タグ:自慢話

【2/3はこちら】
【3/3はこちら】
159:素敵な旦那様2006/05/20(土) 23:05:01

俺の母親に会うのが年に一度、電話等で話すのは月に1度程度の嫁が、
母の日後の母親からの電話後、俺にブチ切れた。
「もう貴方の母親には付き合いきれない。」
「何とかしてくれないなら離婚する!」等。
嫁の言い分(今までうちの母親との間であった事)を怒鳴り散らされたが、
細かすぎて俺は理解不能。
1泊するだけの正月の事とか、親戚付き合いの事、母親の馬鹿らしい自慢話(私はいい高校を出ている・うちの家柄はいい等些細な事)
母親の少々キツイ物言いや少々常識外れの行動
(これは俺も分かってるので、嫁には充分説明してあるし、会わせるのも極力控えている)
正直、そんな細かい事いちいち覚えとらんで、流せよ。と嫁に言ってから、嫁今も怒り中。

ちなみに今回は、結婚した俺の妹の嫁ぎ先の父親が、何かの賞を貰ったらしく、
それを知った俺の母親が、俺の名前で祝い金を贈った事。
嫁曰く「結婚祝いを頂いた訳でもなく、会った事も無い人に対して、祝いを贈るのが分からない。勝手に付き合う親戚を増やさないで貰いたい。」
「それも相談があったならともかく、私達にも無断でされた。」と。
すまん、俺の頭が悪いのかも知れんが、↑は俺母が金だして勝手にやってるんだし、
嫁が執念深いのか?
それとも、俺がおかしいのか?
続きを読む

47: 愛とタヒの名無しさん 2011/01/01(土) 16:48:35
年賀状見てて思い出したよ。幼馴染の結婚式 

彼の家は、祖父が旧帝大の元教授(その分野の大先生だったらしい) 
親父はそこの現役教授 
新郎は県外の私大→そこの院(学歴ロンダ)→地元で就職 
新郎は小さい頃から祖父/父の後継になれプレッシャー下で育てられたんだけど 
残念ながらそこまでは至らなかった。 
新婦は他県の普通の会社員の一人娘で、二人は学生時代からの付き合い 

んで式では祖父が主役扱い+家父長丸出し。 
新郎側スピーチは院の担当教授=祖父の教え子で、祖父を褒め称える話が延々と‥ 
友人スピーチも院の同窓で親父を(ry 
とどめに親族挨拶が祖父。新郎は頼りない子供だった・早く男子生んで後継教授の道を‥とか言ってる 

挨拶中、新婦はうつむいて諦め顔だし新婦両親は顔が引きつってる 
会場中が時代錯誤な家に嫁いだな・新婦大変だぞ、な雰囲気 

数年後。子供が出来たのを契機に夫婦は一大決心、転職して新婦実家に同居した 
GJだよ。頼れる夫になったんだな、と思ったよ(奥さんに敷かれる男にジョブチェンジしただけかも試練が‥

続きを読む

670: 名無しさん@HOME 2014/02/02(日) 16:55:46.89 0
見合いつながりで、自分の最悪の出来事を書く 
事情があって、去年の秋に地元に帰って見合いをさせられた 
自分は東京で働いてて、相手の子は、
自分の地元県の隣県(といっても互いの実家は車で小一時間) 
に住んでいて、うちの父親の同業者の娘さんで、
しかも互いの母親同士が高校の同級生だった 
第一印象は、ちょっと大人しめの可愛い子(26歳) 
母親同士だけが煩いくらいキャーキャー盛り上がってて、
口をはさむ暇もなかったから 

二度目は、こっちの帰省に合わせて
二人で昼食でも食べに行こうという話になっていた 
だが、会話のテンポが壊滅的に合わなかった

自分も人づきあいは苦手なので、
女の子が楽しめるような話術には欠けている 
それでも何とか盛り上げようとしたのだが、 
「専門学校でどんな勉強してたんですか?」
「普通です」 
「○○の仕事(彼女の勤め先)って面白いですか?」
「いえ」 
「趣味は?」「別にないです」 「学生時代、得意科目とか・・・」
「特には」 

これを仏頂面ではなく、ニコニコした可愛い笑顔で、
ちょっと首をかしげた動作付きで言われる 
そしてこちらから聞いたわけでもないのだが、
自分アゲ(言い方悪いが)エピソードを語りだす 
彼女 「職場の上司や、窓口に来たお客さん、
もう四人にプロポーズされたんです。
でも皆さん、 田舎の売れ残りの40~50代で、
正直身のほどを知らない方たちなのかな~って思うんです(笑顔)」 
俺 「へ、へー、すごいね,もてるんだ」
「そんなことないです」(ここで話終わり) 

「東京でお仕事できるって、いいですね。
同級生でも何人か都会に行っている子がいますけど、 
正直実力も学力もなくて、運があるだけの子たちなんですよね~(笑顔)」 
「(行った施設が臨時休館だった時に)こういうのって、
事前にネットとかで調べられるんですよ。 
あとは昔ながらの電話で問い合わせるという方法もあるんですよ(笑顔)」 

とっとと断りたかったのに、
向こうはもの凄く乗り気だから話を進めたいと連絡が来た 
そして年末に帰ったら、母子でうちに遊びに来ていて、
ホラーに近い怖さを感じた 
母親同士は台所で喋ってて、彼女は我が家みたいにお菓子食べながら
テレビ見てて、俺の妹が困惑してた 
この見合いのせいで大事な物を失くしたのに、
毎日後悔ばかりで、本当に勘弁してほしい
続きを読む

このページのトップヘ