タグ:誤解


612:名無しさん@HOME2018/01/25(木) 10:44:57.17 0
どうも義弟嫁に誤解されてるっぽい

昨日ばったり義弟嫁と出くわして立ち話したんだけど
義弟嫁がトメと出掛けたって言うから
私が「私はお義母さんと会話が弾まないから羨ましい」
って言った


すると 急に義弟嫁がムッとした顔になって
「おしゃべり泥棒ばっかりするからお義母さんも何話しても
楽しくないんじゃないんですか」と言って
予定があるからとさっさと帰ってしまった

私は人が言った話やネットの書き込みなんかを
自分のこととして話したことは一度もないから
何かの勘違いだと思うんだけど

夫に話してもトメや義弟嫁が私に何をしたわけでもないのに
どうすればいいのかと取り合ってくれないどころか
誤解を解こうとすることすら止めてきます

義弟嫁のせいで義実家に悪印象を持たれてたんだなと
今までのギクシャクした空気の理由がわかって
スッキリしたけどイラつく

続きを読む


48:名無しさん@おーぷん[sage]2014/10/30(木)12:39:09 ID:FsVZ2rMv1 [1/4回]
文章ヘタなんでうまく説明できないかもしれないけど修羅場。
嫁と結婚話が持ち上がって嫁親と俺親と会食をした。
その時嫁親が
「一人っ子ですか?三人家族ですか?」と何度も聞く。
「そうですよー、前は祖母がいたんで四人家族でしたが」と答えてがふにおちない顔。
その日はそれで終わった。
後日また嫁親に会った。服の趣味とか、どこで髪切るのかとか
どうでもいいことをやけにしつこく聞かれた。
嫁(当時は彼女)に「うちの親なんかヘンだったね、ごめんね」とあとで謝られた。
結婚話は嫁親が乗り気じゃないみたいでなかなか進まなかった。
嫁がキレる寸前で俺がまあまあとなだめていた。
そしたらある日嫁親に「全部誤解だった、すまなかった」と土下座ばりに謝罪された。
俺の名前は清で「きよし」ってみな呼ぶが、本当は「さやか」と読む。
タヒんだ祖母がつけた名で、母はいやだったが父が祖母にさからえず強行された。
祖母は俺が幼児の時タヒに、以後は母の決定でずっと「きよし」と呼ばれ育った。
なので俺自身さやかと呼ばれていた記憶はまったくない。
知識でだけ「実はさやかだった」と知ってる状態。でも普段はまるっきり忘れてる。
戸籍にも「清」とだけ載っててよみがな書いてないし。

続きを読む

967名無しさん@HOME 2012/03/05(月) 04:42:06.09 O

私が乗ってたGT-R(第二世代なので新車価格540万)を売ろうとした時に、 
義弟嫁のお兄さんに売ってくれとせがまれたよ。
買い手が現れ、その人に売る約束して引き渡しの日時まで決まってたから、
その旨を伝えても「欲しかった車なんだ。頼むから売ってくれ!」と土下座された。
義弟嫁は「兄が土下座してるのに酷い!」と言って引かなかった。
引き渡しの約束して、相手もお金を用意して待っててくれているのに、後から欲しいと言ってきた人には売る訳にはいかないよ。
だからキッパリ断った。

義弟嫁からは、「鬼」だの「兄の顔に泥を塗った」だの色々言われたよ。
義両親にまで都合よく吹き込んだようで、一時は義両親から「血も涙もない女」とまで言われた。
買ってくれた人との約束が先だったので、証拠となる記録を見せて誤解は解けたけどさ。
義弟嫁の兄が提示してきた金額は、買ってくれた人の言い値の半分以下。
仮に多かったとしても、先に決まっていた約束の方を守ったけどさ。
続きを読む

390: 1 2009/09/17(木) 18:13:33 ID:lcGyBnkn0

後輩
彼女(後輩の彼女)


ドラクエ知らない人はわからないかも。

職場での休憩中にドラクエをしてた。
後輩が覗き込んできて、
後輩「9やってるんですか~、僕とっくにクリアしましたよ。うわっレベル低っw」
私「独身と既婚子持ちのプレイ時間の差を考えれw」

私「あ~レベル上げ面倒やわ~」
後輩「僕、まさゆきの地図持ってますよ」

まさゆきの地図→経験値の多い敵ばかり出る

後輩「明日DS持ってきますね」
後輩「あ、そうそう僕明日誕生日なんですよ~wありがとうございまーすw」

続きを読む


400: 可愛い奥様 2016/09/28(水) 11:53:09.81 ID:uRX0eyqW0
すみません相談させてください。
結婚記念という形で、5年おきにイヤープレートを購入しています。

まだ3枚ですが、そのうちの一番新しいもの(二年前のプレートです)を
私が盗んだと向かいにすむ女性から勘違いされています。
来月に結婚記念日があるので、少し早めに昨日から飾っています。

