タグ:病気

64: 名無しさん@おーぷん 2014/05/17(土)17:34:49 ID:???
思い出語る。

実家が会社を経営している婚約者がいた。別々の大学に通っていたけどコンパで知り合った。
「いずれ家を継ぐから、将来のことを考えてほしい」と言われて、私もその気でいた。
卒業後、彼は実家に就職し、彼母と姉が事務をしていたので、私は別の中小企業に就職した。
そこで経理を習い、会社の勧めで簿記の資格も取った。
今勉強しておけば、彼の支えになると思った。
しかし20代半ばを過ぎたとき、病気にかかった。


とにかく吐き気がひどく、なにも食べられない。みるみるやせ細り、入退院を繰り返した。
悲しむ親を見るのもつらかった。会社も退職した。
でもその時は「早く良くならなきゃ」「良くなって彼と結婚しよう」と思っていた。

何度目かの入院をしたとき彼の母が訪れた
「悪いけど、体の弱い人は嫁に来てもらっても困る」
というようなことをオブラートに包んで長々と言われた。
彼と話して「あなたも同じ考えなのか」と聞くと
「俺は社長として何十年と会社を支えていかなきゃ行けない。支えてくれる人じゃないと…」

ショックだったが、彼らの言い分も理解できた。
務めていた中小企業も同じような形態で、社長も夫人も毎日走り回っていた。
高級車に乗っているし、年に二回海外旅行にいくし、そこだけ見ると羨ましかったけど、
それ以外の時間は家でも会社でも仕事仕事。
たしかに病弱ではこれはできない、こんな体では…と泣く泣く彼と別れた。
本当はもう少し待ってほしかったが、彼は「ごめん」と言って去って行った。 


続きを読む

117: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/10(月) 21:48:02.68 .net
手紙続きというか四年越しで時間差発動したパルプンテだが、 

嫁へ 
ずっと一緒にいようって約束したのに、破ってごめん 
こんな俺の隣にいてくれて、本当にありがとう 
再婚したっていい。俺を忘れたっていい 
夫としても、父親としても失格な俺だけど、 
嫁と娘が幸せに生きていくことを、心から願っています 
愛してる 

昔、手術前に書いた手紙(上記内容を便箋一枚に引き伸ばし)が嫁に見付かり、 
ボロボロに泣かれた後、叱られたうえ「愛してる」連呼させられたわ

続きを読む

35 名無しさん@HOME+ 2014/03/27(木) 09:23:27 ID:
みなさんほど大したことはないけど思い出しながら投下。
ケータイなので改行おかしかったらごめんなさい。

旦那との出会いは私のバイト先。
当時私がバイトをしていた店に社員として異動してきたのが出会いで、
はじめはウマが合わなくてお互いに「コイツ、むかつく!」と思いあっていました。
段々と仕事を一緒にする中でいいところが見えてきて、なんだ、いいやつじゃんwと見直してきた頃に大震災発生。
震災がきっかけで色々あって付き合うようになり、いつの間にか結婚を意識するように。
結納も済ませてさぁ結婚!というところで旦那、脳に病気があることが発覚。
「身体動かなくなっても喋れなくなっても、私が分からなくなっても、私は一生この人と生きていきたいんです!」
と結婚を反対する義親を納得させ、旦那入院中に婚姻届を書いて、退院後に無事提出。
何だかんだありながら今は二人でうまくやれてます。

続きを読む

499: 1/5 2006/01/17(火) 14:25:10
おれが嫁さんに結婚を申し込んだとほぼ同時に、義父になる人は肺がんと診断された。 
嫁さんは末っ子で、やもめ暮らしの親父さんと二人暮らしで、病気発覚以来 
治療のことやら身の回りの面倒やらすべてやってたのもあって、俺が結婚の挨拶に行ったのは、 
プロポーズから半年たってからだった。 
手術して片肺を取ってしまった親父さんは、顔色は良くなってたけど、ちょっと苦しそうだった。 
これから放射線治療をするという。数週間に渡る連日の治療で、副作用もあって結構大変らしい。 
逐一嫁さんから聞いてわかってはいたものの、この状態の親父さんから 
嫁さんをさらうようなことをして良いんだろうかと、なかなか結婚のことを切り出せずにいた。 
食後に嫁さんが席をはずしたとき、親父さんが 
「娘から聞いてるよ。結婚するんだろ?あいつはだらしないし頑固だけど、 
家のことはきちっとやってくれるよ。親の俺が言うのもなんだが、思いやりもある。 
俺がこんな状態なんで、今後の色々は悪いがもうちょっと待ってくれよな。 
治療してもうちょっと元気になるから。あいつは苦労したから幸せにしてやってくれ。」と。 
俺は、ただ「よろしくお願いします。早く元気になってください。」としか言えなかった。

