タグ:美人


708: 可愛い奥様 2014/04/09(水) 14:19:56.57 ID:45kaa1ZU0.net
同級生に15歳から4年間も体を売ってる子がいた。
60歳以上の社長に月30万お小遣いもらってて、高校には進学せずバイトもしない生活。

私は普通の学生だったので、ブランド物や車も20歳まで持って無かったんだけど、
「車もないの? かわいそー。 安い服ばっかでかわいそw 私の服あげるよ? 」などと会う度に馬鹿にされたので、美人で可愛い子だったけど大嫌いになり疎遠に…。

それで、19歳の時社長に捨てられ知り合いのスナックでバイトしてたらしいが、妻子持ちのドカタのオッサン(当時40歳くらいw)と知り合い3ヶ月で同棲、2年ほど同棲して、略奪婚。

略奪婚して1年で女の子出産。

友達がどんどん減って、今は1人しかいないみたい。早く離婚してほしい。

結婚した時も、友達に「私の旦那自営業なの!お金持ちなんだ♪」と自慢をしていたらしい。
ただの一人親方じゃんwと、失笑されているのに気がつかないおバカさん。

私の仕返しは優しい旦那さんと結婚してマイホーム建てて、新車を買ったこと。

彼女はマイホームは無理みたいだし、社長に買ってもらった車は別れた時に取り上げられたので、今はボロい中古車乗ってるw

続きを読む

クラスが崩壊してワロタwwwwwww

1 :名無しさん@おーぷん:2017/10/04(水)00:26:13 ID:mhN

もともと男女の仲が悪かったんやが女子のイジメにうんざりしてた男グループがおちょくりながらいじめに言及して
「いじめとかしょうもねwww」
「日本語わかりまちゅかーwwww流石国語毎回欠点はちゃうなーwwwww」「てかお前髪色うんこ色やけど髪型もうんこやんwww」
「うんこオブザイヤー受賞wwww」
とか色々わけわからん事いいまくっていじめてた女子ブチギレて教室飛び出し取り巻きもどっか行った
しかしいじめられてた子に男グループが絡む事なくいじめられてた子は呆然
んで次の日から恐らくイジメはなくなったっぽいんやが、男グループがいじめられてた子に急に仲良くし出してイジメ女子達は早退
それから休む奴が増えまくって日によっちゃ15人くらい休むようになった
一方ワイインキャは誰にも絡まれる事なく今日も平和
続きを読む

312:名無しさん@HOME2008/09/15(月) 01:32:14 0

すみません。
新車購入して旧車クレクレされた車に見事なペイント?されたカキコは
ここの前スレでよかったでしょうか?
似たようなことになったので、書いてもいいかなぁ?
続きを読む

311 :彼氏いない歴774年2009/06/15(月) 01:03:13 ID:0bcC6Hy7

まさかの修羅場\(^O^)/

休日に職場の同期(男)にファミレス呼び出されて、
何かと思ったら、
その場にいた女の人に、いきなり水かけられた。
何か「最低」とか「浮気相手」とかわめいてたけど、
こちとら何のことかさっぱり。
というか、この人誰。

ポカーンしてたら、同期が「こいつ俺の彼女…」とボソボソ。
とりあえず、わけのわからないまま彼女に睨まれつつも着席したら
「彼と別れろ」だの「ブスのくせに彼女いる男に近づくな」
だの散々言われた。
やっと浮気相手だと勘違いされてると気づき、
困って同期を見るも目を合わそうとしない。
仕方ないので、彼女と話し合い(ほぼ尋問状態)、無実を証明。
彼女が「なんで嘘つくの!浮気相手は誰なの!」
と同期に食ってかかっているのを横目に
そそくさと家に帰りました。

同期の浮気相手は、同じ職場の先輩でした。
「浮気ではなくて本気だし、美人な先輩を泣かせたくなかったから、
無関係で口外しなさそうな私を呼んだ」
とのこと。
わけわからん。
配属された後、唯一の同期だったけど、もう縁を切りたい。
続きを読む

438:名無しさん@お腹いっぱい。2015/06/12(金) 06:02:30.08

騙されて臓器でも売られるんじゃないかという出会いだった
俺、ガタイがいいだけのブサメン、これ大前提な

大学生のころゼミが一緒になった人らが親睦会しようって、日曜日の夕方に駅の近くで待ち合わせしてたんだ
でも待てども待てども誰も来なくて、二時間ぐらい待ってたかな
幹事の携帯に電話したら電源入ってないって言われるし、メアドは聞いてないから途方に暮れてた

そしたらDQNなタバコ加えたギャル男とギャル女タチに絡まれて

「なぁニーチャン、何やってんのw」

「ずっと立ってるよなw」

「すっぽかされた?」

「じゃあ金余ってるよな?」

と年下からカツアゲされた

あー、カーチャンから友達できたから飲みのお金貸してって頼んで、カーチャンが喜んで差し出してくれた金だからなー

ぜってー渡したくねーなー
とタヒんだ心で考えてた
てかDQNってマジ腰パンに手突っ込んでガムクチャクチャさせてんのな

ピアスギラギラだけどがに股だから俺よりかなり目線が低くてあんまり怖くなかった
でも人数で押し負けてるし、どうするかな、男なのに叫び声とかないな
と3秒程考えていると

