タグ:破談


370: 愛とタヒの名無しさん 2011/10/15(土) 00:59:06.55
このスレではありきたりかもしれませんが 

姉は男運が無く、 
やっとお見合いで捕まえた真面目でいい人な新郎との披露宴でのこと。 
バターンッとドアが開いたと思えば、 
白タキシードを着た姉の元彼(逮捕歴有り借金有りのヒモ野郎)が。 
ヒモ「迎えに来たっ!」 
姉「ヒモ!ああ、ごめんなさい新郎さん、私やっぱりアナタとは…!」 
颯爽と出て行く二人…。 
会場はざわ…ざわ… 
母親は心臓発作で倒れ、父親と私と妹で出席者に謝罪に回り、 
新郎親戚にはボコボコにされ…いろいろ修羅場でした。



続きを読む


987: sage 2014/05/12(月)21:37:03 ID:yr96CBHaC
付き合って5年、結婚の話が出始め、両家とも挨拶をしてそろそろ日取りを…
という段階で彼が「インドに行きたい」と言い出したこと。

あとで知ったが、うちの親は「結婚が嫌になって逃げる気だな…」と思ったそうだ。
でも彼は私に「一緒に来てほしい」と。
「し・仕事は!?」と聞くと、朗らかに「半年は行きたいからやめる!」宣言。
無職になってインドに行って帰国して無職同士で新婚生活おくれってか?
ていうか私の胃腸がかなり弱いことを彼は知っているのに。

長く話し合ったけど、決意は固く最後は
「ついてきてほしい。いや、ついて来い!」しか言わなくなった。
そして「仕事辞めてきた、これで覚悟決まったよね!?」と迫られて、
相手の両親交えて話し合い、結婚の話は流し、関係も終わった。
最後の言葉は「待っててね!」だった。
誰が待つかよ…。



続きを読む


989: 愛とタヒの名無しさん 投稿日:2011/11/01(火) 11:09:07.44
本文が長いと怒られたので分けます 
携帯からすみません 

数年前の話 

親友A(新婦)が結婚する事になって結婚披露宴に呼ばれた 
新郎と新婦は少し歳が離れていたけど(新郎38、新婦24)新婦は本当に幸せそうで、そんな二人を見てじんわり涙を浮かべながら私も幸せな気持ちに浸っていた 
順調に進行していた披露宴もそろそろ終盤に差し掛かったところでお決まりの新婦から両親への手紙 
涙腺崩壊、感動の嵐だった 
そしてその直後にサプライズで新郎母から新婦への手紙と言うものがあった会場内が一瞬「ん?」と言う雰囲気になるも新婦母はお構い無しで手紙を読み上げる

新郎母「可愛い新婦ちゃんへ
息子の元へお嫁に来てくれて本当にありがとう
こんなに若くて可愛い新婦ちゃんは息子には勿体ないくらいです」
ここまでは良かった
 
ここから先が問題だった



続きを読む


797: 1/4 投稿日:2009/10/14(水) 17:04:19 ID:eU9mMhKC0
付き合っててプロポーズされた人が居た。 
で、親とも会って色々話をしたりしてて、 
家の親も「相手の親御さんがいい人でよかった」って言ってた。 
そして結納をし、もう結婚本決まり!ってなった後に、 
また彼と一緒に相手実家へ。 
そしたら彼母態度が違う。全く違う。 
「こんにちは、お邪魔します」と挨拶しても、鷹揚な感じで「はい」と頷く感じ。 
前なら「いらっしゃーい^^上がって上がって!」とスリッパ出してきたりしてたのに。 
何だろ、私何かしたっけ…と彼を見たらニコニコしてる。 
ホント頭の中?マークだらけになった。

続きを読む


335: 名無しさん@HOME 2014/11/02(日) 23:59:47.15 0.net
真剣に結婚するつもりだった彼女に振られたこと。 

俺の実家は、謙遜なしで資産家。 
周囲の反応からして、いい家柄ってやつらしい。 
それで親父も兄貴も金目当ての女に付きまとわれた経験とか 
あって、家が金持ちだって話は結婚ギリギリまでするな、 
とにかく女の目当てが金じゃないかどうかしっかり見ろ、と念を押されていた。 

でも俺には学生時代から気心の知れた彼女がいて、そんな話は無関係だと思ってた。 
就職後、俺自身は普通のリーマンだったし俺名義の不動産とかは親父に 
任せてたから、家の金のことは気づかれることもなく付き合ってた。 

俺も彼女も20代後半になって、彼女から結婚を意識した発言が出てきた。 
○○くん子供生まれたら節約してね、とか、共働きだから家事は分担ね、とか。 
俺も結婚考えてたから普通に話には乗ったわけで、どんどん具体的になってきて、
結婚式の話が出たとき、いいきっかけだと思って家のことを話した。 
親の面子があるから式は盛大にして、その分だけ親に援助してもらおう、と。

続きを読む


460: 名無しさん@おーぷん 2015/02/10(火)11:03:01 ID:LUG
みんなほどスカッとはしないし、おれが何かしたわけでなない復讐?話。
雪で仕事が捗らないので投下してみる。長いので2つに分ける。

おれは農家の長男。
祖父は兼業だったが親父は脱サラで専業農家になり、数年後雇用を機に法人化。
おれは大学卒業後2年ほど社会勉強した後帰郷して実家に入社、今は役員をやってる。

