タグ:雑談

338: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/15(金) 17:51:34.43 ID:+pyydNie

自分の武勇伝じゃないけど投下。 

昼食時によく行く飲食店でいつも通り食事をしていたら、中年ぐらいのおじさんが何人か入ってきた。 
そのおじさん達、席についたらやたらデカイ声でペチャクチャ話しはじめて、うるさかった。 
なんか色々話した後、急にゆとり世代云々とか言い出してきた。 
内容も酷いもので、「ゆとりは使えない」「ゆとり世代は屑」みたいな悪口を大声で延々と喋っていて、正直気分が悪かった。 
周りの人も迷惑していたのか、おじさん達を白い目で見ていて、見兼ねた店員さんがおじさん達を注意した。 
そこでやめるかと思いきや、おじさん達は「人の話に口出しするな!」「雑談して何が悪い!」 
「俺達は客だぞ!」「お客様は神様って言葉を知らないのか!」などと、わけのわからないことを言ってきた。 
注意した店員さんが若い人だったから、ここぞとばかりに「これだからゆとりは」と、罵倒し始めた。 
すると隣にいた2人の高校生ぐらいの男の子の一人がおじさん達のところに近付き、 
「ここはみんなが利用する場所なんだから、周りの人に迷惑が掛からないようにするのは当たり前だろ。 
大体、お客様は神様ってのは店側が言う言葉であって、客が言う言葉じゃないだろ。 
大人のくせにそんな事もわからないのか?餓鬼の俺でもわかるのに。」と言った。 
するとおじさん達、顔真っ赤にして「大人にむかってその口の利き方はなんだ!」「この礼儀知らずが!」と責めてきたが、 
連れの男の子が「あんたらが馬鹿にしてるゆとり世代に窘められてるけど、今どんな気持ち?ねえ、どんな気持ち?」 
と言い、おじさん達は「こんな店二度と来るか!」と、さっさと会計を済まして出て行った。 
その後、男の子2人は何事もなかったかのように食事と雑談を楽しんでいた。 

ゆとり世代にも、普通に能力高くて何でもできる子はいる。 
確かに、私含め使えないゆとり世代もいるけど、若者を「ゆとり」で一括りにして非難するのはやめてほしい。
続きを読む


260: 恋人は名無しさん 2017/01/24(火) 14:38:53.18 ID:lvJfrG5d0.net
彼氏に風呂入る前に盛られると珍しいしものすごい興奮するんだけど
汚いんじゃないかとか汗かいてるんじゃないかとかいろいろ気になって

「おおおお風呂入ってからにしよう!!」とか
ムードぶち壊すこと言ってしまう

彼氏が我慢できなくてそのまま続けることがほとんどだけど
いろいろ気になって全然集中出来ない
彼氏が何故か全く何の匂いもしない人だから尚更気になる
続きを読む

724 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/09/16(金) 06:33:47.49 ID:RsY6hnQB0.net
子供寝かしつけていっしょに寝ちゃって5時に目が覚めるってのを何回かしちゃって、全然時間が足りないって同僚に言ったら、
「5時に起きればけっこう家事できるよね。なんで時間足りないの?」って言われた
その人は本も読まないしテレビもほとんど見ない
自分みたいに本や録画やネット見てない人って、そういうもんなのかぁ
自分がそういうものにうつつを抜かしてるから時間が足りなくてイライラするんだな
こういう人が家事育児に向いてる人っていうんだろか
自分の時間が欲しいって思うのって、こういう人から見たらわがままなことなんだな
続きを読む


