タグ:詐欺


14: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/13(火) 16:16:35.64 ID:g8CmAh40.net
中身(商品名とか値段とか)フェイク入れます。

ネットのオークションでいろいろと出品してるんだけど、初心者が熱くなって
どんどん値を吊り上げてしまい、異常な高値で落札することがある。

先日、同じように頭に血が上ったのか酒を飲んでたのか知らないけど、
初心者どうし(それぞれ過去の評価なし)が熱くなって、
中古相場4万円くらいのカメラを5万円ちょっとで落札した。

その後、支払い、発送、無事到着と進んだんだけど
「非常に悪い出品者」の評価を付けられた。

理由は
「中古でも4万円、価格.comの最安値なら新品で5万円を切る品物なのに、
 中古で5万円強も払わされた。これは詐欺にも等しい行為である」って、
4万円超えてからは初心者2人以外は入札してないでしょうに。

勝手に熱くなって高値で落札して
詐欺呼ばわりってふざけんなよと。
続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/15(日)20:21:27 ID:IjL
おかしいよな?
狭すぎてシにそう
続きを読む


88: 名無しさん@おーぷん 2014/09/20(土)20:25:59 ID:JbnOVhWHl
身分証明なしでアカウント作れるなど、それほど厳しくなかった15年ほど前に、
チケットオークション詐欺で3億円以上荒稼ぎしたことかな。

今は35歳で年収600万ほどいう負け組の夫と子供2人で貧しいながらもなんとか生活しています。

夫の小遣い1万円、子供の小遣い(中2、小4)なしなのに
私は当時ためたお金で月に20万円以上は有名店で食事しています。

とりあえず、年金がもらえる年になったら離婚して、今の貯金2.8億で優雅に暮らす予定。
子供の習い事を今まで1個もさせなかったのに…。

絶対に言えない。
続きを読む



925 :名無しさん@おーぷん
やーっと終わったっぽいから厄落としに長文を投下します。

某フリマアプリでメールやネットもできるポータブルプレーヤーが出品されていた。
最新モデルで購入から1年以内、傷や汚れもなく、未使用に近い美品という説明だった。
それが定価から約1万円引きの1万6000円(送料込)で出ているから、かなりお買い得だった。
その時ちょうど、ポータブルプレーヤーが故障したため、それを購入することにした。

コメント欄で至急必要な旨を入れたら
「初期化がまだです。
 ですが、写真やアプリなどの中のものはすべて消しましたm(__)m
 それでもよろしければ明日すぐ発送できますm(__)m」
とレスがあったから、了承して取引が出来るようになった。
(そのアプリは出品者が購入者を選ぶことも出来る仕様)

ヤマトで着日を調べて配達を待つも、最終便が届くいつもの時間を過ぎても荷物が配達されなかった。
念のため翌日まで待ってみたものの、配達されない。
仕方がないから更に翌朝、出品者に連絡すると
「コンビニに確認してみますm(__)m」
のようなレスが10時頃入り、13時頃に
「受付した人が新人のバイトだったらしくてまだ店にあるそうですm(__)m今日発送されますm(__)m」
のようなレスがあったけど、結局発送手続き完了は18時前で、集荷は更に翌日されていた。

店がデタラメなのか、出品者がクズなのかこの時点では定かではなかったため、黙って待つことにした。

集荷翌日の午前中、クロネココンパクトが届いた。
ヤマトの迅速さに感謝しつつ開封したら、小汚ない青いポーチに茶色のガムテープが巻きついたものが入っていた。
緩衝材は一切なく、小汚ないポーチが箱に固定されていた形跡もなかった。
嫌な予感を抱きつつ小汚ないポーチを開封したら、ケースに入ったポータブルプレーヤーが出てきた。
画面割れがないことに安堵してケースから出すと、本体の右下にガッツリ抉れた傷が入っていた。
イヤホンジャックも黒く汚れていた。
騙されたと思いつつも勉強だと諦めて電源を入れ、初期化しようとしたところ、勝手に初期化できないロックがかかっていた。
すぐに出品者へ連絡したところ
「アカウントとパスワードが分からなくて初期化出来なかった」
と言い出し、盗品を疑ったけど、なんやかんや1時間ほどかけてパスワードの再設定で解決した。

やっと初期化と初期設定が完了して使ってみたけど、妙に重い。
不信感を抱いてモデルを調べたら、1つ前のモデルだった。
続きを読む

420: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2008/07/08(火) 20:58:24 ID:eAyNuFtT
わたしの夢の実現を応援してくれていたと思っていた彼。 
夢とはエッセイストになること。 
そのための講座にも通って勉強したし、 
出版社への持ち込みもして、努力していた。 
そんな私を応援してくれていたとばかり思っていたわたし。 

有名なエッセイストと比較しても遜色ないくらいのものは 
書けると自負しているし、少なくともタレントあたりが書いた 
ものよりはずっと上だと、友達も彼も認めてくれていた。 
でも、出版社は冷たいところで、無名な新人など見向きもして 
くれない。なんど食い下がっても、編集者と会うことすら 
ままならない。 

そんなとき、ある出版社が、私のエッセイの持込みを快く 
受け入れてくれ、しかも担当の編集者の方がものすごく気に 
入ってくれた。ただ、やはり新人と言うことでわたしも出版費用 
の一部を負担することで、出版化が実現することになった。 

編集者の方も「あなたの本なら、出版費用くらいあっという間に 
取り返せますよ」と言ってくれたし、このチャンスはなんとしても 
逃したくない、ととりあえず借金をして出版費用にあてることに。 

それを聞いた彼は、こともあろうに「絶対にやめとけ」。 
わたしの夢が実現することがそんなに不満なんだ。 
わたしのほうが有名人になっちゃうのが不愉快なんだ。 
心の底から冷めました。
続きを読む

1: :2016/07/06(水) 14:57:44.73 ID: 
はじめまして。 
初スレ立てなので不都合あったら申し訳ありません。
続きを読む

このページのトップヘ