タグ:病気


奥様が墓場まで持っていく黒い過去

156: 名無しさん@おーぷん 2015/01/20(火)18:45:06 ID:dIh
もう10数年前だが、
祖母が 新聞紙に包まれてた重い何か を私に渡して、
「絶対みんなにバレないようにあなたが隠して持ってなさい。
 私がタヒんだらそれを持ってこの家を出なさい。
 必ず大事に使いなさい、この家にもう戻ってはいけないよ」
と言った。

この時私は高校出て、家事と寝たきりの祖母の介護をしてた。
夜の介護も私なので同室。
大学は「馬鹿だから行くな」と親に言われた。
子供の頃から塾に通っていい大学に行った兄に比べれば、私は塾も習い事も行ったことない
馬鹿なので、しょうがないなと思ってた。

兄の習い事での表彰状が家じゅうに貼ってあった。
羨ましかったけど、
「お前には引っくり返っても貰えないよ」と
祖母以外のみんなに言われて育ってたので、そうなんだなと思った。

祖母は
「○○ちゃん(私)だって賢い子だよ」と言ってくれたが、
家の中で病気がちな祖母の発言は弱かった。

家は会社人間の父と、趣味と社交に没頭する母、出来る兄と、
奴隷要員の私と、ガンの手術と再発を繰り返してる祖母の5人暮らしだった。

祖母は冒頭の会話の二年後、最後のガン手術から結局回復しないまま心不全で他界した。
祖母の部屋からは手術前に残した手紙が見つかって、
「数年前○○会社の○○と名乗る男性のつまらない投資詐欺に騙されて、
 お父さん(祖父)から相続した貯金をほとんど無くしてしまいました。
 恥ずかしくて今まで隠してました。ごめんね」
という内容だった。

両親と兄は
「介護までしたのに!恩知らずのババアが!!」と大激怒。
私はただ泣いていた。

祖母の介護がなくなったので、私は家を出ることにした。
両親は
「家事はどうするんだ」と怒ってたけど、
結局は
「高卒出のバイト暮らしなんて、すぐ立ち行かなくなるぞ」
「週末は家事しに戻ってこい」と言って送り出してくれた。

それが両親の顔を見た最後。
兄の顔見た最後はいつだったか。全然思いだせない。

祖母から預かった新聞紙の包みの中身は知ってた。
アパート借りる保証人になってもらう時、親に見せた住所は偽物。
遅くなったけど専門学校に入り資格を取り就職、その後縁あって結婚も出来た。

祖母のお金は入学金とバイトが見つかるまでの生活費にしか使わず、
結局まだほとんどが金庫に残っている。

これがあれば何も怖くないよと、
いつも祖母が背中を押してくれてるような気がしてる。

贈与税とか色々ダーティーなお金なのでスレタイ。
続きを読む

648: 名無しさん@HOME 2013/09/27(金) 08:55:17.08 0
集中治療室に祖父が入り、もう今日明日かシぬかも、って時 
ずっと祖父と暮らし介護してたのは自分の母と自分だったけど 
月イチも来なかった親戚がここぞとばかりに集って 

叔母A「お父さんがこんなことになるなんて、
○○(自分の父、故人)があんな女(自分の母)を嫁にしたからだ」 
叔母B「集中治療室に入るまで放っておくなんて、酷い!」

集中治療室は、当たり前だが他のにも重病人がいて、その人たちの家族もいるんだが
叔母Aの旦那「なぜ個室じゃないんだ。あんたたちは義父さんをなんだと思ってる。
金をケチってる場合か」
叔母B「息子(車で1時間ほどの距離に居住)が、息子がまだ来ない。
事故に遭ったかもしれない。どうしよう」
叔母Bの娘「お兄ちゃんに何かあったら、どうしたらいいの」泣き出す

叔母Bの旦那「そもそも、義父さんをこんな目にあわせたコイツラ
(自分と自分の両親)のせいじゃないか」
他の患者さんと家族、医療スタッフの迷惑になるので、集中治療室から出てくれと促したら

叔母A&B、「よくもこんな時に」と

叫びながら自分になぐりかかってきた。
続きを読む

296: 1/2 2017/02/04(土)10:07:00 ID:Pa9
愚痴。
脳障害(アスペ?)関連の話が入るので、
苦手な人はスルーで。

当方、親からDV
→人生の半分以上、病院と関わる
→恐らくこの経緯のために、発言がメンヘラ風味。

(例:
「(私)さん、小学生の頃は
どこ遊びに行ったんですか~?」

「あー、その頃は病院通いだったんで、
あんま遊べなかったんですよー」

「あ、ああ……」)


言い訳だけど、小~大までぼっちを極め、
二十年以上病院通い、
周りにいるのは病人・怪我人ばかりで育ち、
学生時代のバイト先では、
奥さんたちと病院情報交換していたので、
まともな人には病院の話がNG寄りだと、
就職するまで気付けなかった。

