タグ:若者


374:おさかなくわえた名無しさん2018/03/10(土) 20:29:59.97ID:rcmefzbX
今時の若い子の仕事に対する姿勢
もちろんみんなが皆じゃないとは思うけど…

パートなんだけど、最近うちの部署に
やたらと若い子(22歳~25歳あたり)が6人入社した

全員がまず、10時から始業で、
出勤時間(会社のドアを開けて入ってくる時間)は9:59か10:00ジャスト
そこから何分もかけてバッグを置いたり、仕事の準備でPCつけたり、
スケジュール確認したり…
まともにキーボード叩くのは11時すぎ

17時までの仕事だけど16時30分から片付け開始
特別急いで片付けるわけでもなく、ダラダラとペンを1本ずつ筆箱に入れたり、
開いているファイルを何分もかけて×押して閉じたり
なんとなく話を聞いてると
「1分でも余分に働きたくない、今の若者はみんなそう」
という意見だそうだ

仕事の準備や片付けが仕事のうちだとは私も思うし、
別に30分~1時間前から来いとか残業しろとは言わないけど
そこまで準備に時間かかるなら、5分前でいいから席にはついて欲しい
とは思う

老害だと言われるだろうから言えないし、別に嫌いってほどでもないけど
モヤモヤする

続きを読む


1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/02/19(月) 16:04:31.877ID:dvOiJqLM0
若者「そんなもんいらないだけど?www」
大人「おいおい、自分にステータスが無いって、認めてるようなもんだぞおい・・・?」
若者「はあ?そんなん馬鹿だから分かんないも~んwwww」


続きを読む


1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/02/25(日) 15:09:31.124ID:wnRX90kW0
前から不思議だったんだけど
なんで最近の若者って極端に結婚を拒絶するんだ?
子孫残したいと思うのは自然なことだし
そもそも本能的に女を独占したいと思うもんだろ

女だって未婚だったら残り物だと思われるし
本能的にも子ども欲しいと思うのが普通

しかもこれだけニュース等で少子化少子化と
問題視されているのにも関わらず
我関せずで結婚しない若者が二重の意味で意味がわからない
なんでしないの?どうしてそうまでして頑なに拒むんだ?

続きを読む



ワイ29歳、「若者」のカテゴリーから外される事に恐怖を覚え始める

1 :名無しさん@おーぷん:2017/05/18(木)08:16:43 ID:ITc
いやだいやだいやだ老いたくいいいいいいいいいいいいいいいい

続きを読む

530: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/25(金) 20:28:08 ID:dmISqI9F
先週の職場の定休日に、
職場の若いもんたち(といっても30歳以下)の飲み会をうちでやることになった。 

昼休みに打ち合わせてたら、40代のチュプに
「いいなあ私も行っていい?」としつこくねだられた。 

断る理由もないので
「いいですよ」と言ったら、他のメンツはそれぞれちょっとした手土産
(酒とか つまみとかケーキとか)を持ってきたのに、そのチュプだけ手ぶらだった。

しかも女だけの宅飲みなんで 
みんなほぼすっぴん&ジーンズにセーターみたいなラフな格好なのに
ひとりだけやたらばっちりメイクに 
ムスク系の香水ごってり・・・
(事前に「宅飲みなんでラクな格好で来てください」と伝えてあった)

「昼間どっかお出かけでした?」って聞いたら
「ううん、ジャージで大掃除してた〜」だって。

ならそのまま ジャージで来いよ!

香水の匂いで酒はまずくなるわ
チュプが膝の上に載せてたクッションにがっつり匂いが移ってるわで非常に不愉快だった。

なぜそこで張り切るんだ40代・・・

ほんと神経がわからん・・・
続きを読む

1:2017/06/23(金) 20:20:28.46 ID:+ZPTm3ce0
「注文は杀殳到しているのに、人手不足だから断らざるを得ないんだ……」

会社経営者からこんな嘆き声を聞くことが多くなった。景気の回復で需要が伸び、人繰りが追いつかないという業界もあるが、今後の日本の人手不足は経済動向だけでは計れない。むしろ少子高齢化に伴って、働き手全体の不足が顕著になってきていることに気付かなければならない。

その落ち込みは、目を覆いたくなるほどだ。

2015年国勢調査の抽出速報によれば、労働力率(15歳以上人口に占める労働力人口〔就業者と求職者の合計〕の割合)が、前回2010年調査に比べて1.4ポイント減の59.8%となり、6割を切った。

実数でみると、労働力人口は6075万人と、295万人の減少である(前回調査は6370万人)。それは今後、さらに減っていく見通しだ。

内閣府が2014年に公表した労働力人口の将来推計によれば、

(1)合計特殊出生率が2030年に2.07にまで上昇し、以降同水準が維持される
(2)女性の労働力率が現在の約50%からスウェーデン並み(2030年85%、2060年90%)に上昇
(3)60歳以上の労働力率を5歳ずつ繰り上げる

といった3条件を満たしたとしても、2013年の6577万人から2030年には6285万人へと、実に300万人近く減る。2060年には5522万人である。

現状の水準で継続した場合についても試算しているが、数字はさらに悪化し、2030年は900万人近く少ない5683万人、2060年には3795万人と半減に近い落ち込みになると予測している。

ここまで減ったのでは、日本経済が大きな打撃を受けるだけでなく、社会全体が機能不全に陥るだ
ろう。

2023年・人件費高騰で、日本の企業が機能不全になる
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52077
続きを読む

639 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/
ねこまんまの話がニュースであがってたけど、アラフォーの知り合いが、ねこまんま自体を知らなかったこと。
若い人ならまだしも、ねこまんまが一体何なのか知らない人は意外といるんだろうか。
続きを読む

65:おさかなくわえた名無しさん2009/07/19(日) 10:32:15 ID:k0Rd+Jib
電車の座席はほぼ埋まり、車内には立っている人がちらほらいる程度。
私の向かい側座席の前には男性1人、女性2人のハイキング帰りらしい高齢者が立っていた。
私に背中を向けているから時たま見える横顔で判断するしかないが、60代半ばぐらいか。
彼らの目の前の座席には若者2人と50代ぐらいの女性1人が座っている。
若者は2人とも茶髪、1人はサングラスをしていた。

この人たちに気づいたのは、この高齢者組の男性が
「最近の若い者は年寄りを立たせても平気なんだから」
「ちょっと前は罪悪感からか寝たふりをしたもんだが、最近じゃ寝たフリもしないからふてぶてしい」
などと、かなり大きな声で話しているのが耳に入ってきたからだ。
どうも自分の前にいる若者に席を譲らせて女性2人を座らせたかったらしい。

ここまで嫌味っぽく言われると、まったく関係ない第三者の私だってちょっと気分が悪い。
すっかり眠気が覚めてしまった。
反対側にいる私が席を譲れば、もう1人ぐらい誰か立ってくれるだろうと思って腰を浮かせかかった瞬間、サングラスの若者が口を開いた。

「あんたたちさぁ、山は歩けるのに電車では立てないの? それっておかしくない? 遊んできたんだろ? 
こっちはこれから仕事に行くところなんだよ。
だいたいさぁ、俺みたいなヤツが土曜日も働いてあんたたちの年金を作ってやってるんだって分かってる? 
俺があんたみたいなジジイになったら年金なんてもらえなくて、優雅に山登りなんてやっていられないんだよ。
とにかく座りたかったらシルバーシートに行けよ」
続きを読む

このページのトップヘ