タグ:苦情


【①はこちら】
371:蘭奥 ◆IyhKmvqKO22008/12/10(水) 12:00:19 ID:J5USSK16

セコケチスレから来ました。蘭奥です。
スレが荒れてしまってすみませんでした。ちょっと事態が悪化してしまって・・・
Aからの電話やメールがしばらく続いたのですが、主人に頼んでAご主人と
話してもらってからはそれもなくなり、安心してました。

ところが、それから1週間くらいたって「息子がA息子とその友達と一緒になって
あるご近所さんの敷地内で勝手に遊んで荒らした」という苦情が。
息子の学校とそのご近所さんから連絡がありました。


息子は現在A息子と付き合いはないし、その日稽古事で私と外出しており、
「そんな筈はない」と言いましたが、
A息子たちが、「私息子も一緒だったが逃げてしまった」と言っているらしく、
「状況を確かめるためにも子供と親を呼んで話し合いをしたい」というのです。
Aと会いたくないけど、その場にいなかったことを証明しなければ。

Aは、その苦情の日以来、また電話をかけてくるようになり、
こんどはラン返却の要求に加え、「A息子を私の息子がそそのかした」とか、
「学校を辞めることになったら将来はどう責任をとるんだ」ということを
言ってきています。 Aからのメールや電話を記録し、
息子と私が外出した証明になるものを探しています。

続きを読む


259:名無しの心子知らず2012/06/07(木) 14:34:29.52 ID:QfAF1LmA
月1くらいで未就学児の公園で遊ぶイベントがある。
その公園は駐車場が無いんだけど車で来るママさんも居て
公園の周りにとめて参加している。

遊んでる途中、近所の人が
「ここは隣の家の人の出入りに迷惑だ!」と苦情を言ってきた。
苦情を言われたのはその車の持ち主では無い私(徒歩で来た)と他のママさん達数名。
私はすぐに謝って係の人に伝えた。
これが普通の対応だと思ってたけど、戻ってみたら他のママさん達(皆さん友達の様子)がその苦情の人に
「移動したい時は言えば動かします!」だとか「たまーにの事だし、長時間でもない!」だとか言い訳していた。
係の人も「次から気をつけます」と言っただけで結局車は動かさなかった。
その車の持ち主も公園に居たはずなのに名乗り出ず終わった。
ママさん達はその近所の人にイライラして文句言っていたけど
私はママさん達にものすごいイライラした。近所の人にも申し訳ない。

続きを読む


242:名無しの心子知らず2015/01/25(日) 11:15:17.29 ID:rtTfsUi5.net

江戸川区の私立認可園、平成27年度4月入所で内定。
先週その保育園の面談に行ってきた。園長にボロクソ言われて入所辞退したわ。

「残業や電車遅延によるお迎え時間の遅れを認めない、
何が何でも定時プラス通勤最短時間で迎えに来い」
と言われた。

続きを読む


35: 可愛い奥様 2017/10/08(日) 08:44:27.09 ID:opWqQwjE0
休日の朝8時から、庭師が大きな音で30分ほど木を切る音で
目が覚めました。
昨日も同じ時間~昼過ぎまで大きな音たててたんですが、
これって休日にやること?
平日にやれよって思うんですけどどうなんでしょう?
苦情言いに行こうかと思ってるんです。

続きを読む

820:名無しの心子知らず@無断\(^o^)/2015/02/05(木) 00:18:30.68 ID:XDEQYzJL.net

主人の転勤で田舎から都会に4月に引っ越してきました。
今小学生の長男のことで保護者間で問題になっているようで、困り果ててます。

田舎と都会とで意識が全く違うことを知らず、最初の頃は地元に居た時と同じ感覚で生活をしてました。
学校が終わって長男が帰宅したあと、
「遊びに行ってくる!」と言って長男はでかけてたのですが
同級生の家に行ってピンポンし、○○くんあそぼー!とやっていたみたいです。
我が家にも同じようにピンポンしにくる子が何人か居たので全く気にしていませんでした。


ですが、朝登校するときに同じマンションの家の子のところに行き、「一緒に集合場所行こうぜ」と声をかけているという話を相手のお母さんから聞きました。
「朝の忙しい時間にすみません」って謝りましたが、
「うちの子は来てくれて嬉しいみたいだし、子供同士仲良くしてるみたいだから〜」と言ってくれました。
そのことがきっかけで、長男には「おうちの人も忙しいんだからピンポンしに行ったら邪魔して迷惑かけちゃうから行かないでね」と言い聞かせるようになりました。
それからしばらくは長男もホントに行かなくなったようで、最近来ないなーってうちの子が寂しがってるよと件のお母さんから言われ
集合時間ギリギリに声かけに行くなら…というのを長男に許しました。
早すぎる時間に行こうとするときは全力で止めてます。