就職先で一年経って、
周りから気を使われているのに
ようやく気づいて後悔している。

構ってもらいたかったわけじゃない。
世間話、思い出話くらいの心持ちだったので
本当に申し訳ない。

さらに、最近知ったんだけど、
しかるべき鑑定を病院でしてもらった結果、
脳の聞く力が低いと診断された。
道理で、言葉がよく聞こえなくなると思った……。

おかげで、喋ってなにか伝えるのも下手なので、
報告内容がよくわからない、と返されるのはザラ。

なので最近、話をするのがすごく怖い。
昼休憩、一時間の雑談も、
ものすごく集中していて、正直しんどい。

仕事は水に合ってるので続けたいんだけど、
ネットでアスペが~空気読めない奴が~
と書かれているのを見ると、ものすごく落ち込む。

読もうとしてもわからないんだよ……。
間違えてばかりでごめんよ……。

同期おばちゃんたちには
見下し対象にされてるぽいし、
先輩たちには気を使わせてしまっているしで、
肩身が狭い。しんどい。

(続きます)
続きを読む


930 :名無しさん@おーぷん
よくさ、いじめで自さつした子どもの親は気づかなかったのかって言われるじゃん
気づかないのよ鈍い親は

いま皮膚科で働いてるんだけどね、たまに見えない位置にあざを作った子どもが親と病院にくる
「この子の皮膚が変色してるの、皮膚病かしら」って
どう見ても外傷のあざなんだけど、親は気づかない
医者が「こんなの病気でもなんでもない」と言っても
「そんなわけない、皮膚が変色する理由が解らない」と
医者が「外傷だから気になるなら小児科にいけ」と言うと、
それを聞いた子どもは
「嫌だ嫌だ注射いやだ」と騒ぎ立てた
ちなみにその子は14歳
その日はそれでかえしたが、後日またあざをたくさん作ってやってきた
母親は
「また病気が!」というが、どう見ても外傷
医者も「何度こられても病気ではない」と答えるが、
「病気に違いないから調べろ」と五月蝿い
ちなみに子どもが駄々をこねたので小児科にはいってないらしい
仕方ないから血液検査をすることになったが、子どもは
「注射しないってママがいうから皮膚科にきたのにー!いやだー!いやだー!」と泣き叫ぶ
仕方ないから赤ちゃん用の針を使うと言っても
「いやだー!痛いのいやだー!」と駄々こねる
こんなんじゃ採血出来ないと言っても、母親は
「調べて下さい」の一点張り、息子の態度に何の疑問も呈さない
何とか採血を終えたが「痛かったよー!」とギャンギャン
5歳児のほうがもっと太い針使うっつーの
母親は満足気な顔をして帰っていったが、もちろん検査結果は健康そのもの

いつになったら息子が虐められてるって気づくんだろうか
続きを読む

 
358: 名無しさん@HOME 2017/02/17(金) 12:27:39.79 0
妻が家事(主に掃除)をしません。

自分(20代後半)
→会社員。8~21時、遅い時は午前様。土日も仕事をやることが多い。
妻(30代前半)
→小梨専業主婦(訳あって仕事はできません)

・朝や昼に食べた物&皿が夜まで放置
・干した洗濯物一週間放置
・ゴミ出しを忘れることが多く、キッチンは臭っている。
・1週間前に食べた鍋なども洗わず放置、気付くと中が腐ってて臭い。

・冷蔵庫には賞味期限切れの物やカピカピになった野菜などが常にある。
・階段、床はほこりだらけ。2週間に1度掃除機をかければ良い方。
・週に2~3日は朝起きず、私はコンビニ飯。

ちゃんとやってくれるのは夜の食事のみです。
妻は昼間は寝てる、ゲーム、インターネットをしているようです。
昼間寝てるため、夜眠れず、朝までゲームをしていることもあります。

見兼ねて私が土日の空いてる時間にリビングやキッチンを片付けるのですが、
なんで仕事もして専業主婦がいるのにやらなきゃいけないんだ
という気持ちが出てきてしまいます。

一緒に片付けようと声をかけると、片付けてくれることもあります。
半二世帯なのでお風呂などの共有部分は義母が掃除してくれますが、
以前揉めたので私達の生活スペースはノータッチです。

優しく指摘するとその場では「わかった」と言いますが2日後には元通り。
厳しく指摘したり、言い続けると、妻が切れて喧嘩になってしまい、
結果私も言いたくなくなります。

完璧な家事は求めていないのです。
食べた後はすぐ皿を洗って、ゴミはちゃんと出して、洗濯物が乾いたら畳んで、
1週間に2~3回は掃除機をかけて欲しい。
だらしないだけなのか、もしかして病気の可能性もあるのかと思い始めてきました。
妻に家事をしてもらうにはどうしたら良いのでしょうか?
  続きを読む

1: 名も無き被検体774号+ 2017/02/18(土) 07:04:07.29 ID:/EDehNYx
心臓疾患持ちJDです
満席の優先席で爆睡してたら前に立ってる妊婦に脛を蹴飛ばされ飛び起きた

心臓バクバクの中驚いて妊婦を見たらマタニティマークを弄りながら睨まれたので、
事情を説明したら睨みつけたまま足を踏まれ別車両に移動していった
続きを読む

このページのトップヘ