タグ:祖父

13:がぶ ◆HsptrkZmYk2011/08/29(月) 00:56:24.56 ID:lFPESDbx0

10年くらい前に、祖父の家で開かずの間(みたいなもの)を見つけたんだが、その時の体験。


俺が高2の時に、祖母ちゃんを早くに亡くし、1人でデカイ家に住んでたじいちゃんがとうとうタヒんだ。
祖父ちゃんは、戦前から鉄工所を営み、その鉄工所はこの町一番の規模で有名だった。
天皇陛下に瑞宝章を賜った、町の有名人。

住んでる家も、木造だがかなりデカく、俺等 孫はよく遊びに行ってた。
祖父ちゃんの49日が住んで、祖父ちゃんの書斎を整理する事になり、親戚一同が集まった。
男手も必要だということで、俺も参加させられた。

書斎の本棚には、鉄鋼関係の古い専門書やアルバム、釣りの本でぎっしり。
それらを本棚から出し、一ヶ所に集め、親戚の叔母さん達が何やら振り分けてる。

今度はその巨大な本棚を、男連中(伯父さん達や俺)が屋外に出すということで、5人がかりで動かしたんだが、その本棚の裏に小さな引き戸があった。
続きを読む

904:名無しさん@おーぷん2017/02/11(土)09:15:28 ID:3GS
まだ大学生の携帯所持率が七割くらいだったころ
我が家は同居の祖父の借金を親が肩代わりしてたので
携帯なんて贅沢品は持てず、就活の連絡は全部家電だった

大学の成績も良かったし、大学側からもこんだけ頑張ってきて
成果も残せるんだから就職も大丈夫と太鼓判を押されてた
実際大学推薦ももらった
でもどれだけ頑張っても電話が鳴らなかった

親に聞いても誰も知らないという
時間ばかりがたって、周りは皆就職決めていく中、私だけ決まらなかった

あるとき大学から呼び出された
「大学で推薦出した企業との約束を連絡もなくキャンセルするとはどういうことだ」
驚いたし「連絡なんて何もない」と伝えたら、大学側も事情を調べてくれた
結果、企業は家に連絡を入れていたが、それを祖父がとり、丁寧に対応し、
そのまま祖父の手で握りつぶされていた

平日は親は働きに出て私は大学と就活に走り回ってるんだけど、
その間祖父は電話の前で正座して電話がなるのをずっと待っていた
鳴るとワンコールで出ていたため、登録していた留守録に切り替わらなかったようだ
祖父は働いてたときの名残でものすごく丁寧に受け答えしていた
(あとから音声データをもらった)
そして電話を切った瞬間、誰から電話が来たのか、なんの内容だったのか、すっかり忘れていた
親もお金関連でやられて損害を出していた
調べるのに時間がかかり、全て水の泡になってからわかったことだった
祖父の認知症の始まりだった
電話に出たときだけ仕事の癖がでてテキパキ対応できたらしい
医者から「借金も認知症で騙されてつくったものかもしれない」と言われた
でもどうにもならなかった
それからは自分の就活より、昼間祖父を一人にしておけない!と祖父の介護が始まり
電話を使わなくなった途端認知症がどんどん進行
気づいたら30歳の深夜のコンビニアルバイター正社員の職歴なしのゴミクズに成り果てていた
そこから抜け出せず今祖父の介護しながらワープアしてます
どこで人生まちがったのかな

続きを読む

136:可愛い奥様@2014/05/07(水) 13:54:11.67ID:CzBP5qLH0

>何か不幸事があった時に私のことを嫌いな人から
>「あー、因果応報だよね、ざまあみろ」

私が中学生の頃、近所の同年代の女の子が
学校帰りに攫われて無理矢理△△△コロされるという無残な事件があったんだけど
あちこちで「じいさんの罪が孫に巡ってきた」と話になってた
タヒんだ女の子の祖父は若い頃に△△△をしたけど
当時その祖父の家は戦前の地主で権力があったから
被害者は妊娠までしたのに泣き寝入りだったらしい
田舎だから40年以上経ってもその事件を覚えてる年寄りは多くて
「因果応報だよ」とあちこちで言われて
しばらくしてそのおじいさんも変なタヒに方をした
因果応報というといつもこの出来事を思い出す
続きを読む