で、おれには帰郷してしばらくし、付き合った女の子がいた。Aとする。
Aとは地元の友人主催のBBQで知り合い、共通の趣味が多く意気投合。
すぐに交際スタート。
Aはいつもニコニコと朗らかで優しいし、よく気がつくし、美人。おれはベタ惚れ。
おれもちょうど農業に慣れた頃で、1年もすれば結婚も意識していたので、あちらのご両親に挨拶する場を設えてもらった。

続きを読む


893: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/30(金) 12:12:48.13 0
3年前、当時34歳、彼氏は5歳年下、一年付き合って結婚の話が出た。 
うちの両親への挨拶は問題なかったが、彼氏の両親への挨拶が酷かった。
 
まず、「うちの息子はあなたにたぶらかされた」みたいな事で罵倒された。 
年齢の事をぐちぐち
「常識が無い」
「恥ずかしい」
「もうすぐ羊水が腐るのに、子供が生めるのか」
そんな暴言を一時間くらい言われた。 

あげく、「5歳も上の相手をもらってやるから」と条件を出された。

続きを読む


286: 恋人は名無しさん 投稿日:2012/10/27(土) 20:49:58.73 ID:CxnRpTvI0
俺  :26歳  
カノ子:25歳 大学時代の同級生。結婚するはずだった。年齢が違うのは 
       俺が一浪だから。 

カノ子とは大学卒業ちょっと前から付き合いだし約3年、結婚を意識して 
双方の両親に挨拶も済ませた。 
そこへ降ってわいたように
彼女が児童モノの裏ビデオに出演していたことが判明。
判明に至る経緯は伏せさせてくれ。どこで漏れるかわかんないから。 

当然ながら俺はまずカノ子に真偽を確かめようとした。
(ついでに言うと時系列もちょっとぼかしてる。) 
俺も頭に血が上ってたから、真正面から問い詰めてしまった。 
そしたら彼女はものすごく動揺して泣き出してしまった。 
その様子を見てああ本当なんだ、あのビデオの子は彼女なんだと思った。 
小説とかでよく、ショックを受けた時の表現で「目の前に薄い膜がかかった 
ような」というのがあるけど、まさにそんな感じだった。 
俺は彼女に対してすごく腹を立てた。騙された、と思った。
その日はそのまま喧嘩別れしてしまった。(散々飲んで、 
酔った勢いで書き込んですぐ寝てしまった)

続きを読む


851:恋人は名無しさん2010/09/25(土) 00:51:14 ID:yyTfzBZ20

(※下記、リンク先が
>>814の話です。
姉「蕎麦アレルギーなの」彼「了解」→彼宅訪問。彼母「お蕎麦以外ないの。私、毒を盛るような意地悪姑じゃないわ」彼「今だけ我慢してくれない?」逃げ出すも彼弟が追いかけてきて…

>>814

貴方のお姉さんは俺の生き写しですか?

俺は甲殻類アレルギーで、元彼女もそれを解ってるはず・・・だった
元彼女の実家の地方では甘エビが名物で、甘エビを味噌汁に入れるんだ
元彼女の実家に結婚を前提に挨拶に行ったとき、家の食事に甘エビ入り
味噌汁が振舞われたんだそれで俺が「あ・・・エビは・・・」と言いかけると、元彼女とその母親が

「だいじょうぶ、貴方のhは別にして、エビが入ってないから」と言った

それでは、と口にしたんだが、なんだか出汁がエビっぽかったので
聞いてみたら「お椀によそうときに俺のだけエビをよけた」だけだった

これにマジギレで一悶着あった後しばらくしてショック症状を起こして
救急車のお世話になり、そのまま破談となりました
続きを読む

900:名無しさん@おーぷん2016/10/03(月)13:17:01 ID:???
なんかもう、結婚するのが嫌になっちゃった。
今から破談できるかなぁ。破談にしたいなぁ。
彼と一緒に式場と提携してる衣装店に見に行った。
私が仕事が終わってから向かうことになってたから店で待ち合わせしてたんだけど、
ふたりで見るつもりだったのに彼の両親が一緒に来た。

彼母だけならまだしも、彼父の口出しが激しく鬱陶しい。
「とにかく和装!日本人なんだから和装しか認めない!」とか言い出して
和装と洋装の予定だったから説得するも膨れっ面で。
んで、私がふわっとしたドレスを選んでたら
「いい年して(私27)そんなドレスみっともない。
もっと大人っぽいスルッとしたドレスにしろ。(図)」
とかしつこい。
私はチビだから、その手のドレスは余計に貧弱に見えるんだよ。
ていうか、私が着るんだから私に選ばせてよっ!

彼母は彼母で「お父さんが機嫌が悪くなるとお金出してもらえないわよ」って
私に我慢するように言ってくる。
総額を招待客の人数で割って、双方の招待客数で負担するって約束だから
彼父の機嫌が悪かろうがこっちには関係ないのに。
しかも衣装に関してだけは、その負担とは別腹で
新郎の衣装は彼側、新婦の衣装は私側が払う事になってる。
なのに何言ってんだ?

彼、付き合ってる時は俺についてこい!タイプだったくせに
式の日取りが決まってからは、こういうことがある度に
置物みたいにただ座ってるだけで全く役に立たない。
なんかなー。私、間違ったかな。
まだ式も挙げてないのに、日に日に愛情が冷めていく。
今ならまだ引き返せるかな。
どうしよう。

4994097b-s



続きを読む

このページのトップヘ