タグ:衝撃


638:おさかなくわえた名無しさん[sage]2018/09/04(火) 08:42:28.03 ID:1IFgvpEs.net
当たり前かもしれないけど、結婚したらご飯を作らないといけないことになったこと。

交際歴が20歳から6年と割と長めで結婚した。
それまで中学生のときおままごとみたいな付き合いを1年しただけで、本格的な彼氏は初めてだった。
付き合って6年の間1回も手料理を振る舞ったことがなかった。
作ろうとすると、二人でいる時間に料理なんてすると会話や遊ぶ時間が減るから、それなら食事は外食しようと言われ、そんなもんなんだと思いこんでいた。

結婚後もそんな生活が続くと思っていたら、食事の時間になっても外食に行こうとしないw
食事どうするかを聞くと、これからはどちらかが作るか二人で作るかしようと言われた。前と言ってる事が違うので理由を聞くと、結婚して二人の時間はタヒぬまでになったんで多少料理に費やしても勿体無くないという結論になったとのこと。

まぁ、そんなもんかと思い普通に食事を作り続けるようになり10年以上経つ。
今は外食するのは夜ご飯なら年に3.4回。ランチは月1.2回であとは全部家で作っている。
私の料理の腕が分からないのによく結婚したなと思うけど、夫曰く私母がメシウマなのと私が趣味で独身時代から果実酒作りをしていたので不味くはないはずと思っていたそうで、予感が当たって嬉しいそうだ。

続きを読む


558:名無しさん@お腹いっぱい。2011/08/15(月) 02:44:44.32

長い、文章が下手だけど読んでくれると嬉しいです。

母の兄嫁(つまり叔母)がかなり汚嫁で困っています。
同居している祖父母が気の毒過ぎて、何とかしたいので、アドバイスをいただけないでしょうか?

前から聞いていましたが、今日、初めて叔父家族の居住スペースをコッソリ見て本当に驚きました。

廊下→両脇に肩ぐらいの高さまで物が積み上がっている。もちろん床は見えない、何故か芽が伸びた芋が落ちている。
洗面台→ホコリ&大量の髪の毛が渦を巻いていた。
キッチン→ダイニングテーブルが物に埋まって見えない。
子供部屋→物に埋まって、ドアが開かない。

布団、何処に敷いてるんだろう??もうね、テレビの取材をいつ受けてもいいレベル。

どうやら、この問題は結婚当初から始まっていた様で、初めは叔父が掃除したり、注意してたんだけど、数年の後にギブアップ。
どんどん汚部屋と化していく部屋にキレた祖母が叔母の実家に訴え、注意をしてもらうも効果は無し。数年前には家族総出で大掃除をしましたが、一瞬で元に戻ってしまったそうです。
汚嫁にイライラし続けている祖母は高血圧で体調を壊してしまいました。
祖父も痴呆気味ですし、これ以上祖母の負担が増えるのは見ていられません。

あくまで私は外の人間なので、直接何かをする訳にはいかないのですが、何か良い解決方法はないでしょうか?

続きを読む


699: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/04/25(水) 16:18:24.39 ID:4b5CG2W8


職場の美人が整形だったこと。

美人なのに全く嫌味がなく、喪女の自分にもセク八ラ上司にも誰にでも優しい人。
仕事もそつなくこなすし、かと言って自慢しないし、その人がいるだけで職場が華やかになってる。
この間の飲み会の時にたまたま隣の席だったので、「A子さん(美人)は完璧ですよね~美人だし美人だし(以下略」と酔った勢いで愚痴ってたら、
「ありがとう。でも私の顔、整形だよ^^」と。
一瞬で酔いが覚めたw
その後こっそり教えてくれたんだけど、小さい頃から顔がコンプレックスで、高校生の頃からバイトしてお金貯めて整形したとのこと。
あまり詳しくは話してくれなかったけど、今まで「美人なお嬢様」なイメージしか無かったのに色々と苦労してそうだった。
「整形して良かったですか?」と聞いた時に、「自分の顔に自信はついたけど、今度は言い寄ってくる人を信用できなくなっちゃって・・・疑り深い忄生格で困っちゃう。」と笑ってたのが印象的だった。
だから彼氏を作らないのか~と納得したが、何故あの時に自分にこんなこと話してくれたのか未だに信じられん。
勿論良い人だから職場の人には誰にもこのことを話してない。


続きを読む


849: おさかなくわえた名無しさん 2018/06/27(水) 20:05:44.98 ID:CHq6PQrv
面接に来た人が「働かないけど給料下さい☆」と言ったこと。 

パチ屋の事務やってる時、30代女忄生が面接に来た。 
そこは事務所の一角をパーテンションで区切っただけの応接室で面接してたからパーテンション横にデスクがあった自分には丸聞こえだった。

女忄生は 
専業主婦なんだけど不倫してて昼間はラブ君(彼氏、間男)の家でお嫁さんをしてる。 
1年くらいラブ君のお世話をしてきたけど貯金が減りすぎてこれ以上減ったら不倫がバレちゃう。 
働いていたら昼間はずっとラブ君ちにいるのは不自然ではない。 
アリバイ作りのため籍だけ置かせて下さい。お給料はちゃんと払ってね。 

みたいなこと言い出して、店長がやたらとハイテンションで根掘り葉掘り聞いてた。 
あー、こりゃなんかやりたいんだろうなとメモとった。 
不倫の話ってなかなかおおっぴらにできないからか女忄生はなんでも答えてたし、特にラブ君のノロケと日々のラブラブ話を楽しそうに詳しくしてくれた。ほんと女子同士のコイバナみたいに話してた。 
旦那さんの名前、ラブ君の名前・誕生日・職場(コンビニバイト)・付き合った年数・ラブ君との子供を中.絶して辛かった時の事…私は女忄生と店長の応答聞きながらひたすらメモしてた。 