続きを読む

655: 素敵な旦那様 2006/02/03(金) 06:53:46 

今年に入ってから、胸が急に痛み始めた。咳も止まらない。 医者に行き、レントゲンを撮ってもらったら、肺に影が写ってた。 医者からCT検査を勧められるも、仕事で時間が取れず、放置してた。 家事と育児に追われる嫁には、余計な心配を掛けたらいけないと思い、 「大した事無いよ。暫く様子見てくださいってさ」と誤魔化した。 ある日、いつもの残業で深夜に帰宅すると、嫁が神妙な顔をしている。 「お医者さんから電話があったけど‥」と切り出した。 医者は、CT検査の事で電話をしてきたらしい。(余計な事を)と思いつつ、嫁に話をした。 「CTだったら会社の検診で希望すれば撮れるし。今年は希望するからさ」 「検診って半年以上も先じゃない。手遅れになる病気だったらどうするのよ」 「今は咳が出るだけだから。そんなに大層な病気じゃないよ」 そんな調子で、喧嘩になった。 「勝手にすればいいじゃない。万が一の事があっても、子供は私が一人で立派に育てていくから」と嫁は捨て台詞を残して、その日から別々の部屋で寝る事となった。 ある時、家に置いている「家庭の医学」にしおりが挟んであるページを開けたら、 そこには「肺癌」の事が詳しく書かれていた。 レントゲンの白い影、明確な自覚症状が無い‥、自分に当て嵌まる事が多かった。 それで、検査を受ける事にした。
続きを読む

68: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-04-25 15:12:29
何気ない一言のせいで、今ダンナと冷戦状態。
トメは良トメというほどでもなかったが、べつに嫌いではなかった。
そのトメが癌で倒れて一年。ウトはじめ毒男の義弟たちしかいない義実家だから、
私が子育てや家事をしながら、トメのいる病院に通って差し入れしたり、
義実家に通ってトメの代わりに家事も手伝ったり、めまぐるしい毎日だった。


先月初めにトメが亡くなり、ようやく四十九日も済ませたので、
夜ひさしぶりに夫婦でゆっくりしてた時に、私がぽつりと
「お義母さん、長かったねー」と言ったら、ダンナが猛烈に怒り出した。
「お前はおふくろが早く死ねば良かったと思ってたのか!」
「早く死ねと思いながら世話してたのか!」

そんなつもりはない、この一年ほんとうに大変で疲れてたんだ、と言っても
いっさい聞く耳を持たない。
「そんな女だとは思わなかったぞ!人間かお前!」
「お前にオヤジの面倒を見させるわけに行かない!」とか罵倒してきた。

私の言い方も悪かったのかもしれないけど、
女手が一人しかいないからって、四歳児を育てながら二世帯分の面倒を見ていた
こっちの疲れも考えろ、ってカッとなった。
いいかげん切れて、
「じゃあ自分たちだけでお義父さんの面倒見なさいよ!」と
叫んだら、「嫁のくせに何言ってるんだ!誰に食わせてもらってるんだ!」と
捨てぜりふを吐いて、自分の部屋に閉じこもってしまった。
それからは会話もほぼなくなり、朝も娘にだけおはようを言って、私を無視する。

あーなんかもう面倒くさい。
グダグダ言っても、どうせウトの面倒みるのはこっちに押しつけるんだろうな。
トメが死んでよかったとか思ってるわけじゃないのにさ。
正直、逃げ出したくなる。 

続きを読む

このページのトップヘ