タグ:病気

810: 名無しさん@HOME 2013/05/10(金) 18:56:09.27 0
義兄の長男が自閉症疑いから自閉症と診断されたと 
義兄嫁が泣いて電話して来た。 
でも同情できない。 
我が家の長男は、心臓に疾患があって手術が必要だったけど 
一歳すぎないと手術できないと言われ、一歳になるまで 
興奮させすぎないようにとか制限が一杯あって 
義実家には一度も連れて行かなかった。 
その当時子供が居なかった義兄嫁から「親不孝。神経質すぎ。 
ろくな子にならない。」とかさんざん電話とかメールで非難された。 
子供の手術の日にも読んでも無いのに、やって来て 
「絶対はないからねぇ。やはりまさかの心構えはしておかないとね。」

と言ったので、泣いた私を見て旦那が追い返してくれた。 

その後義兄から「心配して行ってやって、心構えを説いてやったのに 
逆恨みされたと嫁が言っている。」と言われた。 
それから十数年ずっと接触なく過ごしてきたら、高度不妊治療に成功して 
子供が産まれたら急に近づいてきて「従兄弟同士遊ばせましょ。」だって 
その当時うちの子中学生。一緒に遊ぶとかいう年でもないしと断ったら 
「まあぁ心臓が悪い不良品に優しくしてあげるような優しい子に育てるつもりなのよ。 
安心して差別しないから。」と言われた。 
それからまた絶縁。しばらくぶりに知らない携帯から電話が来たかと思ったら 
義兄嫁だった。 
続きを読む

183: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/11(月) 03:05:56.26
ちょっと記憶が飛んでいる部分もあるとは思うけれど、投下。 

私の両親はとても仲が良く、どちらもどちらにべた惚れ状態。 
両親は自営業をしていて、職場が車で1時間程度。いつも母親が早くに帰ってきていた。 
母が早くに帰ってくると言っても、仕事に切りがついてから。 
そのため、夕食が出来上がる時間までは習い事に行き安全な時間を確保させてもらっていた。 
毎日、色々と習い事をさせてもらえていたことは環境のせいとは言え、とても感謝している。 
私は兄と一緒に習い事に通っては、覚えの悪い私を兄は「おまえのペースも大切だ」と言っていた。

私の休日(土日)になると、私は自営業先に両親と一緒に行き 
両親と一緒に夜に自宅に帰ってきていた。 
夏休み、冬休みなど長期休暇はあってないようなもので、一緒に旅行に行ったのは 
今でも鮮烈に覚えている2カ所だけ。 

自宅は私家族+母方祖母の5人暮らし。 
祖母はとても良いまじめな人なのだけれど、当時の私には辛かった。 
やはり、親を見ると嬉しく思う年頃だったので 
「私の前では違う態度、この子は二重人格!!」といつも言われていた。 
みんながやっていたように、家事の手伝いをしてみたいと思い、申し出ると 
「私のやり方が気に入らないの!誰に言われたの!!」と、やらせてくれない。 
それでも、かって出てみると「ジト目」で見てくる。家の手伝いは、やってはいけないことだと思った。 
「みんなが夕飯のサラダを作った、とかシチュー作ったっていうの、私もそうやってお手伝いしたみたい」 
と兄に言うと「おばあちゃんは大切にしなきゃいけない、嫌でもおばあちゃんの料理が食べられない時がくる 
 それまでは、甘えさせてもらおうよ。だから、その後は○○(私の名前)の味しか食べれないんだなー」 
と言うので、祖母の料理をいただけたり、家事を目の当たりに出来る風景が、とても誇らしく思った。
続きを読む

380:名無しさん@HOME 2009/01/30(金) 14:29:06 O
携帯からですまそ。 
昔の話だけど。 

俺の仕事などから、両親と同居。 
+黒ラブラドール10歳。 
大型犬に慣れていない嫁は、最初ビクビクしていたが、
半年くらいで慣れて散歩に連れて行ってくれるレベルまでに。
 
