タグ:結婚


114: 名無しさん@おーぷん 2015/12/18(金)22:41:42 ID:Fgb
いいかげんうんざりしてきたので吐き出させて。
文章をまとめるのが苦手で、ダラダラ長くなるので、嫌な方はスルーしてください。

私の兄と、私の高校からの友人A子が結婚して3年になる。
兄はモテる人で、身内の恥になるけど、兄じゃなかったら口も利きたくないほどの浮気症。
A子はいわゆるいいとこのお嬢さんで、普段は控えめなんだけど、
思い込んだらコレしかない、みたいに、ちょっと頑固なところがある。

兄とA子の関係は、A子の一目惚れから始まったんだけど、私は一切取り持っていない。
むしろ、女の子をとっかえひっかえしている兄に、A子にだけは手を出すなと釘を刺したくらい。

兄も初めはそんなつもりはなかったみたいなんだけど、初めて結婚を意識した女性の親御さんが
兄の身辺調査って言うの? をした結果、結婚に大反対され、婚約にも至らずご破算になった後
いつの間にかA子と付き合っていて、そのまま結婚に至った。

恋人期間は兄の浮気性もなりをひそめていたようだったし
私も、兄は本当に性根を入れ替えたのかもしれん、と思って、2人の結婚を祝福した。
ちなみに、A子のご両親も兄の調査をしたみたいだけど、付き合っている間は潔白だったそう。

ところが、無事に結婚出来たことで安心したのか、兄の浮気症、再発。
結婚して半年も経たない頃だった。そこからがもうめちゃくちゃ。
仕事関係の女性と既婚女性は避けているようだったけど
それ以外だったらプロアマ問わず、老若問わず、美醜も問わず。
A子はそのたび泣いていて、でも好きだから別れるのはイヤだとか
夫(兄)が浮気するのは私(A子)が至らないからだとか言っていた。

私はそういう話を全部A子から聞いていて、兄に意見してみたり
いくら好きで結婚したとはいえ、我が兄ながらあの遊びグセはもう病気みたいなもんだから
A子もまだ若いんだし、離婚して人生やり直した方が、等とアドバイスをしたりしていた。

正直、兄の浮気の話って、身内の性的な話なわけだから、聞きたくなかったんだけど
兄のこともA子のこともよく知っているのは私くらいだし
それにあんなんでも私の兄だから、兄が友人に迷惑ばかりかけて申し訳ないという思いがあり
文字通り泣き暮らしているA子の話にはなるべく付き合うようにしてきた。
続きを読む



459: 名無しさん@おーぷん 2016/11/16(水)23:23:10 ID:A7r
親というか私が原因で息子の婚約が破談となってしまったのですが、
息子が元婚約者に対し慰謝料を支払った場合、
息子に対し私が慰謝料を支払う可能性はあるのでしょうか?
親子間のトラブルは基本的に民事不介入で支払いの必要は無い、
と聞いた事があるのですが…
続きを読む

 
664: マジレスさん 2017/02/02(木) 09:16:13.35 ID:PARvSMIQ
長文すみません。
相手33男、私24女です。

現在8ヵ月お付き合いしている彼氏がいるのですが、
相談させてください。

この8ヵ月間、とても大事にしてもらっていると
感じていました。
片道2時間の遠距離ですが
土日はほぼ毎週会っていましたし、
お盆も年末年始もずっと一緒でした。

しかし、先日彼に本当は
子どもがいることを告げられました。

彼が24のときに離婚し
バツイチとは聞いていましたが、
子どもはいないと聞いていたので
かなりの衝撃を受けました。

子ども2人は前妻が引き取り、彼は毎月
養育費+その時に必要なお金
を払っているようです。

嫉妬したのもそうですが、
何より今まで嘘をつかれていたことが
ショックでした。

彼は非常に落ち込んだ様子で
「俺の内面を知ってもらう前に教えたら、
付き合えないと思った。
いざ付き合い始めたら、(私)と離れるのが怖くて
言おう言おうと思ってたけどずっと言えなかった。
このことを受け入れてくれたら一生大事にする。」

この件に関しては、
一旦電話を切ってしばらく考えた結果、
ちゃんと教えてくれたことに感謝して
受け止めることにしました。

しかし大きな嘘をつかれていたことで、
他にも嘘があるんじゃないかと不安になってしまい、
先週会ったときに彼の携帯を見てしまいました。

そうすると、見ない方がよかったものが
たくさん出てきました。
  続きを読む



391 :名無しさん@おーぷん
20代前半の頃、結婚した途端に元夫からのDVとモラハラが始まり、
義兄にもイビられ約2ヶ月のスピード離婚しました。
離婚も修羅場だったけど、その後に起こった恐怖の出来事です。

親友(女)の支えですっかり立ち直った頃、知人が出演するというパーティーに誘ってくれた。
立食したり、親友の男友達と話したりしながら知人の出番を待っていると、
目の前に見覚えのあるバッグ?背丈・後ろ姿…

