タグ:親友

1: 以下、VIPがお送りします 2017/04/21(金) 06:57:28.751 ID:uVwvjFCId
何それありえんそんな考え持つなら離婚しよって言われた

ちなみに親友が生活に困ってる理由は言ってない
相談もちかけた時点であからさまに嫌な顔、
ちゃんと話そうと思ったら上に書いたやつ言われた
続きを読む

539: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/15(水) 09:47:58.71 ID:uMEqm7tQ
高校時代からの友人Aの口癖は
「私たち一番の親友だよね」 
「他の人には言えないこともあなたには話せる」
なので私もそのつもりになってた 
表面上の友人ではなく旅行にも何度も行き
お互い実家暮らしで家にも招くくらいの仲 

就職後3年目でAは結婚。
披露宴で友人代表のスピーチは会社の同僚だった


友人代表が大学(小中高でも)の友人だったらなんとも思わない 
同僚にスピーチ頼むのが通例の会社なら
友人代表とは別に枠を設ければいい
他の友人から「あなたスピーチ断ったの?」と聞かれ
「頼まれてないよ」と言うのがつらかった
友人代表でスピーチしたかったわけでもないのに
なんだかがっかりした

ちなみに私は人の前に立って話すのが
苦手なタイプじゃありません
社会人3年目の会社友人に負けたのが悔しかったのか?
自分が「一番の親友」と言われてたのに
扱いが低かったとがっかりしたのか?
元々その程度の付き合いとして考えたほうがいいのか?
ともんもんとしています

他の友人は皆独身で「あれは酷いよね」と言っていますが
既婚女性から見てどうですか?
私の心がせまいのでしょうか?
それとも今後は浅く付き合ったほうが賢明でしょうか?
続きを読む

556: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/01/25(土) 08:04:04.94
彼女や嫁に浮気されて別れた後、もっといい女とくっついて幸せになった!という話はNGと言われる。直接的に相手に鉄槌を下さないとダメ男のレッテル貼られるよね。
でも、愛情の真逆って憎しみじゃなくて「無関心」。これが相手に一番堪えると思う。
俺は結婚する前にそういうのがあって、その対応して凄く満足してる。間接的に痛い目に合わせてやって、それが多分これからもずっと続くんだよ。
ざまあ、だね。 
続きを読む


299:sage2014/06/17(火)04:28:04 ID:3pbE3M6A6
もしもしからです。失礼します。

親友のAに彼氏が出来た。
その彼氏がAに
「お前は俺の特別だから良いこと教えてやる」とマルチに勧誘→
彼氏に洗脳されたA
「最初は怪しいかもだけど扱ってる物は素晴らしいから。
 大切な友達だからこそ一緒にやろう。
 これはマルチではない大丈夫」としつこく私を勧誘。
もちろん断ったし止めた。三十路にもなって何してんだと。
その会社にマルチの前科があって社名を変えてるだけなのも調べて忠告した。

けど、洗脳されたAは私と距離を置き、周りを勧誘し始め友人達を失っていった。
Aの彼氏はAのアパートに転がり込み、マルチをAに丸投げしてDVヒモ野郎になっていた。

私はいつか目を覚ましてくれるはずと言い聞かせて、Aからたまにくる彼氏の愚痴電話の相手をして、
その度にマルチを辞めて彼氏とも別れるように伝えた。

その状態が5年も続いた。Aは当たり前だがマルチも上手くいかず、
町工場で働きながら無職彼氏と無職彼氏の家族(もちろん無職)も養っていた。

彼氏が同棲(家族付き)を申し込んできたと電話があった時も、
私はかなり強く止めたが結局デモデモダッテで聞き入れなかった。

それから、Aの実家で不幸がありほぼ強制的に実家に戻ることになった。
実家が飛行機の距離なのが幸いして、彼氏への依存や洗脳がすぱっと解けた。
というか、
「私は最初から怪しいって分かってましたが何か?」的な態度で彼女の中では無かった事になってた。
あんなに素晴らしい物だ。
数年後には金持ちだと散々勧誘してきたことも
「ほんと最悪だよねーあいつ」と何故かこちら側に立っている。

洗脳が解けたのは嬉しいし、それを望んでいたけど、、、
うーん。正直もやもやしてる。

理不尽な理由かもしれないが、
もう以前のような付き合いが出来ないと思えたので、このままFO予定。

駄文失礼しました。
続きを読む

1: 名も無き被検体774号 2017/05/10(水) 01:43:10.88 ID:wwy4s/vI
スレが立ったら、淡々と書いていく。
おかしなところがあったら、教えてくれ。
続きを読む

879名無しさん@お腹いっぱい。 2011/07/02(土) 11:55:15.96
今仕事の途中で家よったら嫁と俺の友達が不貞行為してた。
そのまま家出てきちゃったどうしよう。
しかも明日そいつの結婚式。 
続きを読む

このページのトップヘ