今日朝、向かいの方がうちに回覧板を持ってきて下さった際に
玄関に飾ってあったのをみつけて「それ、どうしたの?」と言われ、
数年おきに購入していると言ったところ

私も同じ年のものがあったが先月盗まれた。
前(今月頭頃)に来たときは飾ってなかったのにいきなり飾りだした。
もし盗んだのなら正直に言って返してほしい。今のうちなら誰にも言わない。
といわれました……

びっくりしてうまく言い返せませんでしたが、盗んでいない、
うちは過去のものもまだあると話しましたが聞く耳持たず。
向こうも出かける様子だったのでとりあえずはそのまま保留となり、
また夜きます、考えておいて下さいと言われました。

誤解を解きたいのですが、保証書や箱がなく、証明できるものがありません。
他のプレートを見せるしか思い付きません。
どうすれば誤解をとけるでしょうか。
続きを読む

【②はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】

960:名無しさん@おーぷん2014/12/28(日)21:53:12 ID:???
夫に先立たれたこと。

結婚5年目だった6年前に女が訪ねてきて、「あなたの旦那さんの子供を身ごもったから別れてほしい。」って言われた。すぐに両親義両親に来てもらって家族会議。
それまでラブラブだったからそれだけ怒りも凄かった。両親義両親はカンカンだったし、両男親からボコボコに殴られてた。夫はずっと泣きながら誤解だって言ってたけど、話なんか聞かなかった。

離婚が決まって、荷作りとか転居先とか決めてる間も「誤解だ。私一筋だ。浮気なんかしていない。」って言ってたけど、当然無視したし、ご飯も洗濯も夫の分はしなかったし、夜も別室で寝てた。
でも、最後は
続きを読む

634: 名無しさん@HOME 2005/07/16(土) 16:22:20
先程トメから電話があった。

毎度グチグチグry長話&説教を聞かされウンザリするので
番号を確認してから出なかった自分を
(このアホ!バカ!)と責めた。

そこへ同室でゲームをしている息子が振り返り
「電話…誰?」と小声で聞いてきた。
私「おばあちゃ
「ゲーッッ!!なんでまだ生きてんだよッッ!!(息子罵声)」

ちょwwwwwwwおまwwwwwwwwwwwwテラワロスwwwwww

ゲーム相手が手強かったのは見ていて分かったが、
電話の相手は自分に言われたと思ったのか
ガチャ切りですよ息子よw

まぁいいやgj


続きを読む

826: 恋人は名無しさん 2009/06/07(日) 04:03:31 ID:DvjUR1VWO
登場人物
A男→自分です。24歳会社員
B子→職場の同僚。25歳。うえとあや似
C夫→B子旦那様。31歳
D美→自分の嫁。28歳。コロボックル
年齢は当時のものです。

数年前、いつものように出勤したら何やら不穏な空気。自分が顔出した瞬間みんなが黙る。ちらちら見ながらこそこそ話。
なんだ??と訳わかめな俺。訳わからんままお仕事してたら上司に呼び出しくらった。
上司「…まあそこに座れ」
自分「…ハイ」
眉間にシワがこれでもかってくらい出てる。これはヤバい、かなり怒っていらっしゃる。
でも理由がさっぱりわからない。
自分「あの、どういったご用件で…?」
上司「お前、社内で不倫するとはどういうことだ?」
あるひーパパとーふたりでー
ってなぜかこの歌が頭んなか流れました。
続きを読む

683: 2015/01/02(金) 18:46:17.89 ID:JBZvIh6z
刺されそうになった事

マンションの自分の部屋の前に中年の女が立ってて、目が会うと
「○○さん(私の下の名)ですか?」と聞いてきた
親の知り合いかな?と思いつつ「はい」と答えると、「××の妻です」と名乗って
来たので「あ、いつもお世話になっています」と返したら、急に形相が変わって
「」と出刃包丁出してきて襲い掛かってきた
もみ合ってるうちに警備員兼の管理人さんが来て、二人で取り押さえて管理人室に

不倫相手の奥さんだった

…問題はその「不倫相手」が私のではなく上の階の住民のだった事だろうか
不倫女の下の名と私の下の名が同じで、包丁女の苗字が父の友人と同じだった
事による惨劇だった
包丁女の旦那と不倫女は同じ会社の上司と部下だそうなんで、健康保険証の
提示で誤解は解けたが、事情が事情なもんで、私と管理人さんは(包丁女も)
修羅場だった

しかし出刃包丁って意外と刺さんないもんだな
続きを読む

571: 恋人は名無しさん 2010/01/10(日) 02:31:48 ID:eJY+HW5L0
俺 20
彼女 20

二人とも同じ大学の学生。


受験の下見にきた妹を連れて歩いてところを彼女の知り合いに見られて彼女に浮気だと誤解された。
事前にその日は妹が来ることや案内することも説明してたのに
いくら弁明しても浮気だ浮気だと騒ぐばかりで、こっちの話を全く聞く気がない彼女。
挙句の果てに受験生の妹と直接話をさせろと鼻息荒く迫ってきた。
続きを読む

このページのトップヘ