タグ:送別会


【①はこちら】
205:前前スレ4952008/07/18(金) 01:29:56 ID:sNMeBmjc

だいぶ時間が空いてしまいましたが、ベビーシャワーの者です。
進展があったので、報告していいですか?
重役駐在員の送別会があり,会社の駐在員とその家族、
現地採用の日本人が招待され、
ベビーシャワーに参加した人に会いました。



続きを読む

【②はこちら】
68: 素敵な旦那様 2005/05/10(火) 09:27:09
俺も地雷を踏んだかもしれん。
まだ逃げられと言うほどじゃないんだが、ちょっと意見を聞かせてもらえないかな。
嫁が転職することになって、元の会社の送別会があったんだ。
会場は家から車で30分。
酒が入るからと嫁は電車で出かけ、終電に間に合わなかったら俺が迎えに行くことになっていた。
ド田舎なんで、終電は21時台。
間に合わんのは必至だったから迎えに行くつもりでいたんだが…。

電話が入ったときのために、風呂も入らずに待っていたんだが日付が変わっても電話がない。イライラしていた。
1時近くなって俺は切れ、嫁に電話して怒鳴った。
「いつまで遊んでいる気だ!俺は明日も仕事だぞ!いい加減にしろ!もう寝るから、タクシーで帰って来い!」
で、電話を切って寝てしまった。

翌朝、いつもの時間に嫁が起こしに来たんだが、俺が起きると入れ違いに布団に入って寝てしまった。
テーブルにはコーヒーだけがいれてあって、朝食のしたくもしてない。
弁当も用意してない。嫁は何度呼んでも出て来ない。

俺は怒って出かけ、その夜は同僚を誘って飲みに行った。
嫁には無連絡。近くなので歩いて帰れる。
帰ったら食卓に皿が伏せてある。
周囲に煮汁がこぼれているので返してみたら、俺の好物「タケノコの煮物」がぶちあけてある。
嫁はもう寝ていて、呼んでも知らん顔だった。

翌朝(今朝)も、朝飯も弁当もなし。
これは俺が謝るべきなのか?
元はと言えば、嫁が深夜まで遊び呆けたのが原因じゃないのか?

文章力がなくて長くて済まん。
客観的な意見をキボン。
続きを読む

322: :2017/01/25(水) 23:06:32.44 ID:

■相談です■

35既男で29毒女の事を日に日に好きになってます。
昨年末になんかの拍子でLINE交換して年明けぐらいからやり取りしてます。
はっきりと好きとかは言ってませんが、それに近い表現はしてます。
その子は派遣さんなので今月末で契約終わります。
送別会って名目で末に2人飲み行く事になりました。
気持ちを伝えるべきなのか、そのまま思いに蓋をして見送るべきなのか悩んでます。

相手の気持ちは良く分かりません。
嫌いとかだったら行かないだろうし、ましてもう会う事ないだろうし。
数日前、出張帰りで
「駅迎えにきてよ」って冗談っぽく言うと本当に来てくれました。
続きを読む

162:名無しさん@おーぷん2017/07/20(木)20:27:55ID:ifL
仕事で車に乗ってるんだけど、
隣県のある町を走っていたら携帯が鳴ったので適当なところで路肩に車を止めて通話し、
そのあとついでにメールチェックをしていたら
そのすぐ横に建っていた古い長屋みたいな家
(平屋で2世帯ずつ繋がってる家が数軒並んでる)
から見知った女性が出てきた。
その後ろから小さい子が出てきてなんかぐずってて
「早くしなさい!」とか「忘れ物ない!?」とか言ってるのが聞こえて
そこに住んでるのは間違いないふう。
ちょっとビックリして固まってたら女性と目が合ったけど、
一瞬あとに露骨に目を逸らされた。
その女性、春頃にマイホームを建てたので引っ越して行ったママ友のAさん。
私は特別仲が良かったわけではないけど、
同じ病院で出産したとかいうBさんは新居に遊びに行きたいって何度か言ってたけど
二世帯住宅で義父母が一緒だから慣れて落ち着いたらねって応じてた。
新住所を聞いても落ち着いたらメールするからって結局教えてもらえないままで、
引っ越して行ったあとは全くの音信普通になったらしい。

Bさん、何か粗相でもして嫌われたのかしらってずいぶん気にしてた。
まぁ色々事情はあるんだろうとは思うけど、こういうことだったのね・・・。

Bさんが幹事になって開いた送別会はAさん希望の結構お高い創作和食料理店だった。
新居引っ越し後は色々物入りだろうし、
自分センスで揃えたりしたいだろうってことでひとり3000円×7人の新居祝いを包んだ。
Bさんはそれと別に個人的に贈り物をしたと聞いている。

辛い事情があって引っ越して行ったのかも知れないし、
だからちょっとした見栄を張ってしまったのかも知れない。
そこは100歩譲って仕方がないとしても、
送別会(二次会もあったらしいけど)の店を指定したり
万単位のお祝い受け取ったりできる神経がわからない。