551: おさかなくわえた名無しさん@転載は禁止 2014/09/11(木) 23:50:28.10 ID:MmV++2Ic

プランターの話見て思い出した
昔祖父がうちと隣の家の境界に竹垣を立てた
別に危なくもないし、高くもなく、日をさえぎることもない普通の竹垣
隣の家にはみ出してもいないし、誰にも迷惑をかけていない竹垣を自分の敷地にたてた
そうしたら、怪文書が届いた
「私は近所の代表の者です。みんなお宅の竹垣に反対しています。AさんもBさんも反対しています。
 私もです。これは証拠です。今すぐ中止してください。」

というご近所であるAさんBさんの署名付の文書だった
それでうちの祖父がさっそくAさんBさんに確認しにいったら「知らない署名なんてしてない!」
とみんな気味悪がってた時にフと気づいた
うちに隣接している家は3軒、AさんBさんとCさん
なのにCさんの署名も名前も一切書かれていなかった
絶対犯人Cさんだろと目星をつけ確認にいったらあからさまに慌てた様子で
「そっ…そんなことしてない!し…証拠はあるのか!しらないぞ!」ってw
でもその後怪文書が再び届くようなことはなく、AさんBさんも竹垣のことはなんとも思ってなかった

いまだに気になってるのは、うちがうちの敷地内に竹垣を建てて何が悪かったのか?ということ
AさんBさんにも相談したけど二人とも不思議がっていたらしい
続きを読む

【②はこちら】
888:8852008/04/11(金) 00:01:22
思い返していたら、マジで涙出てきたorz

嫁は元々妹の友達だったんだけど、明るくて元気で前向きで、
趣味も多いみたいだし、いい子だと思ってたんだ。
嫁と妹との交流がきっかけで付き合い始めて、
半年前に結婚したんだけど、交際期間が短くて、
正直なところ嫁のことをきちんと理解する前に結婚してしまった。
恥ずかしい話だけど、俺今までもてたこと無くて、
結婚とか、あせってた面もあると思う。

結婚直後に、祖父が亡くなった。
俺は実家を離れて暮らしているから、取るものもとりあえず実家に駆けつけたんだけど、
その時に嫁も極当たり前についてきてくれた。
それは嬉しかったけど、実家について最初の一言が
「うわー、すっごい古いお家。くずれそう」
俺の実家は確かに古いけどさ、それって今、俺の前で言うことか?って思った。
思えばそこが始まりだったんだけど、そのときは祖父のことがあって、
そのことは頭からすっぽり抜け落ちちゃってた。

嫁は葬式が終わって帰ってきてから、寝室で一人でぼーっとしてた。
俺、祖父にかわいがられていたから、結構ショックだったと思う。
そうしたら、嫁から

「ケーキ焼くから一緒に食べよう」
って。

「いらないっ」
て言ったんだけど、

「もうお葬式も終わったのに、いつまでくよくよしてるの?
おいしいもの食べれば元気出るよ」
って言われた。

すまん、嫁が気づいたかも…残りは明日の夜にでもまとめます。
続きを読む

【後編はこちら】
896: 素敵な旦那様 05/02/17 02:18:25
嫁が帰ってきません。
さっき電話で
「帰らん」と言われた。
以前からちょっと行き違いって言うか、喧嘩みたいなのはしてたけど。
「言いたい事なら聞くから」って言ったら、職場からFAX送ってきた。
全部俺が悪いみたいな書き方。
何であんなに気が強いんだよ。
ここは俺が謝るべきなのか、嫁が謝るのを待つのがいいのか、親切な人教えてください。
続きを読む

231: 名無しさん@HOME 2013/04/23(火) 11:31:24.88 O
ちょっと微妙で修羅場じゃないかもしれないけど、
フェイクありで投下 

会社の飲み会で行った居酒屋で
何かやかましい連中と一緒になった 
酔っ払って騒いでるのかと思ったら、
どうも連中の一人を吊し上げてる様だった 
人が沢山居る中で公開処刑とか空気悪くなる一方で、
周囲もイライラしてたんだけど、その標的になっているのが
中、高と一緒だった後輩Aだとしばらくしてから気がついた 



