タグ:虐待

786: 1/2 2013/09/15(日) 15:19:11.97 ID:hmFDjOCZ

スレ違いだったらごめん。 
パート先で一緒のママ。 
最初はニコニコと近づいてきて、帰る方向が一緒なのでたまにお茶して帰ったりしてた。 
そのうち、朝最寄り駅のホームで待ち伏せされたり、

電車の中で他の車両を渡ってまで私を探しに来るようになった。 
ちょっとストーカー?と思ったけど悪くとるのもいけないと思っていた。 
そのうち会社帰りに飲みに誘われたり、買い物に誘われたりするようになり、 
うちは子供もいないし、時々付き合っていた。 
しかし付き合うといつまでも帰らない。 
3年生の娘が居るというのに、「コンビニに行って弁当買って食べて」なんて電話していた。 
さすがに「もう帰りなよ」と言っても帰らない。 
最初は気持ち悪いくらいニコニコと近づいてきたママだが、 
この頃にはすっかり上から目線で、乱暴なタメ口になっていた。 
子供の事はしょっちゅう「バカ,ボケ、シネって言ってんだー」とか 
「お金あげるからあんたが育ててよ」とか言い始めた。 
しかも「中学の頃万引きで警察に捕まったんだー」などと聞いてもいないのに語り始めた。 
これは関わらない方が良いと思って疎遠にすると、また敬語でニコニコと近づいてきた。 
職場なので波風立てるのもと思い普通に接していると、また上から目線の乱暴言葉になる。
続きを読む

745: 本当にあった怖い名無し 2013/06/16(日) 09:32:23 ID:Q+a4+uaA0

結果的に復讐になった話。(長いです) 

両親の離婚を切っ掛けに6歳から母方の祖母と2人暮しをする事になった。 
始め祖母は優しかった。けれど、2ヶ月も経たない内に虐待が始まった。
肉体的には、平手打ち、蹴り、物で殴る等、
手加減か年寄りだからなのか大怪我をさせられる事は無かった。 
しかし、精神的虐待は日を追う毎にエスカレートして行き、 
7歳になる頃には私は原因不明の体調不良を度々起こす様になり、
病院で自律神経失調症と診断された。 
祖母はこの診断結果にも激怒して、だらしが無いからだ!と私を罵った。 

精神的虐待は理不尽に罵る蔑む、私の大事にしている物を壊す等色々有ったが、 
1番キツかったのは毎晩布団に入ると始まる儀式だった。 
「お婆ちゃんは年寄りだから、明日の朝あんたが起きたら死んでるかも知れない」 
と言い始める。子供にとって1番身近に居て頼るべき存在の消失は最大の恐怖だ。 
私は死なないで、と泣いて何十回も頼む。すると祖母は満足して先に寝てしまう。 
当然私は寝付けず、連想ゲームの様に恐ろしい想像が膨らんで行く。 
それはいつも全人類が死に絶えてたった1人残されるというもので、 
世界中の人の代わりに自分だけが死ぬという願いに近い妄想に行き着く。 
すると少し安心出来、手を組み合わせ自分の死を祈りながら眠りに着く。 
私は殆ど毎朝泣き過ぎて腫れた目で登校した。これが14歳までほぼ毎晩続いた。

746: 本当にあった怖い名無し 2013/06/16(日) 09:35:24 ID:Q+a4+uaA0
私と母とは月に1~2度会っていたが、一緒に暮らそうと言われてもいつも拒否していた。 
鬼の様な祖母もたまに優しくなる時もある。そんな時の祖母は大好きだった。 
それに、母は知らない男性と同棲していたからそこへ行くのは嫌だった。 
だが、14歳になった夏、遂に何かが私の中で壊れ、祖母と離れる事となった。 
離れた後も1人になった祖母が心配で休みの日に訪ねてはいたが、 
毎回暴言を吐かれる事に疲れて足は遠退いていった。 

祖母に会いに行かなくなって暫くした頃、祖母の様子がおかしいと親戚から連絡が来た。 
親戚がたまたま祖母宅へ行った所、寝たきりで天井を見つめたまま反応が無いと言うのだ。 
それを聞いて私と母も急いで祖母の元へ駆け付けた。 
寝室に入ると祖母は親戚の言う通り、口は半開きで天井をぼんやり見つめたまま反応しない。 
親戚が私が来た事を耳のそばで伝えても全く無反応だった。 
母と親戚は遂に祖母がボケたと言いながら、どうするか相談する為に部屋を出て行った。 

祖母と2人で部屋に残された私はとっくに気付いていた。 
祖母はボケてなどいない。ただ周りの気を引きたいだけなのだ。 
私は祖母の耳元で囁いた。 
「演技でしょ」 
そう言ったと同時に祖母は跳ね起き、 
「演技じゃないわよぉぉぉぉお!!!」 
と絶叫して更に何やらぎゃあぎゃあと喚き散らした。 
そんな祖母をシラけた気持ちで見ながら、やっぱり演技だったんだなと思った。

