タグ:虐待


【②はこちら】
719: すみれ ◆pMbSzqn.mw 2008/02/08(金) 20:54:07

今って相談できないのか?
緊急なんだが

続きを読む


456:可愛い奥様@\(^o^)/2016/12/05(月) 20:54:59.19 .net
親族にはバレてるけど、他人には隠したい過去。
多分、母親としては最低な類に入る。
私は男の子の双子を産んだ。その下には更に女の子も1人いる。
夫の兄夫婦は、どちらも高学歴高収入な夫婦だけど、30後半になっても子供が出来ずにいた。
法事等で義兄夫婦と会うたびに子供らに「ウチに1人おいで」と言われていた。
と言っても、義兄夫婦も周りの人も、私たち夫婦もそれが冗談だとわかっていたので、毎回笑って流していた。
一度言えばそれ以降は言わなかったし、毎回「また言ってるよww」って感じだった。

続きを読む


26:おさかなくわえた名無しさん2006/02/16(木) 15:42:52 ID:HF2C4jO0
田舎に嫁にいった子からタヒにそうな声でsosをうけ、
大げさな事をいう子じゃないのであわてて迎えにいったら
そこには見知らぬおばさんが…とおもうと本人だった。

あまりの老けっぷりに驚いたが、話聞いて二度びっくり、
朝から晩まで座ることも許されずただただ働かされつづけた
結果らしい。 家にしばらく泊めてあげたけど
朝の四時には勝手に目が覚めるらしく、
久しぶりに食べた肉でお腹が壊れる始末(肉食べたの結婚以来だっておい)
背中を丸めて人の顔を下から伺う癖がなかなかとれず、
まるで人に虐待されたノラ猫みたいな感じになっちゃってた

農家は嫁不足だ嫁不足だというけれど、
せっかくなにかの間違いで来てくれた女性を
あんな扱いしてたんじゃそりゃ仕方ないだろう!
どうして人様の娘にあんな仕打ちができるんだろう?わけわからん…


続きを読む


16:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[]2017/05/03(水) 23:11:20.25 ID:+yQRxa5U.net

高校時代の話。長文ごめんなさい。

ある日昼食前に手を洗うため、トイレに行くと
お弁当を持ったまま個室に入るA子がいた。
もしかして便所飯…?と、迷った結果
気を使える友人1人を連れて、ドア越しに声をかけた。
場所を移して、教室ではなく人気のないエレベーターホールで
その日A子は私のグループと一緒にお弁当を食べた。

そのときポツリポツリと話してくれたA子曰く
「前日、グループのB子達から一方的に罵倒された」らしい。
B子達から頻繁に聞く悪口や噂話に乗らなかったからだと。
B子達は目立たないけどそういう話ばかりしていたし、逆にA子は優し過ぎるくらいの人柄だったので
なんとなく納得した。

その日からA子は私のグループと一緒に行動することとなり、A子の性格もあって
仲良くなるまでに時間はかからなかった。
私のグループは人数だけは多かったので比較的目立っていて、
他のクラスメイトもA子とB子達に何かあったんだなと察したようだった。
B子達が悪口を言うたび、スルーしてたけれど
「そういうの言わない方が良いんじゃない?聞いてて気分悪い」
私達を筆頭に(?)ハッキリ拒否する子が増え、結果B子達は肩身が狭くなったと思う。
それから悪口は聞かなくなった。

今でもA子とは、家族ぐるみで出掛けるくらい仲良くしている。
一人目を妊娠したとおめでたい報告を受けたので、厄落としになればとカキコ。

続きを読む


343: 可愛い奥様 2014/04/25(金) 09:43:55.26 ID:7JjaQHKj0

子供の頃親から虐待を受けてて、近所の人たち相手に体を売らさせられてたこと。
そして中1のとき、近所の誰かわからない人の子供を出産したこと。

その後県外の施設に預けられたけど、脱走して都会へ、
都会でチンピラみたいな人に拾われ、14歳~16歳までスナックのやとわれママをしていたこと。

その当時から常に金銭的援助をしてくれる男性が複数いること。
現在も夫から生活費30万もらってるけど、月に一度くらい食事するだけで
体の関係もないのに、月20万ほどお小遣いをくれる人がいる。
夫と同じ年代の人。

中卒どころか小学校もろくに行ってない。成人してから大検は受けたけどね。
それなのに高卒と嘘ついて以前の会社(PCスクール)に雇ってもらったことかな。

今は普通に現ダンナとの子供ふたりいてのんびり暮らしてる。
中1の時に産んだ子はもう結婚していて孫もふたりいる@37歳。

続きを読む


835: 名無しさん@HOME 2011/08/08(月) 02:47:40.26 0
自分的には修羅場話です。 

Aと付き合って結婚話をお互いの両親として、結納の日取りも決まっていたよ。 
結納の打ち合わせをするために両家集まったら、Aの父親に
Aに妊娠させた彼女Bがいることを、打ち明けられて謝罪された。
そりゃ寝耳に水で呆然自失。

