タグ:知人

774:おさかなくわえた名無しさん[sage]04/05/27 18:09 ID:yTg6/Gkm

ウチは自営業で小さな会社をやっているんだけど、
知人が突然離婚するから正社員の事務員として雇ってくれと言ってきた。
でも資格は何もなし、PCも使えない、経験もない、まともな敬語も使えない、
しかも子供がまだ1歳、実家は当てにならないらしく預けられないから出勤時間の制限付き。
それについてもまったく悪びれた様子はなく
「男の人には分らないだろうけど、子供ってマジ大変。だから毎日は無理でーw
マジ友達じゃん、お願い!」
実は今新しい事務員を募集しているところで、こんな時代だから応募も多い。
ちゃんと資格も経験もある人だってたくさんいる。
(ムリムリ)と思いつつ、オブラートに包んで
私 「毎日来てくれる人じゃないと雇えないしPC使えないとウチは仕事にならないから~」と断ったが
知人「毎日くるよ、じゃあ。てかあの部屋(応接室)にベビーベッド置けばいいしーw PCなんて誰でも使ってんじゃん。やればすぐ覚えるってー」
私 「もう1歳なんだからベビーベッドなんかでおとなしくしてないでしょ?それにあそこはお客さん用だからだめだよ」
知人「つーかじゃあ車において置くから。」
私「タヒんだらどうすんのよ。絶対ヤメロ!」
知人「窓開ければ大丈夫だって~wてかこっから駐車場見えるし」
私 「・・・あの駐車場は会社で来客用に借りてる駐車場。従業員用じゃないよ。それに窓開けておくほうが危ないでしょ」
知人「ねーちょっとマジ冷たくない?マジ困ってるんだよ私・・お願い雇ってくれないとマジ困る」
ずっとこんな感じ。会話開始5分くらいで疲れきってしまった。
この不況に制限付き、しかも給料手取り30万要求する事務員なんて雇ってられねー。
「とりあえずこれ持ってきたんだー読んで読んで!」と履歴書を渡されたが
写真なし、間違ったところはグチャグチャに線を引いて修正してたり、志望動機は履歴書見本そのまま。
(御社の将来性がどうのこうのって言うアレ)
「ウチは慈善事業でも遊びでもないんだよ。絶対雇えないね」と言ったら
「私だって遊びじゃないよ!だからこうして面接にも来てるんじゃん!!」
・・・これ面接だったのか。
明日断りの電話入れるんだけど、またごねられると思うと気が重い・・・。
続きを読む

34 :名無しさん@おーぷん
「生後3ヶ月未満の子を外に出すのがあり得ない、そんな人見たら虐待と思っちゃうわ。」と鼻息荒く話す知人が妊娠中から3ヶ月になった現在に至るまでタバコを辞めない事。

3ヶ月云々は理想ではあるけど就園済みの上の子がいる家庭では難しいだろうしあくまでも理想だと思ってる。
知り合いに2ヶ月で外に連れ出すお母さんがいる事を知ると、唾を飛ばしながら軽蔑する、虐待だ!と怒り出す、タバコを吸いながら。
イライラするからか火を付けるペース上がる。
「ちょっと吸いすぎじゃない?」と言うと「3ヶ月まで外出ないとイライラしちゃうの」だってさ。
そんな知人の下の子が無事3ヶ月になったその日にお子様向けイベントに出向く知人を見て当日に連れ出すなら2ヶ月で連れ出しても変わりないじゃん…と思ってしまった。
続きを読む

930 :名無しさん@おーぷん
何年か前の話。フェイクあります。
私ではなくて友人のやったこと。

10年来の付き合いがある知人A、友人Bと、久々に飲みに行く事になった。
私たち三人は高校の文芸部で知りあった関係で、話すのも小説とかの話。
皆オタクなので、小説といってもライトノベルなんだけど。
Aはずっと「××アニメ化はステマの結果」「〇〇新人賞は爆タヒ確定」「業界は衰退してる」とか、
出版業界や書店に勤めてるわけでもなんでも無いのに、そんな事ばっかり言ってた。
そのうち話題が自分たちの学生時代の作品に移って、Aの矛先もこっちに向いて来た。

A「そういえばC(私)、まだあんなつまんないの書いてるの? アドバイスしてあげようか?」
私「良いよ。私は好きなもの書いてたいだけだし」
A「Bは? いい加減あんなジャンルやめなよ。読者に媚びてるだけだって」
B「いや、俺、もうデビューしてるから」
私「そうそう。今度〇巻目出るんだよね。おめでとう」
B「ありがとう!」

そしたらAは面白いように発狂した。

「今の流行に便乗してるだけでBの作品は面白くない」
「Bを出版させるなんて編集者は見る目が無い」
「携帯で検索してみたが売上も爆タヒしている」
「Bは最低だ。昔からCに良く学食をタカってた」
(1回か2回、財布を忘れたBに学食代を貸しただけ。Aは貸してないはず)
「そもそもあのレーベルはオワコンだ」