続きを読む

744: 本当にあった怖い名無し 2014/02/25(火) 21:52:16 ID:FrRk5D80O

10年以上前。 
公園で小学生くらいの子供がサッカーしようぜ!とはしゃいでた。 

サッカーボールが道路に飛び出したら危ないな、と思ってふと見ると
小学生達が蹴っているのはサッカーボールで無く仔猫。 

頭真っ白になって「サッカーに混ぜて!」と乱入し小学生5人を蹴り飛ばした。 
「お前らのいうサッカーってこういう事やろ!?」と泣いても蹴りまくって完璧キ○ガイだった。 
ぐったりした仔猫をつまみ上げ動物病院に泣きながら連れていった。 
頭の中真っ白で待ち合い室で猫が助かるように祈ってた。
続きを読む

395: 彼氏いない歴774年 2013/05/27(月) 23:53:48 ID:XkWuYdVQ
 
いつまでも親のせいにしてちゃダメだとか言われるけど 
親元離れて何年もたつのに未だに自然に笑えない。 

ニコニコできる人が羨ましい、顔ブスでも愛嬌が大事って
散々頭に叩き込んだけど実際なかなか笑えない。 
笑おうとすると、無意識に頬の内側の肉噛んだり 
歯食いしばったりして笑顔が表情に出ないようにしてしまって 
かなり意識しないと笑えないし、その時も笑ってる自分に嫌悪したり周り気にしてビクビクしてる。 

笑おうとすると機嫌悪い時の親の「なに笑っとんがや!なにがそんなに面白いがや!」
って怒鳴り声や冷たい言い方が蘇ってくる。 
言葉理解した頃から中高生頃まで毎日ずっとそう言われて育ったのに 
大人になったらいきなり切り替えるなんてできないし 
何も知らない人に「いつまでも親のせいにしてちゃダメだよ~」って言われて腹が立つし落ち込む。 

離れて暮らしたところで何をするにもフラッシュバックするのにそんなに簡単に忘れられない。 

続きを読む

94: 名無しさん@HOME 2013/03/06(水) 20:25:17.53 0

祖母が若いころの話。

お隣の家がすごい子どもを虐待する家で、
そこんちには女の子がいたんだけど 
顔はいつも腫れてて
目がどこにあるからわからないくらいだし、
頭もぶよぶよしていたらしい。 

毎日必ず
女の子が泣き叫ぶ声が聞こえてて、
祖母がたまらずお隣の家の奥さんに
虐待をやめるように頼んだら 
「ぶちコロすぞ!」と叫ばれたそうだ。

ご近所の方もみんな心配してたけど、
戦後まもなく、子どもを守るような体制が 
とれておらず、
虐待とかいう言葉も浸透していなかったらしい。 

その子はガリガリで、
手足が曲がっていて(骨折?)
まっすぐ歩けず、
耳は難聴ぎみで
話しかけてもあまり
会話にならなかったそうだ。 

あるとき、
ひどい虐待が庭で行われて、
祖母はお隣の垣根を越えて
助けに行ったんだって。 
すると、
不法侵入で
祖母は警察につかまってしまった。
むろん、すぐ釈放されたけど。 
その女の子は、
その日の夜に二階から転落タヒした。
事故だったので親は一切おとがめなし。 
今でも祖母は悔やんでいて
私が小さいころは、その子を思い出して
泣いたりしたらしい。 

続きを読む

109: 名無しさん@HOME:2012/09/05(水) 14:27:19.03 

いきなり20年前のことがフラッシュバックした。 
私を突き倒して蹴りながら怒鳴る父、 
罵詈雑言を浴びせながら殴りかかって来る母、
「目を蹴り潰さないだけありがたいと思え!」って 
言われたところで記憶が途切れてる。 

親の自営がうまく行かなくなって、関連会社の重役の息子と私の結婚が 
資金援助の条件だったとかで話がどんどん進んでいた。 
当時は恋人もいたし、何よりその重役の息子が今で言う糖質。 
「僕たちケッコンするんだから、主治医に挨拶してネ!」と言われて 
ごめんなさいごめんなさい本当にごめんなさい私には無理、と 
お話を断って帰宅したら両親に折檻された。通帳と印鑑も奪われ 
会社にも「花嫁修行のため退社させます」と勝手に連絡された。 
体重が32kgまで落ちて自分で立てなくなった頃、祖母宅に引き取られた。 

両親と没交渉になり、少しずつ食べられるようになり、 
3年ほどかけて心と体調子を取り戻した。バイト先で頑張ってたら 
正社員登用の試験に合格出来て、そこで知り合ったのが今の主人。 
私と両親の関係を理解してくれたので、入籍だけして遠くへ引っ越した。 

祖母から先日、両親が私に会いたがってると聞いた。 
あんなことしておいて孫に会わせろとか寝言は寝て言え、だ。 
私の携帯番号や住所を教えないよう祖母を説得するのい骨が折れる。
続きを読む

このページのトップヘ