一旦切ります。
続きを読む

67: 名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2014/10/19(日) 05:31:50.92 ID:FGCAhA3M
ダンスィーな息子(小学生)二人がガサツで困る。
一学期から今まで苦情が頻繁で、すみませんって電話すんのもう疲れたよヽ(`Д´)ノ
最近電話した相手は女の子のママさんで、謝ったらすぐ許してもらえたし、
「おのおの家庭でお友達との関わり方を教えていきましょう...」とかって、ダンスィーに比較的理解あるママだからよかった。
けど、他の家はキツーイ感じで文句言われたり、どんな躾してるの?って責められて本当凹む。
小さな苦情にも、こっちはちゃんと謝ってるのにさ。 
躾、教育するためにブっても、効かないのがダンスィーなのよ(;´;д;`) 
ママならもちょっと理解してほしいわ。
続きを読む



482名無しさん@おーぷん 2017/03/15(水)00:02:04 ID:0Sj
私の会社は派遣社員はエレベーターを使用してはいけないルールになっている
(委託は場合によっては可)

先日派遣のグループが出勤時にエレベーターに乗り込もうとしていたので社員として注意したところ、
そのグループ(男3人女1人)に囲まれ
「エレベーターぐらい使わせろ!毎日歩きで登るのは大変だ!」と詰められた

揉めている内に別部署の男性社員がやって来たので後の対応は変わって貰ったんだけど、
4人に囲まれて問い詰められていた時は本当に怖かったし苦痛だった

少しぼかすけど当初は3階にあるフロアの事務社員としてしか派遣を使用しておらず、
あくまでも2アップ3ダウン運動の
健康増進の一貫としてそういうルールが出来たらしいんだけど、
いつの間にか派遣はエレベーター禁止になり、
その内9~10階の開発やデザインの部署があるフロアに行く際も一律で
派遣社員はエレベーターを使ってはいけない事になった

確かに毎朝10階ぐらい階段を登るのは大変だろうし同情はするけども、
ルールはルールなんだし嫌ならば別の所に行けば
良いだけだろうと思うし、大体ルールに文句があるのならば
一社員である私ではなく派遣元やこちら側の人事部等に苦情を言うべきだと思う

正直普段の八つ当たりをされた気がして非常に不愉快だったので、
ルールを破った派遣がいると上の方には報告させてもらった
苦情を言うべき人間を思い切り間違えている上に、
一社員である私を集団で囲んで脅してきた派遣の連中の神経が分からなかった 
続きを読む


1 :名無しさん@おーぷん
「子供の笑い声が耳障りだから引っ越してほしい」って言われた

ちな不細工夫婦は子供無し
うちは嫁と子供二人
続きを読む

 877: 可愛い奥様 2017/02/18(土) 18:25:00.63 ID:x71oOjYO0
うちの前は私道なんだけど隣の家の来客が度々駐車してて車が出られない 
その都度迷惑だからやめてくださいっていってたんだけど
今日隣の人が怒鳴り込んできた 

近所は助け合うものだろう、そんな苦情言ってくるのはあんたんとこだけや!だって

正しいこと言ってるのはうちなのに一方的に悪者にされて泣けたわ 
私道だから警察は不介入だよね
80オーバーのジジイだから半分ボケてるのかもしれないけど、
近所にも悪口バラまかれてメンタルやられそう
  続きを読む

859: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/05/08(木) 13:47:32.54
義兄嫁、少し変わった人だなぁと思ってはいたんだよ。
玄関チャイムに「子供が昼寝している事もあるので鳴らさないで!」ってメモが貼ってあったり。
昼寝の時だけでなく、常に貼ってあるらしい。

で、義兄子と家の子が同じ幼稚園に通っているのだが、
先日義兄嫁が先生に苦情を出したらしい。
苦情の内容と言うのが、先生への連絡帳(子供の様子で心配な事があったり
悩みとかがあったら書いて出すもの。勿論出さなくてもいい)
返事が遅い!!というものだった。次の日には返却されるらしいのだが、
義兄嫁は出した当日に返事を書いて返却して欲しいのだそうだ。
それを、連絡帳3ページにビッシリ書いてだしたんだと。
それを聞いて「子供と常に一緒にいる先生が子供が幼稚園にいるうちに書けるわけないじゃん」
と言ったんだが、わからないみたい。
(公立なので先生の人数は園児の数で決まるので結構ギリギリ)
そんなに相談に乗って欲しいならママ友とかにしたら?っていったんだけど
常に子供の様子を見ている先生がいいんだとさ。
結局、義兄子の連絡帳だけ当日返却になったんだが、
義兄嫁「長文の心配事」→返事「大丈夫ですよ、元気に遊んでました」
みたく返事が一言になってしまって「これじゃ意味ない!!」って
怒ってたけどムチャ言うなよ。

続きを読む

このページのトップヘ