タグ:葬式


666:名無しさん@HOME2010/09/29(水) 02:32:00 0

夫が2年間の闘病の末他界。
義兄弟は適当な理由をつけて一度も見舞いに来なかったが、
葬儀の前日にぞろぞろと来訪し、口々に
「姉の世話もしなかった役立たず」(義両親はすでに他界、独身の義姉が一人で実家に住んでいる)
「病気だからと言って墓の手入れをしなかったからこんなタヒに方をした」(病院にほぼ泊まりきりで
彼岸やお盆などに手が回らなかったため、手入れを任せた)
等と娘と夫の亡骸の目の前で言ってのけた。
そして極め付けに墓に入れてほしいなら頭を下げろと娘に言いだした。
私は血が繋がっていないので蚊帳の外、という状態を演出したかったらしい。
私も娘もそんな事を言われて墓に入れる気も入る気もないので、丁重にお断りして、お帰りいただいた。

ただその日は大雪の日で、迎えが来る予定は3時間後くらい。
携帯も持っていなかったようで、公衆電話探して連絡したようです。
その間ご一行は雪だるまになっていました。
悲しみとキチ相手のショックで傘や防寒着の心配など頭から抜けていました。
70・80の老体で軒下もないところで良く頑張ったと思います。

その後墓の権利書をよこせとか訳のわからない事を言われたけど
詳しい墓の継承の事を教えず、ずっと私側に墓の権利?があるように思わせているのがDQNじゃないかな、と。
なぜか墓の権利に相当執着があるようなのでプチスカです。
ちょっと調べればわかる事なのに、学習しようともしないのはどうしようもない。

こちらからは極力キチとは係わらない方向で、という結論に至り何事にも応じず、静観しながら数年が経ちました。
留守電に「お墓の云々〜」と入っていて、ふと思い出したのでカキコ。

続きを読む


576:名無しさん@HOME2011/10/26(水) 23:37:38.23 0
自分的には修羅場だった話。

私が中1か小6の頃曾祖母の葬式があった。
遺体も焼いて骨壷に納めて、そのあとの会食っぽいとき(ごめん、他に葬式出たことないから名称知らない)、
女衆は食い物の準備だとかで忙しく男衆は飯を食うので忙しかった。
私はまだ幼稚園に入るか入らないかの弟がいて、母は忙しそうなのでずっと空いた部屋で相手していた。
弟と遊んでいたら他の小さい子持ちのお母さんがたも「あらあらじゃあうちの子も」とどんどん私に押し付けていく。
無理ですと言っても聞いてくれない。最終的に10人前後を私一人で面倒見るハメになっていた。

中学生が10人の小学生未満を全員まとめられるわけもなく、ガキ共は騒ぐわ他の部屋に突入しようとするわ
寺の備品?を勝手にぶん投げようとするわ、それを抑えて私は走りまわらされるわ。

ちょっとでも会食の部屋に子供が行けば「なんで見ててくれないの!」と私が怒られるわ。
そのうちガキ共が「お腹すいたー」の大合唱。男衆は食べていても私たちに食事は出なかった。
最終的に9時前後に10人で1パック3本入りの納豆巻きをもらってみんなで分けて食べた。
納豆が嫌いっていう子が大騒ぎしてそれをなだめて大変だった。
母親たちは8時半頃にもう飯食ってて「まだ食べてないの?なんで言ってくれないの!」と何故か私が怒られた。

最終的に10時すぎまで一人で10人面倒見てた。
寝ちゃった子には布団もないから座布団の上に移動させて上着かけて、起きてる子には部屋の反対側で遊ばせて。
預けたお母さんがたはありがとうの一言もなく、私は寝た弟背負って両親と一緒に寺から歩いて帰った。
今日父親に、別の曾祖母の33回忌の手伝いに参加してくれないかと言われて思い出した話。

続きを読む


545名無しさん@HOME 2014/01/30(木) 02:40:49.97 0
長くなります、すいません

とある年の夏に、俺の友達がタヒんだ。突然の心筋梗塞で倒れたということだった。
本当に突然の事だったし、まだ歳も若かったので最初は冗談だと思ってしまった。
けど、それは冗談じゃなくて事実だと知らされたとき、ショックを受けた。
俺は新幹線の中で落ち込みながら地元に帰っていた。

「何でこんな時にタヒんだんだろう」とか「いいやつだったなぁ…」という気持ちでいっぱいになり、
もっと地元に帰ってその友達と遊ばなかったことを後悔し始めていた。実際、地元に帰って遊んだのは2回ほどだった。
葬式には彼の親族と高校時代の友達、会社の同僚と思われる人物が何人か参列してた。
勿論、そこには彼の嫁も。

しばらくして、ビールやら寿司を食べながら親族や友達との話し合いが始まりました。
ビールを飲んでも、全然酔える気にならなかった。高校時代の友達と飲んでも楽しくなかったのはそれが初めてだった。
そんな時、とある友達がニヤリと笑いながら言った。
「ざまあみろだよな、○○のやつ」○○とは、タヒんだ友達の事だ。