477:名無しさん@おーぷん2016/08/01(月)13:15:41ID:L5E

最近ワキガのにおいを知ったのが衝撃だった。
書いてみたら長くなった…ごめん。

たまに「電車に乗っててワキガが乗ってきたらすぐ気付く」みたいなこと聞くけど、
10年間電車通学してたけど一度も出会わなかったなーってずっと思ってた。

もしやワキガって都会にしかいないんじゃ、とも思ってた。

あるとき、話の流れでワキガのにおいを知らない、と言ったら、
そのとき話をしていた相手が教えてくれた。

お行儀よくないのは百も承知で、ワキガに悩んでる人には申し訳ないんだけど、
ワキガの人がいるときに小声で「ほら、このにおいだよ」、みたいに。

そしたら、私、ワキガのにおい知ってた。
確かに電車でにおったこともあった。

私はそれを「汗のにおい」だと認識してた。
部活帰りっぽい男子学生からにおったことがあったからかも。

四半世紀生きてきてやっとワキガのにおいを知ったことが衝撃だった(建前)
そして実はそのにおいがちょっと好きなことがさらに衝撃(本音)
続きを読む

691 :名無しさん@おーぷん
父親が町内会の役員をしているんだけど体調を崩してしまったのでその代理としてちょっとした手伝いに駆り出された。
おじさんたちの計らいで「同世代(アラサー独身)のほうがやりやすいでしょ」と頭数の足りないからと
子供会の20代30代のママさんたちが集まるところに追いやられた。
異文化の中に放り込まれた感で居心地悪い、父親繋がりで顔見知りだらけのおじさんたちと一緒のほうがどんだけ楽か。

ママさんたちもにこやかに挨拶は交わすけど見覚えのない私に「誰のママ?」「転居者?」みたいな視線を浴びせてくる。
作業が一段落したところでリーダー格のようなママさんが積極的に声を掛けて来てくれて、というか探りを入れてきたので
「役員の○○の娘です(最初の挨拶は苗字だけだった)。父が今日手伝いに来られないので私が代わりに来ました」と答えたところ

リーダーママさん「○○さんって家の前に水槽のあるお宅?」
私「はい、父が世話をしてますが」
リーダーママさん「そうなのー?!子供が小さいときに散歩でよく立ち寄らせてもらってたんですよー」

そんな話をしていたら他のママさんたちも「あのお家の!」「うちの子も散歩で寄ってたー!」「うちの下の子もあそこ好きよ」
なんて口々に言いながら集まってきて、結局はほとんどのママさんが我が家のことを知っていた。
十年以上前から未就学児の定番散歩コースとして口コミで広がっているらしいwwwww
「○○(隣の町内会))に住んでる子供の同級生も知ってるもん」とか言われてママ友ネットワーク怖いと思った。
今まで変な人が沸いてこなかったのは幸いだったかな。
続きを読む

158 :名無しさん@HOME 2014/07/01(火) 07:25:23.89 0.net
もにょると言えば、ウチのコトメ。
ある俳優さんに夢中で貢ぎまくってる。

舞台・ショーの類は全国どこへでも都合の付く限り参戦。
それ位なら あーそーですかー で流せるが
握手会・誕生日イベントは1着数万円する洋服を手渡ししたり、
俳優さんに顔を覚えて貰うべく色々貢いでる。
コトメ曰わく「他のファンは自分より年齢が上だから、若い私は覚えてもらえるはず」。
結果的に覚えてもらってはいないみたい。
ちなみに数回同伴したコトメコは1回で覚えて貰ったらしく、
2回目以降は「いつもありがとう」と一言入るそうで嫉妬の対象。

仕事してるから自分の稼ぎの範囲でやる分にはいいだろうけど、
コトメコは今年受験で希望は私立。
コトメ旦那は趣味の人。
趣味にお金を注ぎ込んで貯金なし。
将来不安でコトメは仕事始めたのに自分も趣味にお金注ぎ込んで結局貯金なし。
余所の家庭の事なんだけど、コトメの言動にもにょってしまう。
続きを読む

