タグ:結婚

1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/13(日)21:17:10 ID:46Y
2年付き合った彼女と結婚の話が今出ています。
彼女が専業主婦になりたいと言ってるんですが、
俺はどちらかというと反対です。
俺の親も共働きが普通だと言ってます。
彼女は要領が悪いので何年勤めても仕事がうまくいかず
人に迷惑をかけるから家庭に入りたいと言う。
これって言い訳だと思いますか?
続きを読む

764: 名無しさん@HOME 2015/07/28(火) 15:56:48.54 0.net

友人「弟君結婚したんだってね~、披露宴しないって言うしお祝いくらいあげなよ!
(弟嫁)が(私)は何もしてくれない、嫌われてるのかなーってしょんぼりしてたよ」
私「結婚したの?いつ?」

友人「えっ」
私「本人たちから何も聞かされてないんだけど、親からも」
友人「ホントに?」
私「うん、さすがにそれで何もやらないほどアレじゃないわ」
友人「ですよね」
私「自分たちからは何も言わないけどどっかから情報仕入れて祝えってこと?」
友人「そういうことなんじゃない?」
私「めんどくせえええ、何でこっちがそこまでしてやらないといけないのさ」

弟嫁は友人の職場の部下、私とは全く面識がない
これからめんどくさそう。勝手に悪者にされそうでこわひ
続きを読む

【前編はこちら】
176:◆fznaF0uGH62011/11/11(金) 17:21:47.09ID:LAubAW7I0
ただいまー
仕事で遅くなってしまった・・
ちょっと残務処理しながら
22時~23時くらいには書き込もうと思います
続きを読む

283: おさかなくわえた名無しさん2017/07/30(日) 09:02:17.25 ID:LygMsUlL

ここ女性が多そうだから
ちと愚痴もかねて相談

三十路独身なんだけど
そろそろ結婚ヤバいなと焦ってるわけです

モテる人種ではないけど
今まで数人の女性との交際はあるから
絶望的ではないんだろうとは思いつつも
自分の生活では女性と知り合えることもなく、
重い腰あげてとある婚活に
有料会員登録してみました

正直に言うともうちょっと
女性からのリアクションあると思ってたけど
思いの外、評価がなくげんなりしております

で、最大の原因は何なのかを
知っておきたいんです
以下、自分のマイナス要因になりそうなもの
挙げてみますので意見頂ければ

168センチ72キロ
高卒、大学中退

工場勤務正社員
年収450

長男
実家住まい

喫煙者
酒一切飲まない
趣味釣り、暇潰しにパチ

やはりタバコとギャンブル?
ギャンブルは土日で
やることないなぁって時に
嗜む程度だからやめろと言われればok!
と即答出来るけど
タバコは職業柄やめるつもりないです
続きを読む

943:名無しさん@HOME2009/02/03(火) 18:38:50
週末の話。
コトメちゃんが暖かくなったら結婚したい、と言う事で
彼氏を義実家に連れて、私たち夫婦も顔合わせをした。
こんな時ばかりは外面モードONのトメ、
「大事なコトメの選んだ人だもの。反対なんかしないわ〜ン
彼氏君も、実のお母さんだと思って、
遠慮なんかしないで何でも言ってね〜うふ」
とお花畑発言するものだから思わず

「うはwwwありえないっしょwwwwwww
実の親とかww実の子にすら親とも思われてないのにwwwpgr」

「ですよねーwwwwwww
もしかして今までのこと何にも知られてないとか思ってるんですか?」

「アリエナーイwww」
「アリエナーイwwww」
「まさか、オレみくびられてるんすかwwwww?」
「アリエルーwwwwww」
「アリエネーwww」
と、さんざっぱら彼氏君とpgrしてきた。
こっちとしては「思わず」だったけど、彼氏君は端から言うつもりで来たらしい。


続きを読む

820: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 2017/04/06(木) 09:03:19.61 ID:bfxk70nW.net
バツ4の知人。

18~21で一回目、23~26で二回目、
私が知り合ったのは彼女が28の時で3回目の結婚だった。
子供のいない夫婦で、うまくいっているように見えたんだけど、
ある時近くに住んでいた彼女の友人が離婚して地元に帰ってしまった。
それからしばらくすると彼女も離婚して自分の地元に帰ってしまった。
一軒家に1人残された旦那さんは何が原因だったんだろうと未だに悩んでいる。
そういえば何してるんだろうと思って連絡を取ったら、
4回目の結婚をして東京にいるらしい。彼女は現在30歳で子供はいないみたい。
お祝い送るよ、と言ったら、いつ離婚になるかわからないしいらないよ~あはは~って笑っていた。
結婚て、一生添い遂げる覚悟でするものだと思っていたからなんか衝撃
続きを読む

このページのトップヘ