「ゆっくんおまたせーゴメンね!長引いちゃって!早く行こ!」
とヒールを履いたスラリ長身の美人なオネーサンが俺のところまで来た
もちろん知らない人
オネーサンはDQNを押しのけて俺の腕を掴んだが、180ある俺と目線が殆ど変わらなかった

呆気にとられているとオネーサンは俺を引っ張り歩き出す
ついでに俺に話しかけてたDQNの足をヒールでむにっと踏んで
「ふふ」と言っていた

「これで歩けないね」と耳打ちしてたオネーサンはかなり迫力があった
そのまましばらくオネーサンは無言で俺を引き連れ歩き続けた
え、何コレ、俺怖いところに連行されて臓器売られたりすんのかな
とかビビりまくっていたが、駅前の551の蓬莱の店までくると、ぱっと手を離した
続きを読む

65: 恋人は名無しさん: 2009/08/19(水) 20:47:22 ID:2aAUJuHG0

ひょっとして微妙にスレチかもだけど……。 

A子は非常に美人なんだけど、男運が悪くていつも暴カ癖のある男とばかりつき合って 
骨折&歯を折られる&ケータイを壊される&公衆の面前で土下座させられるなどなど 
ひどいDVを受けていた。 
さすがにこんな男とばかりつき合うのが嫌になったA子。 
「とにかく性格が優しい人とつき合いたい!」と言うので、男友達の中で一番優しくて 
大人しい人を紹介した。 

それから一年。 
A子がまた包帯をするようになり、不思議に思って男友達のアパートに行った(アポなし) 
するとぼろぼろのA子が泣きながら出てきて「ねえ、病院連れていってくれる?」 
男友達「てめー!勝手に出るんじゃねー!」と怒鳴り散らす男友達……。 
男友達は全然そんな人じゃなかったので顎がはずれそうなほどびっくりした。 
驚いて「ちょっと!どうしたの!?」と聞くと、男友達は「別にいーんだよ、こいつはなぐっても」 
と吐き捨てた。それを聞いて、特に表情もかえないA子……。 

私が立ち入れる空間じゃないと思って逃げ出した。本当に怖かった。 
DV癖というか、とにかくそういう男を創り出してしまう女っているんだね。
続きを読む

1:風吹けば名無し2017/08/30(水) 19:53:46.60ID:ekSdnSlfM
波風立てず気づかせる方法ないか
続きを読む

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2017/08/26(土) 06:04:21.446ID:+zWXLozY0
なんでこんな奴らがいるんだろうな
続きを読む

177: 恋人は名無しさん 2017/08/14(月) 22:59:32.70 ID:Mr9mTgHE0
すいません質問させて下さい

この前彼氏と友達に紹介しました
美人な友人なのですが、彼氏と一瞬で打ち解けていました

私と彼が仲良くなったときは、
本当にちょっとずつ距離が近づいていったという感じで、
LINEやTwitterのアカウントを知ったのも
知り合ってから数ヶ月して打ち解けてから、といった感じでした
そういうステップを踏まずに、一瞬で彼氏と友達が打ち解けて、
LINEやTwitterのアカウントを教え合っているのにモヤモヤしました

じゃあなんで紹介したんだと言われるかもしれませんが、
ちょっと機会があったし、自分にとっては
一番仲のいい友達と彼氏を顔合わせておこうくらいの気持ちで、
こんなに仲良くなるとは思いませんでした

すごくモヤモヤしてしまって、彼氏に
「美人にはあんなにデレデレするんだね」と言いましたが、
「美人だから打ち解けたわけじゃなくてあの人のトーク力が凄いという話だよ。」
と言われました。

今日はTwitterで、リプライを飛ばしあっていました。
嫌だと伝えたら、
「じゃあ残念だけど君の希望だってことは伝えた上で
お友達の連絡先全部消すね。」
と言われました。

それだと私の面子が潰れるというのを分かってくれないし、
そもそもなんで私にはなかった様なペースで心を開いたのか
とモヤモヤしています。

美人に目がハートになったらなったで
そういうみっともない自分を認めればいいのに、
コミュ力とかなんだとか、
カッコいい理由をつけようとしたのにも腹が立っています。

変な日本語かもしれませんが、どう気持ちの整理をつけたらいいんでしょうか
私も彼氏も友達も19歳です。
続きを読む

23: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2014/03/05(水) 08:38:40
同じアパートにすごく綺麗な女の人がいたんだよ。
それで俺もちょびっとだけ好きになりかけてたんだけど、
男だった。
タヒにたい
続きを読む

このページのトップヘ