283 :名無しさん@おーぷん
愚痴半分、相談半分。
自分は20代半ばで実家暮らし。
両親が占い(九星気学とか)にハマって、何をするにも「方位が悪い」とか「星回りが悪い」等言って制限してくる。
平安時代並に占いで行動を決めようとしてくる。
私が学生時代に一人暮らしをしていてうつ病になったときも
「あれはきっとアパートの方位が悪かったせいだ」と納得している。
実際は単に人間関係や勉強の忙しさや親の干渉がもとで、だんだん寛解したしいまは普通に働いてる。
最近、DV気味だった兄が実家に戻ってくることになり(暴力や暴言は私にだけ)、
長男の部屋にするのはこの方位の部屋がいい、ということで私の部屋を明け渡すように言ってきた。
兄が使っていた部屋はまだあるのに。
もう嫌気が差してしまい、実家を出て一人暮らししようと決め、
今日は仕事を中抜けして物件を契約してきた。
一応そのことだけをメールで報告してさっき残業してたら「その方位は最悪だからやめなさい!」コールが……
もう家に帰りたくない……
相談というか質問なのですが、占いはもっと気にした方がよいものなのでしょうか?
東洋の占いは統計学の側面があるということでなかなか馬鹿にできないということはわかっているのですが、
そこまで気にしていたらもう何もできないと思ってしまう。
いい物件に住んでもよくないことが次々起きたり、どんどん運が悪くなっていったり等、
覚えのある方はたくさんいるものなのでしょうか?
続きを読む

822 :名無しさん@おーぷん
甘皮を剥きすぎる癖をどうしても治せない。
初めは小学生くらいのころに横爪を母に馬鹿にされてなんとか縦長にしたいとむき始めたんだけど
知識もない子供がどうやるかっていったら
毛抜きで甘皮をひっぺがしてペラペラになったら爪切りで切ってでも根本のペラペラがどうしても切りきれないから画鋲でほじってた。
ずっとそれを繰り返してたからもうとてつもなく硬い甘皮しか生えずそれが気になって結局剥いてしまう。
今は流石に画鋲とかは使わずキューティクルニッパーなんかでやってるけど
それでもゴリゴリやるから甘皮ゼロの爪ボロボロ。
親指、中指に至っては甘皮に留まらず横まで剥いてしまっていて
爪のサイドが指の皮膚についてない。浮いてる。
甘皮無くしたところで縦爪になんてなれないのはもうわかってるけどどうしても止められない。
手先がボロボロすぎて恥ずかしくてやめたいのに。
こういう癖はどうしたら辞められますか?
抜毛症というか髪の毛以外の体毛も抜く癖があったけどこれは全身脱毛することで大人になってから抜け出せたけど
甘皮は生やさなくするのはむりだしというか綺麗に生えてほしいし
どうしたらいいのかわからない
続きを読む

616 :名無しさん@おーぷん
信号待ちしている横断歩道の反対側の道沿いにある家で、夏掛け布団みたいなものを家人が今まさにベランダに干しているところだった。
風が結構強いのに危ないなと思っていたら位置を直している最中に突風が吹き夏掛け布団が吹っ飛んだ。

幸いにも布団が落ちたところに通行人はなく、反対側で信号待ちしていた人が取り押さえたので車道にも影響はなく一安心。

でも道路の反対側のこちらでは自分含めた4人ほどが「布団が…」「布団が…」と呟いてた。
その先を言っていいものかどうかみんな悩んでいたんだと思う多分。
続きを読む

699 :名無しさん@おーぷん
あまり修羅場じゃないけど、お茶請けにほのぼのとした話を一つ

台所で茶碗洗ってたら、隣家の庭から草刈り機のエンジン音が聞こえてきた
隣家の人が庭の草刈りを始めたんだな〜と思ってたら、それと同時に『がんばれ〜!がんばれ〜!』という幼児の声援が聞こえてきた
何だろうと思って、台所の窓から外を覗き見たら、隣家の窓から幼児が草刈り機を動かすお爺ちゃんに声援を送ってたw
幼児が一生懸命声援を送るのでそのお爺ちゃんは草刈り機のエンジンを一旦止め『ありがとう〜!ありがとう〜!』って答えて、直ぐに作業開始
幼児はそれでもしばらく声援を送り続けてたw
普段から仲良く散歩してたり、『爺ちゃん爺ちゃん!』と後を追っていく姿をよく見るけど、本当にお爺ちゃん大好きなんだな〜とほのぼのしました

続きを読む

このページのトップヘ