続きを読む

402: 名無しさん@おーぷん: 2015/11/25(水)11:21:41 ID:XDn

祖父の写真を見つけて、衝撃を受けた話。

私の祖父はモダンな人で、戦前の農村でバイオリンを習うような優男(親戚談)だった。
手先が細かく、カメラや時計の修理や裁縫なんかも得意だったそうで、変わった人だと
言われていたらしい。
背丈はあったがぜんそく持ちで、終戦間際まで徴兵を免れていたものの、
村で一番の庄屋さんの長男がお国のために行かないなんて、と非難されて、泣く泣く出兵。

手先が得意だからという理由で飛行機の整備をやらされたりしていたらしい。
その後、南の島で自分の隊が全滅し、たまたま伝令に出ていた祖父だけ生き残って捕虜に。

が、祖父はすごく社交的な人だったので、イギリス兵とすぐに仲良くなり、服を縫ってやる代わりに
英語を教えてもらうようになった。
もちろん当時は非国民!と罵る人もいたそうだけど、そのうち双方から認められて
他の日本兵捕虜とイギリス兵の間の橋渡し役として活躍したのだそう。

日本に帰還した兵士のほとんどが、ぼろぼろの軍服でうなだれて帰ってきたそうだが、
祖父は別れ際にイギリス兵にもらった白に金ボタンの礼服wでさっそうと佐世保港に現れ、
迎えに来た親族の度肝を抜いたそうだw



この前の連休に帰省した時に、祖父と同じ収容所にいた人の身内からそんな祖父の思い出話を聞いて
その後、蔵の掃除をしたら、終戦直後の祖父のアルバムが出てきた。
アメリカ兵が乗るハーレーのサイドカーに祖父がちょこんと乗った写真とか、例の白い礼服を着た祖父の
得意げな写真とか、アメリカ兵に混じってビリヤードをする祖父の写真とか・・・
英語ができるということで、終戦直後にまた色々と人脈を作って可愛がってもらっていたらしい。
ここまで書いたら本人特定されるかな?
この写真テレビに出したらすごく受けそうだなぁと思ったw


続きを読む

265: おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止 2016/10/17(月) 15:37:04.05 ID:1SURcoeV

昔、幼稚園児の息子と娘2人でファミレスに行ったときのこと。 
注文しようとしてボタンを押した所、5、6人のヤンキーたちが 
「おいこっち先に来てよ兄ちゃん!」 
とウエイターを呼んで無理やりこさせていました。 
「すいません私が先にお呼びしたんですが」とヤンキー達に言ったところ、 
「ああん?オメェ何だ?若いもんに譲るのが筋だろうよ姉ちゃん」などとのたまいました。 
私たちは気分を害し、家に帰ることにしました。 
近くにいた女子高生に話を伺ったところ、彼等はいつもその席に朝から晩まで居座っり、他の客の迷惑も顧みずに騒ぎ立てるそうです。 

その数週間後、親戚の集まり(といってもごく小規模なもの)が私の家であって、そのファミレスに行くことになりました。私は気が進みませんでしたが、祖父がファミレスなるものに行ってみたいというもので仕方なく行くことに。 

案の定奴らはいました。 

「あれ、あの女この間の奴やん!おーい、久しぶりーwwww」 
私は無視し、ウエイターに案内された席に着きました。 
「ちょっと無視しないでよーwwwあれ、今日は家族も一緒?」 

祖父が「誰じゃこやつらは?」と私に尋ねたところ、ヤンキー達が「爺さん、口の利き方ってもんがあるでしょうよ?こやつらとは何だこやつらとは」と言いながら祖父を小突きました。 

すると祖父は目にも留まらぬスピードでヤンキーの1人の鼻に何かを突き刺しました。よく見るとフォークでした。 
「ワシは大日本帝国軍で鬼の突撃隊長と呼ばれておってのう...あの東條英機すらもワシには口出しできんかったよ」と言い、皇居の方に向かい敬礼をしました。これは私も初耳(笑) 

「んだとコノヤロー!」と言ってヤンキーが殴りかかりました。しかし相手が悪かった(苦笑)彼が殴りかかったのは空手5段のうちの兄でした。ヤンキーはあっという間にボコボコにされました。
続きを読む

81: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/10/09(木) 07:15:53.80 ID:gHKYmVxh.net
冗談で親子鑑定した。
親子じゃなかった 
表ざたにする気はない。
ショックが強すぎてEDになった

82: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/10/09(木) 17:13:23.34 ID:syVOGjJ4.net
>>81 
嫁は知ってるの?
続きを読む

このページのトップヘ