続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
【⑤はこちら】
408:責任 ◆eqCxPuLZFo2009/04/21(火) 20:45:43

コテトリ合っているだろうか。
1年以上前にここでいろいろ愚痴を聞いてもらったんだが
結局、離婚の方向に決まって話し合いをしています。
ご報告まで。



続きを読む


649:名無しの心子知らず2012/08/27(月) 15:30:23.62ID:49VOLGM5
吐き出させてください。

特に付かず離れずで良い距離を保ててると思ってたけど間違ってた。
帰省中、私と旦那の目を盗んで偽実家友達家製蜂蜜を食べさせられてた。
私も旦那も、娘が蜂蜜を食べさせられたことを知らないまま帰省した。
けど帰省してから、娘の様子が変で気になって血液検査しても何も出なかった。


続きを読む


485:名無しさん@おーぷん2017/10/05(木)11:54:10 ID:ShV
昔、養子を迎え入れました。当時小学3年生だった男の子です。
実の親に凄惨な虐待を受けていたため、とあるツテで私達夫婦が迎え入れることにしました。
この子についての相談です。

昔から他人行儀で遠慮ばかりの子でした。
まずは敬語をやめさせることからスタートしましたが、タメ口もどこかぎこちなく、自然に会話ができるようになるまで多くの時間を要するほどでした。
反抗などただの一度もなく、
「どこどこに行きたい」「あのゲームが欲しい」というような子供らしい要求も一度もしたことがありません。
誰に言われるでもなく家の手伝いをします。何かにつけては「ありがとう」と感謝の意を口にします。
時が経ち、息子は現在中学2年生になりました。
非常に優秀な子で、学年で一番勉強ができます。
しかし先日「高校には行かない」と言い出しました。
「中学を卒業したら数年働いて大学進学の費用を作る。平行して高認を取ればいい」との考えだそうです。

傍から見ればよく出来た子かもしれません。しかし親としてはたまらなく悲しいのです…。
世間の子供は「親なんだから自分に良くしてくれて当然」という思いを多かれ少なかれ抱いているものと思います。
息子にも、親になんか気を遣わず自由にワガママに生きてほしいのです。
この5年間、精一杯に愛情を注いできたつもりです。
しかし結果として私達は本当の意味で親にはなれていないようです。
この先どうすればいいのかもうわかりません…。どうすれば本当の親になれるのでしょうか…。

続きを読む


862: 名無しさん@おーぷん 2017/10/30(月)09:57:06 ID:BFH
近所に住んでたAは鍵っ子だったんだけど、学童に通ってなくて
友達の家に行くと怖がって帰りたがらなくて困った。
というか、学校から下校するときも同じ感じだから
家庭で何かあったのではと疑われていた。
A親は学童に入れ忘れたらしくて、習い事をさせたりしたけど
「1人でいるのが怖い」とかなり怯えてすぐやめた。
Aは中学の前の公園で部活帰りのお姉ちゃんとその友達を待って
一緒に家に帰るようになったけどだいぶ疎まれていた。
姉の後ろをとぼとぼ歩くAが目撃されるようになった。

中学も夜遅くに帰るのが怖いと部活の入部を拒否。
この頃には誰にも迷惑をかけてないけど、
「自意識過剰じゃね?」と悪口も言われていたと思う。

高校は別々になったがAと大学で再会した。
未だに夜道が怖いらしいがどうにか歩いて帰ってるらしい。
夜は電気をつけないと眠れないんだって。

その理由が子供の頃から父親に猟奇氾罪やサツ人氾の話を
枕元で聞かされていたらしい。

父親は歴史好きで普通の歴史話もしていてその一環らしいけど、
本人が意味も分かってないうちから猟奇的なサツ人の話をされて
怖かったって。
日本のサツ人事件、失踪事件はほぼ知ってるらしい。
解決した凶悪事件は内容も氾人もかなり詳しく。

おまけに1人で家にいる時にコロされた事件や
自分と同じく小学生がコロされた事件の話をされて
誰か一緒にいないとコロされると思うようになったらしい。

小学校の担任にも相談したら「怖がるから事件の話は
やめて下さい」
と注意してもらったそうだが効果なし。
「事件が風化したらどうするんだ、大事な話だ!」と逆ギレ。
父は姉と母と険悪でまともに話を聞いたのはAだけだったとか。

もちろん、身内にサツ人事件の関係者などいない。
A姉は結婚して子供が幼稚園児くらいだが、
同じように事件の話をして姉一家に絶縁されてるらしい。

これって虐待じゃないのか…。
でも、暴力振るわれてないから微妙なのか?
Aも夜1人でいるのは怖いけど父が嫌だから
大学卒業したら一人暮らしするって言ってた。

続きを読む

このページのトップヘ