それで顔真っ赤にして自分の分の代金も払わないでお店を出て行ったので、
Bの新刊発売をお祝いして、縁切り代かわりに二人でAの代金も払って、解散した。
続きを読む

588: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/06(金) 19:01:02.04 ID:cV/Yzc1l
だいぶ前の話です。 
車に半年以上にわたって嫌がらせされた事がある。 
内容は警察で初めて見たとドン引きされたほど、珍しいというか気持ち悪い類のものなので 
身ばれ防止のため省きますが、 
わたしより両親、特に母が気味悪がって、毎朝わたしの車を掃除してくれていたようで。 
わたしはたまに「またやられた」ってうんざりするくらいだった。 
でも、ある時嫌がらせ現場にニアミスしそうになり、怖くなったので警察署に相談に行った。 
これだけでも当時のわたしにとっては修羅場で、テレビドラマでしか見たことのない鑑識作業やら 
指紋採取、DNA鑑定とか震えが止まらなかった。 
警察の人にはとりあえず張り紙で牽制してもらうしかないと言われ、 
その結果一度は止んだんだけど、しばらくして再発。 
小さい頃からよくしてもらった近所のおばさんが病み上がりで退院したその足で 
家の玄関先で土下座したのが2度目の修羅場。 
犯人はおばさんの旦那さんだったらしい。 
物心ついた時から知ってる人に土下座されるとか、今後二度と見たくない光景です。
続きを読む

73: 名無しさん@HOME 2015/05/01(金) 08:45:10.03
最近あった修羅場。 

今年の春から単身赴任してたら。 
いきなり嫁が単身赴任先の会社に来てると上司から連絡来る。 
何事かと思い本社に行くと嫁ではなく嫁の友人。 
それもいきなり「私は婚約破棄された、今酷く心が乱れているので嫁さんに相談させてもらっていた。

嫁さんが一緒に暮らして良いと言っていた、旦那さんが頷いてくれたら全て丸く収まる」 
と、挨拶も無しに言われた。 
言ってる意味わかんないし、服装も変だし、ちらりと腕に傷があったし 
何より目がもう怖かったので「人違いです」と言ってダッシュで仕事場に戻る。 
上司に簡単に説明したら直ぐに制服さんを呼んでくれて割りとあっさりと帰ってくれた。 
その後上司に車で家まで送って貰いながら嫁に電話して説明したら。 
結婚前に働いていた職場の先輩で止めてからも友人関係を続けていた人だった。 

最近婚約破棄をされ、かなり精神的にアレな状況が続いていたらしく嫁が相談に乗っていたらしいが 
一緒に住んで良いなんて話しはしたことないと言う。 

俺も疲れていたというのもあってかなり厳しく怒ったが嫁が心配なので次の日帰ることに。 
有り難い事に上司は俺が有休の話をしたらすんなりOK出してくれた。 

すまん、次で最後にする  
続きを読む

757: 名無しさん@おーぷん 2015/12/08(火)02:40:51 ID:lTZ
急に思い出したから投下
ある事件の被害者と知り合いだった
そんなに親しくない飲み会でたまに会うレベル
でもすっごくかわいいこだったから印象に残ってた

花見やバーベキューのイベントでは率先して片付けたり周りを気遣う性格も良いこ
番号交換もできなかったけど良い印象しかなかった

一度だけふたりきりになった時、少しだけ話を聞いた
今、夢があってお金を貯めたいからそういう店で働いてる
目標額達成したらやめるつもりそれまで頑張ると
どんな店かは聞かなかったけどキャバか風呂屋かなと思ってた

それから少しして、衝撃のニュース
そのこが店の客にコロされたと

犯人は何百万も貢がされて頭にきてコロしたとそのこの友達に話を聞いたけど
報道は大袈裟
実際使った金額は40万くらいだったとか

でも、たとえ何百万使ったとしても人をコロしていい理由にはならない
夜の世界では貢がせるのは常識

というか、道を歩いていていきなりお金を奪われたなら怒る気持ちもわかるけど
分別のある大の大人が自分の意思でお金を払ったのに騙された、とかありえない
しかも報道やネットではそのこが悪いみたいに書いている人もいてびっくり

本当によいこだったんだよ。
ちいさくて、かわいくて、みんなから好かれてた

それをもてないおっさんが勝手に勘違いしてお金を使って逆恨みしてコロすなんて
たかが40万でコロされるなら、歌舞伎町や銀座で毎日サツ人事件が起きてるよ

本当に悔やまれてならない
あの時、叶えたかった彼女の夢はなんだったのか
聞けなかったことが悔しい

ご冥福をお祈りします
続きを読む

このページのトップヘ