女忄生のあとに面接が2人入ってて、その間に女忄生が言ってた旦那さんの会社が実在するか、旦那さんのお金で借りてる二人の愛の巣の地図、離婚問題のサイトなんかをネットで調べてプリントしたりした。 
面接終了した店長に「ラブ君のお話めっちゃきいてましたね」ってプリントとメモ渡したら「だって不倫のお話聞きたいやん?」とおどけてた。 

翌日、 
「旦那さんの会社に電話したら在籍してたから事情を説明したら夜お店にきてちょっとお話したよ。プリントとメモ渡しちゃった!」 
っておどけて報告された。 
面接に来た人が不倫してるからって配偶者に報告する義務もないからあれは正しい事だったのか未だに解らない。 
知らなければ幸せだった一人の男忄生を不幸にしただけかもしれない。 

旦那さんがどうしたかは解らないけど面接で不倫話ベラベラ話す女忄生は衝撃的だったな。 
どこかで漏れるかも、とか思わなかったんだろうか。 
よくわからないけど、あれがラリってやつなのかね。

続きを読む


536: おさかなくわえた名無しさん 2018/09/01(土) 22:50:15.65 ID:s7S6O9Vq
DQNネームとはやや違うが 

「にこ」って名前の女の子(中学生)を知ったとき 
(漢字なし) 

名前通り笑顔が似合う人に育って欲しいが

続きを読む


509: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2018/09/01(土) 09:39:09.61 ID:fWN/V1L9.net
「女だから」って理由で彼氏にフラれたことがある 
意味がわからなくて「え?どういうこと?自分が女に憧れてるor女が憎いor本当は男の方が好き、のどれかということ?」と聞いてもこそあど言葉ばかり 
答えに詰まった挙句に

「だから!女だからだよ!お前が!ちょっとは期待してたのにやっぱり女だった!!」 
とドデカイ声で学食で叫ばれて別れられてしまったこと 
卒業間際でよかった

続きを読む



1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/23(月) 01:11:45.312ID:mte6cK9P0

母方の祖父母は亡くなってるとだけ知らされていた

続きを読む


655:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]2015/12/28(月) 02:44:43.31 .net
スパゲティを茹でて
めんつゆとマヨかけて召し上がれと出されたのにはブチ切れそうになったが

食ったらうまかった
三ヶ月ぶりにうまいめしが食えて酒ものんじゃって嫁いじりたおして
やっぱりうまいめしくうと活力が出るな
しかしあんなのでうまいとは・・・

続きを読む



915:おさかなくわえた名無しさんID:G4qx5Bph

結婚した夫の母と妹がデブなのだけど色々と小さな衝撃が詰まってて
総合すると凄く衝撃的な感じになってる
丼で白いご飯食べる人って実在するんだ
野菜がほとんどない食卓ってすごい
おやつに板チョコ一人一枚出てきたけど板チョコに直接かぶりつく人なんてはじめて見た
しかも一度に一枚食べ切るとか
デブの便座が割れるって本当なんだ
風呂に椅子がないのはすぐに割れるからだそう
「お腹が空いて目がさめると悪いから」って寝る前にパンを勧められた
この人たち絶対長生きできないと思う
夫はずっとスポーツやってて今も肉体労働だから同じ家で育ってても
見る人の判断によって普通体型かぽっちゃりか変わるって程度で済んでる

続きを読む


924:名無しさん@おーぷん2016/05/08(日)17:02:14ID:Tfr
小学校の夏休みの時、クラスメイトで仲良しだったAちゃんがうちに泊まりに来た。
その次の日お昼食べてそろそろAちゃんが帰るって時、Aちゃんの身内の誰だったかからうちに電話があり、
Aちゃんのママが昨晩家の近所で自刹したのが見つかったとの電話だった。

その後のAちゃんの号泣とか、うちの母のパニックとかもう色々なことがあったのだが、もう断片しか覚えてない。
Aちゃんは一か月もしないうちに、母方の実家があるという東北に引っ越して行った。
お別れに何か言ったりした記憶もない。お泊りの日以降学校でもうちでも会ってもいないと思う。

当時、私も母もショックを受けてAちゃんの話はしなくなったんだけど、この連休に実家帰ったら母が急にAちゃんの話をし始めた。
そもそもあの日Aちゃんがうちに泊まったのは、「用事があるから一日娘を泊めさせてほしい」とAちゃんママに頼まれたということ。
ご近所だったAちゃんママと交友があり、Aちゃんママが旦那さんの酒癖や金使いや病気(躁病らしかった)に悩んで鬱気味だったこと。

何で急にそんなAちゃんママの話を始めたんだと思ったら、母が最近たまたまテレビでAちゃんを見たとのことだった。
震災を経験して家を無くしたりはしたけど、家族は無事で旦那さん子供に囲まれ何とか笑顔で暮らしてる様子だったという。

「あの時Aちゃんを残していったAちゃんママに物凄く腹が立ったけど、せめて連れて行かずに残して行ったからAちゃんの今があるのよ。わかる?あんたもどうにもやるせない何かあっても、せめて孫ちゃんたちだけは置いて行きなさい!私まだ頑張れるから!」と母から言われた。

別に家庭にも自分にも特に何も悩んでないのに、急にそんなこと言われたのもスレタイ。


続きを読む

このページのトップヘ