タグ:針のむしろ


【②はこちら】
617:名無しさん@お腹いっぱい。2007/02/28(水) 11:51:18

ちょっと愚痴らせてくれ。
嫁と母の仲が悪くて往生している。絶縁すればよいのだが
嫁自らが、私は常識があって良い嫁、常に正しく行動する!をモットーにして(酔っているのかもしれないいるので争いは激化するばかりだ。

嫁と俺は俺が一つ年上30代ちょうど半ば。
俺が浪人したもので、学齢は同じ。で、俺は趣味的というか、
いわゆる金にならない仕事をしている、嫁は同じ専門だけれど金になる仕事をしている。
・・・プライドの高い母としては、自分より格下の嫁なら、DQNならいじめたりいばったりもしやすいし
素直ならしこみやすくて面倒みやすいから(そういうタイプ。教員を長くやってきたもんで)
うまくいったと思う。
でも、嫁は勝気で母からしたら格上。さらに俺より年収上。
ということでどーにもこーにも嫌で嫌でたまならいようだ。
理不尽だけれど、人間にはそういう感情もあるよな。
それで、それをださないようにはしているけれど、言葉や行動のはしはしに嫌味やいらいらが見えて、
嫁はまたそれにカチンときて意地をはるので間にいる俺は針のむしろだ。
母にも「口出すな」嫁にも「関わるな」と言うが、
二人でバトルがはじまると、あんたは何もわかっていない、わからないなら
ひっこんでろ、これは母子の問題だとやりあう。いたたまれない。

続きを読む


228:名無しさん@HOME2013/04/17(水) 10:26:34.50 0

旦那の母は旦那が高校生の時に亡くなっていて、父親が半年後に再婚して
すぐ妹が生まれてます。母親が闘病中にすでに浮気をしていたようです。
旦那が継母から邪魔だから出て行ってと言われて、母方の祖父母の家に
出て行きました。それ以降未成年の間保護者として判がいる場合に外で父親に会う
以外継母とも異母妹とも接触がありませんでした。成人後は父親とも全く会っていません。
現在私達は旦那実家の隣の市に家を建てて住んでます。

昨年の事ですが、異母妹のコトメが略奪婚をしました。
相手はなんと旦那の亡くなった母方の従姉の旦那さんでした。
偶然勤め先の上司だったらしく、コトメが一方的に熱を上げて
押して押しまくって泊まりの宴会の帰りにとうとう既成事実を作ることに
成功してそれを機会に不倫の仲になったそうです。
もちろん男女の仲なのでコトメだけ悪いのでは無いのですが
コトメは妊娠して相手家に乗り込み、旦那従姉妹に
「離婚してくれ」
迫ったそうです。子供はいません。そこにつけこんだそうです。
従姉旦那は養子縁組を解消させられて家を追い出されました。

旦那母の実家は古い家柄で一帯の地主。旦那伯父がマンション・アパート
大規模駐車場を経営している不動産会社をしています。
旦那従姉は一人娘、ほかに兄弟が無く、伯父も旦那母と二人兄妹だったので
代襲相続で祖父母が亡くなって旦那が相続してます。不動産会社の土地半分は
旦那名義のため旦那も数年後に早期退職してその不動産会社に入る予定です。


続きを読む

439:名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/04(土) 01:55:44.65
今、救急でうなってる
嫁も横でうなってる

豚肉たまねぎキャベツの焼いた
しょっぱい何かだったんだが
診断待ちツライ
続きを読む

341:名無しさん@HOME2011/10/24(月) 21:00:41.79 0
男しか収穫できない種と畑であると言われたほど
代々男ばかり生まれる俺の父方親戚

そこに生まれた妹は父方親戚からはそれこそ宝のように大事にされて育った
そんな妹の成人式
父方祖父母、親戚ははりきって妹にとっときの着物を着せて送り出した
総糸交り?とかっていうくしゃっとしたやつ
近くで観るとしょぼいんだけど遠くから見たり写真に撮るとキレイ
色は薄いピンクで花とか御所車とかの柄だったと思う

俺にはようわからんから
見る人が見れば凄いんだろうなーまあ高いしなーとしか思えず
「まあ、いってら」
と送り出した
続きを読む

785: 名無しさん@おーぷん 2016/09/10(土)10:16:31 ID:Ngn
相談いいですか

夫の元嫁とのベッド写真が入ったSDがちょこちょこ発掘されます。

文句を言うと「いちいち目くじら立てられても迷惑だ。勝手に処分してくれ」
と言われるので見付け次第捨ててたのですが、
昨日義妹の結婚式やなくなった義父の写真とベッド写真がごっちゃになったSDが出てきてしまい、
元嫁だけ消そうにも見た途端吐いて止まらなくなりニッチもサッチもいきません。

これ、義妹さんにカミングアウトして託してもいいと思いますか?
それともキレられ覚悟で夫に言うべきでしょうか?
本人に整理させてまた写真を見るのかと思うと気が気でない… か
続きを読む

このページのトップヘ