Bさんの落ち込みを見てきたので、余計に腹が立つ。
続きを読む

32: 名無しさん@おーぷん 2016/06/10(金)14:56:29 ID:Cb2

この間、夫の友人夫婦が遊びにきた。
夫同士はしょっちゅう一緒に遊んでたけど、夫婦でってのは初めて。
仕事を辞めて奥さんの地元でマスオさんになるらしく、
友人夫婦の自宅は引っ越しを数日後に控えて家の中がダンボールだらけ、
台所用品も殆ど梱包が終わって、外食ばかりだって言うから
じゃあ最後に送別会がてらうちでゆっくり食事をって流れでこうなった。

友人夫婦は揃ってお酒は飲めないってことだったから
私たちもお酒は飲まないつもりで、料理を品数多く、量も多めに作って並べた。
夫の友人は美味しい美味しいって食べてくれたんだけど
奥さんの方が箸が進まない様子だったので、口に合わないのかなと思いつつも
疲れてるのかも知れないしと、無理に勧めることはしなかった。
足りないよりは余るぐらいの方がいいと思って多めに作ったから
思った通り残ってしまったけど、ロールケーキも焼いてたから一旦片づけようとしたら
友人の奥さんが「さらってあげようか?」と言った。
"さらってあげようか"と聞こえたんだけど、その言葉の意味が分からず
「え?」と聞き返してしまった。
すると同じトーンで「さらってあげようか?」って言った。
何故か私はこれを「手伝ってあげようか」の何処かの地方の方言だと勝手に解釈してしまった。
「じゃあお願いしようかな」と言ったらバッグからコンテナタイプのジップロックを取り出して
残った料理・・・春巻きとか筑前煮とかポテトサラダとか・・・を根こそぎ入れ出した。
ああ、"さらう"ってこういう意味なのかと初めて知った。
その後、ロールケーキを切り分けようとしたら
「頂いて帰りたいから薄めに切ってね^^」って言われた。
友人の方は「みっともない事言うなよ」とかって叱ってたけど
「だって外食も飽きたんだもん。家でゆっくり食べたいじゃん」って。

おかげで生ごみが殆ど出ずに洗い物が楽だったけど
なんか色々衝撃だったわ。
続きを読む

141: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/04/16(日) 00:09:07.39 ID:GyW3aivD0
ちょっと愚痴らせてほしい。

先々月末で退職した女性Aがいて、
Aは営業アシスタントとで俺は営業。

で、他の男性営業BとCが4人で個人的に
Aの送別会という名の飲み会をやろうと言い出して、
Aもありがとうございますって感じで
送別会をやることになったのね。

でもAとプライベートな連絡先交換してるのは
俺だけだから、俺がAとの連絡役になった。 
やりとりは全部メールね。
俺の営業の担当エリアは関東で、
ここのところそんなに客回りに行く必要もなく、
週一ぐらい日帰りで営業に出るぐらいなんだが、
BとCは営業の担当エリアが比較的遠いところで
出張(営業)に行くと一週間ぐらい会社へ戻らない。

そんなこともあってなかなか送別会の日程が決まらなくて、
やっと先月末ぐらいに4/22にやるって決まって、
Aには場所と時間は後で連絡するって伝えた。

そしたら今週水曜にAから何も連絡無いけど
送別会本当にやるんですか?って連絡がきた。

正直俺がやるって言い出したわけじゃなから
BC任せなんだけど、二人とも今週いっぱい出張行ってる。

BCから店と時間の連絡は無いけど、
4/22は都合悪くなったって連絡は無いからやるとは思う。

Aには送別会の件に関しては2週間
何も連絡して無かったけど連絡無いからって
中止になったとか思うか?

都会ほど飲み屋は沢山無いから予約した方が確実だけど、
飛び入りでも入れるだろ?

メールだから推測だけどAは少しイライラしてる感じ。
一応来週確認するって言っておいたけど
なんか俺が責められてるように感じる。 
続きを読む

745: 名無しの心子知らず 投稿日:2011/06/11(土) 09:13:07.31 ID:mO0hvxvp
男性社員異動の送別会が居酒屋であった。
パート社員も出席(私・同僚Aママ 2人とも子持ち)
帰りは2人とも同じ方向だし酔ってるし女性だからと
上司の課長がタクシー代にと1万円を私らに渡してくれた。
ここでAママの主張
2人で5千円ずつ折半しよう。わざわざタクシー使って帰るのは勿体無い。
旦那に迎えに来てもらうからあなたも同乗させてあげる。
5千円もあればあれも買えるしこれも買える。
私の主張
課長がタクシー代にと渡してくれたのだからキチンとタクシーで帰って残りは領収書と渡すべき
Aママの主張
課長のポケットマネーだし、そんなことしなくてもよい。私さんは何にでも頭固すぎる。
5千円稼ぐには私らパートはどんだけ働かなきゃいけないと思ってるの?


結局無理やりタクシーにのせ領収書とお釣を週明けお礼とともに課長に返したけど
何だかなぁと思った

続きを読む

このページのトップヘ