院に連れてってあげた。
しょうがなくねw
続きを読む

762: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:05:02.97 ID:yZeEqL4W.net
じゃあ俺はこの冬の話を投下 


雪が結構積もった日に
近所の子供達と一緒に
雪遊びをする事になった、 
監督役は俺と友人のAとBの三人 
公園の隅に未来狸の雪だるまを作った、
大体2,3時間で完成した。 

で、結構出来がよかったから
Bがカメラ取りに家に戻って
残りはベンチで休んでたんだが、 

そこに

車内に毛が生えた
趣味の悪い軽自動車が入ってきて、 
何を思ったか
そのまま雪だるまに体当たりした!! 


ゆきだるま は バラバラになった  ▼ 


突然の事態に唖然としてしまったが、
取り敢えずギャン泣きする子供達をAに任せて、 
車から出てきた見るからに馬鹿そうな女二人に
文句を言いに行った、 

すると 

バカ女1「雪だるま壊しちゃダメって法律でもあるのwww」 
バカ女2「一生懸命作ったのに残念だったねぇ~ウケるわ~」
だとさ 

この時点で
思いっきりぶん殴りたい衝動に駆られたが
子供達がいるので我慢、 
笑いながら去っていくバカ二人は無視して、
ギャン泣きする子供たちを宥めて家に帰らせた。 

その後カメラを取りに行ってたBと合流、
事情を話すと、 
「何か仕返ししたいよな」
と、勿論俺もそのつもりだったので
その場で作戦会議開始、 
新しい雪像を作る事が決まった
続きを読む

このページのトップヘ