タグ:空気

700:可愛い奥様2011/08/01(月) 01:07:24.06 ID:uL+7PdWU0
落ち着いてきたので書いてみる。

隣家別居のウト(故人)は、いわゆる空気な人だった。
孫には興味を持ってたみたいで子守はたまに引き受けてくれたが、
それ以外は本当に空気で、生前の記憶といったら、年末年始に
ただ黙々と年賀状の山を作り出しては「郵便局」と出かけてくいくか、
私の子にしつこく布団蒸しごっこをしかけては私を切れさせてた事くらい。
でも今回の震災で、その印象ががらっと変わった。
震災の時にあわてて探した防災避難用具一式は、
ウトが頻繁に手を入れて常にベストな状態に保っててくれたもの。
ウトが亡くなるちょっと前に話題になった保温シートとか、
高低差の記された避難専用地図も入ってた。
義実家のタンスや納戸には、不器用ながらウトの手で耐震対策が
施されてたおかげで、トメは昼寝中に寝室のタンスで
押しつぶされることもなく、飛び散って砕けた食器類で
怪我することもなく、無傷で済んだ。
たまたま義実家にいた私と息子も同様。
続きを読む

83: 名無しさん@HOME 2008/04/13(日) 15:48:15
私が見た目ひ弱そうだから、奴隷扱いできると思ってるのが見え見えだった姑。
姑に嫌がらせされたり嫌味言われるたびに、
「おばあさんってばボケたんですか?」
「耳遠いんですか?きーこーえーてーまーすーかー?」とおたまで頭ガンガン叩いたり、
「性格悪いね。早くタヒねよww」
「そんなんして老後の面倒私に頼ったら、あんたいびり頃されても文句言えないよねぇ?」
などと言ってたらすっかり大人しくなった。というか怯えてる。

ある日旦那に「あの鬼と早く別れなさい!」とか言っていた。
「酷い・・・私はトメさんと仲良くしようと頑張ってるのに・・・なんで・・・」
と私が泣きながら旦那に訴えたら、旦那が怒って私をかばい逆に鬼姑呼ばわり。
普段は姑を居ないみたいな空気扱いしているがこれが結構堪えるらしい。...
続きを読む

このページのトップヘ