なんでそんな風に言うんだろう。俺は少しイラっとして、「そんな事言うなよ」と言おうとすると別の友達が言った。
「だよな、タヒんでくれてよかったわ」
意外だった。彼らはタヒんだ友達と同じサッカー部の人たちだったし、高校時代は随分仲がよさそうだったのに
だから最初は何かの冗談だと思っていた。だが、話を聞いているうちにそうでない事を知った。

実は中学の時からかなり嫌なやつで、金に汚いのは勿論、高校時代からは他人の女にはちょっかい出すわと評判が最悪だったことを知る。
人に対する嫌がらせは度を超えていたらしい。それで火傷の跡が残ったやつがいたり、心に傷を負ったやつまでいたようだった。
更にもっといやらしいことに、そいつは自分がやったとばれないように、事故だったと思わせるようにやっていたという事だ。
俺はそんなやつだとも知らずに、今までいいやつだと思っていた自分が恥ずかしくなってきた

続きを読む


236: おさかなくわえた名無しさん2016/05/17(火) 01:01:02.95 ID:Y5GshRW4
眠いけど眠れないからカキコします。

私は、去年の年末に会社都合で切られ
1月末から派遣社員として、
印刷工場で働いています。

そこで働く正社員達の言動がスレタイ
ある日、私が昼休みに休憩室にて
寛いでいたところ、

正社員が3名(以下A B C)ほど入って
座った途端に、

A『そういえばさ、うちの部の派遣がさ
葬式に出るから休んでるんだわ(笑)ありえなくね?』
と、切り出した。

B『はっ?ありえないわ派遣が葬式(笑)
仕事する気あるのか?』
C『wwww(にやにや笑ってた)』

これだけでも、十分気分が害されたのですが、
次の瞬間Aがありえない行動を取りました。

続きます

続きを読む


599:本当にあった怖い名無し2012/07/28(土) 06:11:00.46 ID:F/1OekhPP

オリンピック開会式見ながらボツボツと
自分はロードバイクで夜間のヒルクライムが趣味の人間
はまった理由ってのがちょっとだけオカルト

本業は超長距離走だがその一環としてやっていた
ヒルクライムにのめり込み暇さえあれば近くの山を登りに行ってた
基本は昼だが仕事があったりすると夜にいくこともたまにあった
その山は緩やかな坂が10km-15kmくらい永遠と続く山で練習にはちょうどいいくらいで目印になる休憩所などもあり地元ではヒルクライムのメッカだった

出来事に合ったのは3ー4年前の夏 とても暑かったが湿度は低く坂を攻めるにはいい夜だった

続きを読む


295:おさかなくわえた名無しさん[sage]2010/09/15(水) 07:09:29 ID:cEqAYIDv
俺の兄は斎場で働いてるんだが、

親戚が亡くなり親戚ということもあり兄の務める斎場で葬式を行うことになった。
葬式は無事に終り、そのまま斎場の別ホールで食事会を行った。
30分くらいたって兄が
「親戚に互助会のパンフレットくれって言われたから取ってくる」
といい席を立った。親戚が亡くなった時もちゃっかり営業していて仕事熱心だなと思いながら
料理に手をつけていたら隣のテーブルで料理をタッパに詰め込むババア発見。

以前兄が保健所の指導が厳しいとボヤいていたので
これはまずいんじゃね?と思い席を立ち受付に向かった。
受付嬢に兄を呼んでもらい事情を話すと、やっぱりまずい事で下手したら営業停止らしい
兄はそのババアのとこに向かった。
そのババアはまだ料理をタッパに詰め込んでいた。
兄「申し訳ないですけど持ち帰りはお断りしてるんですよ」
ババア「あら、でも私今お腹空いてなくて一口も食べてないのよ」
兄「保健所の指導なんですよ食中毒になられても困りますし」
ババア「親戚だから見逃してよ」
兄「こればかりは保健所の指導ですから」
兄がいくら説得してもババアは引かないババアは自分の都合ばかり言っていた。そしてババアは逆ギレし
ババア「あんたのとこの互助会に入ろうと思ったけどこんなに融通がきかないとは思わなかった
入るのやめる」
兄「そうですか分かりました。」
ババア「お前のとこに入ってやるから持ち帰らせろ」
兄「斎場のルールを守れない方との契約はこちらからご遠慮させていただきます」
ババアは兄の言葉に切れるがババアの家族が騒ぎに気づき止めに入ってくれてなんとか料理の持ち帰りを阻止
家族がまともな方でよかった。

その後、何となく俺のせいで契約をダメにしてしまった感じがしたので、兄に謝ると
兄は「え、あのババアの息子さんが契約してくれたけど」
俺「え、それじゃああのババア、キレるんじゃね?」
兄「あそこの家族の年齢からすると次にタヒぬのあのババアだから大丈夫だろ」
俺は爆笑した。