はい元夫発見。

げぇっ と思ったけど会いたくないのは相手も同じだろうし、
親友が知ると”帰ろう”と気遣われそうだったので
「ちょっと場所変えよう」とさりげな〜く壁際へ移動。

背をもたれ顔を上げると…さっきの後ろ姿。何で?たまたま?
「やっぱり立ってるの疲れちゃった。ソファー席に行こう」今度は別のブースへ。

空席を探していると…フラリと同じブースへ入ってくる元夫。

なぜか目は合わない。

幸いな事に席は全部埋まっていたため再び移動。でも…いる。

右へ行っても左へ行っても、前を向いても後ろを向いても…いる。



続きます
続きを読む




325 :名無しさん@おーぷん
嫁の父親から聞いた、昔の又聞きの修羅場

義父には姉がいたそうで、旧帝大を出て間もなく同期の弁護士と結婚した
旦那さんは学生で旧司法試験に受かるぐらいだから相当頭が良かったけど
義父が顔を合わせたり結婚式で様子を見た印象では、感情を表に出さなくて何を考えてるかよくわからない人だったらしい

それでも奥さんである義父姉のことは愛してたようで、感情を出さないなりに家事とか色々手伝って
記念日や誕生日は必ず祝って休暇が取れたら一緒に旅行にも行ってと、結構尽くしてる感じだったそう
でも義父姉さんはどっちかというと打算で結婚した部分が大きかったようで、結婚から何年も経たないうちに浮気

義父家族に間男を加えて話し合いをした時、旦那さんはいつものように淡々としてたそうな
興信所の調査結果を出しながらこれこれこういう時にこういう浮気をしてたって感情もこめずに説明して
義父姉が泣いてすがっても間男や義父両親の顔色が変わっても
機械みたいに一切ペースを変えないで、そのまま離婚を宣告
あまりに理性的すぎて義父も気持ち悪かったそうだけど、
義父父はそんな態度が気に入らなかったようで
「こんな態度じゃ娘が別の男に走るのも当たり前」
「むしろこうなることを狙ってたんじゃないか」
「お前みたいな機械との子供を作らなかったのは正解」
「間男の方が人間味がある」
などと、被害者のはずの旦那さんになんでそこまで言うのかってぐらい罵詈雑言言いまくって
それでも何も言い返さないのをいいことに
「悔しかったら怒ってみろ」と馬鹿にした感じで言い放ったら
旦那さん絶叫しながら飛びかかって、義父姉と間男と義父父を半杀殳しにしたそうな


ガラスのテーブルを叩き割って
自分が血まみれになっても止まらないあまりの暴れっぷりに義父と義父母は止めることもできず、
収まってから病院に行ったら四人とも最低二ヶ所骨折、
発狂レベルで殴ったり暴れたりしてた旦那さんが一番大怪我だったらしい

この後、
慰謝料と治療費・示談金の相杀殳って形で金銭を動かすことなく決着したそうで

旦那さんは今も弁護士を続けてて、義父姉はその後50代で病タヒ、
間男は騒動後全く知らないとのこと
大人しい人ほどキレたら怖い、
だからタヒにたくなければ絶対に怒らせるなと遠い目で〆てました
続きを読む




332 :名無しさん@おーぷん
ごめん、長い上に書き慣れてないから読みにくかったらごめん。

この時期になると思い出す。
私は都内に就職して住んでて、田舎は東北の被災地域。
震災が起こって1年か2年で、結婚話が出た。
両家の親と都内近郊の親戚で式。
披露は、それに会社関係と友達を呼んですることにしてた。

当時は被災して1年ばかりで、ご近所は避難、親戚は仮設住まいか居候だった。
だから、私の結婚式があるという事を聞いた地元の人や親戚は舞い上がり、
東京観光ついでに出席すると言い出した。
そして、周りにいい顔したい母がこれを引き受けてしまった。
田舎からくる人の方が多いくらいで、ツアーも組まれた。

前提として、
うちの田舎の祝い事は、男は上げろ、女は下げろの男尊女卑。
主役はけなされ、身内はとにかく謙遜通り越して卑屈になる。
なんでかって言うと、
助け合い精神で、大きな家は不幸があった家に全財産叩いて同情しなきゃならない。
それで潰れたり、衰退した家が何軒もある。

だから家族以外には、いつも不幸だって言わないといけない。
幸せな人は、自分の都合は後回しでも周りに尽くさなければならない。

まず披露宴前日、東京案内をさせられた。
当日は、ホテルから披露宴会場まで花嫁が迎えに行き、支度のある田舎の親戚をお連れした。
親の手前もあるし、親戚にあったことを考えれば、ここまでは仕方ないかと私も思った。

「花嫁なんか後回しでいいんだから先にしろ。待ってる間に化粧が崩れた」、と、
花嫁控え室に親戚が来る来る。式場は控え室を急遽変更し、警備員を置くはめに。
ついでに母も出入り禁止にしてもらった。
「みっともなくない? 着物、似合ってる? 恥ずかしいわね。緊張しちゃう」を連発。

お前の式じゃねぇ!! って、かなりイラついたからだ。
続きを読む

このページのトップヘ