タグ:給料

549: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/13(木) 01:25:07.44
夫が単身赴任して丸3年。
先日夫に「もう限界。会社に転勤願い出して。」と言った。

今日、会社から承諾するとの返事が貰えたらしい。
はっきり言って嬉しかった。
これで何もかもが好転すると思った。

でも夫が言った。
「これで一生出世はない。給料も3割減。」
私、大変な事しちゃったんだよね。
続きを読む

255: 可愛い奥様 2011/08/05(金) 13:56:55.16 ID:hFSu10h40

ちょっと遠くまで、車で花火を見に行くことにした。

入場料タダだし。(←重要)

そうしたら旦那が 
「せっかくだから、そのままどこかに泊まって・・・」と。 
いやいやいや。帰れるし!安くても1万くらいかかるし! 
「夏なのにどこも行ってないから、
お前を楽しませようと思って・・・」って。orz 

旦那の気遣いは、マジコマじゃなければありがたいけどね。

「たまには友達とパーッと
ケーキ食べ放題でも行っておいでよ」 

「(旦那の友人たちとの飲み会)お前も一緒においでよ。
ずっと飲み会とか行ってないだろ?」 
「我慢しないで、好きなもの買っておいで」 
・・・だからマジコマじゃなければ、やってますってば! 
優しいけど、ムカつく。 

一応「ありがとう。でも大丈夫」
と張り付いた笑顔で答えるけど。

続きを読む

242: 名無しの心子知らず 2017/07/28(金) 19:34:46.77 ID:16yv6Qpp
4月から復帰
私より1年前に出産した人と同時に復帰したんだけど、その人が
子供の風邪が続いていて担当の業務を外して欲しいと言っているそう
そして、その穴埋め分の仕事を私にやってもらえないかと打診が来た
他の人は余裕が無いからだけど、私の時短の意味は…

子供の体調不良は仕方ないけど、私はできるだけ穴を開けないよう
夫と交代で休んだり、中距離の親に来てもらったり、
病児保育に登録したりと色々工夫して乗り切っていたのに、
それが無駄な努力というか、その分できると思われて
仕事を回されることになるとは思わなかった

その人は育休から復帰しないんじゃ無いか、
復帰しても辞めるんじゃないか、と上の方で言われていたから
あまり働く気は無いと周りも認識しているけど、
倍以上の業務を任されて
それでも時短だからその人と同じ給料とは納得がいかない
続きを読む

223: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 07:04:33.74 .net
俺、はい給料(月末、手渡し)
嫁、いくら入ってるんだ?
俺、同じだよ、給料あがらない
嫁、ちっ、離婚届持ってくるか

朝から、離婚て言葉口にするか…
嫁の給与は、どこへやら

離婚するかな
続きを読む

891: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 09:51:15.90 ID:GEHCGRK5.net
友人が結婚した。暫くして「式を挙げるので来て欲しい、あと受付をお願いしたい」と打診があって、快くOKした。 
こちらは関西、あちらは関東。 

「ホテルはこっちに知らせてくれればこっちで予約する、割り引きで取れる」との事だったので予約をお願いしておいた。 
式の5日前に「予約をお願いしたホテルの場所や金額を教えて欲しい」と連絡したところ、何とホテルを取っていない事が判明した。

慌ててこっちでもホテルを検索。でも土地勘の無い場所だから苦労するし、拓けた場所+ぎりぎりの日取りだから会場からかなり離れる上に高い。 
何とかホテルは取れたものの、ご祝儀や交通費に宿泊費、全部合わせて1ヶ月分の給料が飛んだ。 
結婚式だったら宿泊費や交通費はあちら負担が常識なんじゃないかと思ってたけど、こちらからは言いにくい。
おまけにお願いしておいたホテルも取ってなくて、あちらは他人事状態。

こちらもホテルの確認をもっと早くすべきだったとは思うけど、ホテルの事についての謝罪も無いし式が終わったらとっととFOしようと決めた。

続きを読む

949:名無しさん@お腹いっぱい。2015/05/03(日) 10:52:32.62
俺の母親が骨折して要介護になったので嫁に頼んだんだが
嫁が俺の母親の介護をするならその分の給料をよこせと言ってくる
嫁は父の遺産があるのでそこから支払えば良いと言うのだが
母親と妹が反対する
俺も親父の遺産を使うのはあまり良い気がしない
嫁は仕事を辞めて介護をするのだから、その分の給料を貰aうのは当然というが
俺は家族なんだから助け合うべきだと思う
そう言ったら嫁は「あなたね、私のじゃない」と言った
確かに嫁の両親は俺の家族じゃないけど
なんかなーと思った
たぶん、介護サービスとか使うことになると思う
ごめん、ただの愚痴
続きを読む

このページのトップヘ