しかし、嫁が妊娠、検査で
トキソプラズマ症にかかっている事が判明。

この病気、ネコとの接触や
感染している生肉を食べる事で感染し、
お腹の子がかかるとタヒもあり得る。 
んな訳で、詳しく検査する事に。 
(抗体が出来ていればもともとかかっていたので大丈夫、
出来ていなければ感染したばかりなのでヤバい) 

で、結果が出るまで、しばらく時間がかかるので、
その前に互いの両親に報告。 

これが、いけなかった。
続きを読む

411: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/19(土) 23:32:21.03 .net
当方男ばかりの業界なんだけど、
取引先にすごく美人な女性がいたんだ。

で、なんとなく俺に
特別な視線を感じてドキドキしてた。

向こうから飲みにも誘ってくれたけど、 
東京大阪行き来してたんで断ってばかりだった。 
そうこうしてる間にプロジェクトは終わって
半年近く忘れていた。 

別な用事で上京し偶然その子に会ったら、
「どうしても話があるから夜会ってもらえますか?」
って真顔で言われるもんだから、
これ確実に俺の事好きだよね、
って舞い上がって
日帰りのつもりが宿泊施設とってしまった。
続きを読む

962: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/02(月) 15:19:12.43 .net
記憶にないくらいの幼少期に育児放棄(消極的な児童虐待?)を受けて
俺は施設で育った 
定時制高校に通っていた時、初めて彼女ができる 

彼女は5歳上の20歳で2歳の子持ちシンマザ 
俺が老け顔だったためか、彼女が若く見えるからか
年齢差があると思われたことは無い

毒親の元で育った彼女は中学卒業と同時に働き始め、
親からの独立を目指すも、毒親の搾取のためにロクに稼げなかった 
安直に「女の職業」に行かなかったのは、
毒親と同じ道を歩みたくないという一心だったそうだ 

和服を着る飲食店で年齢をごまかして働いているときに、
年配男性に見初められ愛人として生活するようになる 
多分にファザコンが影響していたらしい 

飲食店での稼ぎのほとんどを親に渡し、愛人によるお手当をすべて貯金に回し、
家を出るタイミングを見計らっていたところで妊娠 
家族が欲しかった彼女は、一人でも出産すべく、
愛人に迷惑がかからないように行方をくらます 

他に頼れるものもないため、毒親の元に戻り
独立用の貯金をすべて親に渡して協力を仰ぎ、なんとか出産する 

そこへどうやって突き止めたのか愛人の奥さんがやってきて、
穏やかな話し合いの後、そこそこのお金を貰い、
本当に愛人との縁を切ることに 
それでも彼女はやっとできた家族に大喜びだったそうだ 

生活に余裕ができたので、昼間は飲食店で働きつつ、
ちゃんと働けるように学歴を手に入れるため、定時制高校に入学する 
その頃毒親が彼女の貯金の大半を持って男と一緒に行方不明になり、
旅先でシボウ(時期もシインも詳細不明) 

当然のようにカネは帰ってこなかったが、
これでくびきを逃れられたことになる
続きを読む

475: おさかなくわえた名無しさん 2015/10/31(土) 01:44:25.82 ID:+vfuB6a9.net
婚約指輪を貰わなかったが、
新婚一年目に夫がダイヤの指輪(給料の三ヶ月分)をローンで買ってくれた。 
私は何度も辞退したのだが夫がどうしても買うと言って強引に 
ローンの申込書に署名捺印してしまった。 

宝石商が書類を確認して「確かに」と言うと、 
夫はテーブルに両手をついてガバッと頭を下げ、 
「ありがとうございます!」と大感謝。 
そして夫婦揃って笑顔で宝石商に別れの挨拶。 
夫と二人きりになると、いきなり夫に顔を張り飛ばされた。 
「なんで?」 
「どうするつもりだよ!」 
「なにが?」 
「俺になんの断りもなく!」 
「なにが?」 
「○○円(給料の三ヶ月の金額)だなんて聞いてないぞ!」 
「なにが?」 
「俺は聞いてない、俺は聞いてない・・・」 
とよろめいて被害者の演技。 

彼の中では私が彼になんの断りもなく
勝手にダイヤの指輪を買ったということになっているらしい。 
何度話し合っても彼は自説を曲げないので精神科に連れて行った。

続きを読む

このページのトップヘ