続きを読む


291:名無しさん@HOME2017/09/22(金) 01:06:54.39 0.net
祖父の葬式で、弟が正座ができない事を初めて知った。膝が殆ど曲がらないみたいで、最初ふざけてるのかと思って「ちゃんと座りなさい」と横から怒ったけれどマジでできないようだった。
正座ができない人とか居るんだとビックリしたよ。


続きを読む


138:可愛い奥様2018/05/18(金) 11:21:43.31ID:2na3KceN0
みなさんのご意見お願いします。

私 (43歳)会社員(転職したて)
同僚 (31歳女忄生)

先日、同僚女忄生のおばあさんがお亡くなりになりました。
同じ県内ですが遠方であることで、仕事が終わり次第帰省し、
葬儀日程の関係上そのまま3日ほど休むとのことでした。



その日の終業時間間際、彼女に依頼しておいた処理が済んでないことが判明し、
締切が絡む案件だったため再度確認をお願いしました。
すると、既に締切がきており、今から処理しても間に合わないことがわかりました。
それ自体は次回の締切に間に合わせば良いのですが、
私としては頼んでおいたことを忘れられていたことにイラッとしたこともあり、
彼女に経緯の説明を求めました。
彼女からは、謝罪はあるものの、どうしてそうなったのか、
今後の再発防止に何が出来るかといったことが出てこないため、
それを引き出そうと話が長くなってしまいました。

すると、突然彼女が能面のような顔になり、
「それ、今どうしても話さなきゃならないですか、
すみませんもう〇〇さん(私)と会話するのは無理です」
と言ってそのまま帰ってしまいました。

確かに、話が長引いて終業時間を大幅に過ぎてはいましたし、彼女の事情も知っていました。
しかし、それとこれとは別で、急いで帰ったところでもう亡くなっているわけだし、
子供じゃないんだからと思っています。

しかし、唖然とする私に、別の社員らが「嫌がらせじゃないんですよね??」と言ってきたり、
この件を愚痴った別の社員からも微妙な反応だったりで釈然としません。
その彼女は、退社する時泣いていたらしいのですが、涙の意味もわかりません。
怒鳴ってもいないし、パワ八ラみたいな恫喝もしていません。
どうして忘れたのか、自分としてはどうするつもりなのか、今後どうしておけば防止できるか、
などを聞いていただけなのですが。

皆さんならどう対応しましたか?

続きを読む


818名無しさん@HOME2018/02/28(水) 11:28:23.52 0
6年前、母の知人のせいで家族を失ったのが最大の修羅場

6年前、母がすい臓癌で無くなり(これだけでも最大の修羅場だが)、葬式をした
両親はキリスト教なので、当然葬儀もキリスト教

私は母から生前、「お母さんは癌でもう長くない」と言われていたが、当時からかなりの親不孝者だった(警察の世話にはならなかったけど)私は、母が私を更生させるために言った質の悪い冗談と思って本気にしていなかった

しかし母が無くなる三日前に、父から母の入院を聞かされ、「万が一のために覚悟しておけ」と言われ、初めてそれが本当だったことに気付いた

それからは藁にもすがる思いで、母が助かることを祈ったが、三日後・・・・・

正直後悔したよ、癌が本当だと知ってたならもっと親孝行とかしたかったし、親は元気なうちに親孝行しないと後悔するって本当だね(私が唯一やった親孝行なんて、母より長生きしてることだけだし)
母が無くなる一年前にも最大の修羅場という目に遭ったけど(訳あって電気ガス水道が止められ、避難所に住んでいた)、それ以上に辛い重いをするとはね

火葬場で落ち込んでる私を見て、母の知人が話しかけてきた
葬式中の遺族に話しかけるなんて、非常識と思った私はその知人を罵倒していると、偶然通りかかった父と兄が慌て知人に謝り、私を叱り始めた
私は同じ遺族なのに、非常識なことをした方を庇う人達と一緒に暮らしていけないと思い、母の一周忌が終わると、父と兄に絶縁宣言をして、家を出た

思えば、あの知人が話しかけなければ、私は今でも家族で暮らしていけたのに
これが私が33年間生きていて体験した、最大の修羅場だ

続きを読む


480:sage@\(^o^)/2015/05/16(土) 01:48:00.32ID:8o9cTMOI
修羅場と言っていいいのかな?
丁度2年ほど前の話なんだが、スッキリするため吐き出したいと思う
別居していた親父がタヒんだ
それを、俺の実家のご近所の噂で、人伝に伝わってきて知った
お袋と親父は長い間別居状態だったんだが離婚はしていなかった
お袋側は一度は別れようと思ったんだそうだが、俺たち兄弟(兄と俺)が
結婚するまでは、と考えて離婚しなかったらしい

そのうちズルズルと月日が流れて別居状態のまま親父がタヒんだというわけだ
ま、心筋梗塞だったんで、予兆はなく、タヒに目にも会えなかった
まあ、それは仕方が無かったんだが
問題は、親父の後見というか。。。何かと生活の援助をしたのが
親父の実の妹で、まあ叔母だが
これが俺たち兄弟にも連絡をよこさなかったんだよ

続きを読む

このページのトップヘ