タグ:異常

834 :名無しさん@おーぷん
電車で横に立つスーツのお兄さんが大量の汗をかいてた。最初は「そんだけ肉付きが良かったら汗もかくだろ」と思ってたけど
尋常じゃない汗と虚ろな目に心配になって声をかけるも上の空の返事に本気の危険を感じて、次の駅で降りてホームで休むことをすすめてたら頷きはしたけど
その次の駅に着いたところでお兄さんはフラフラと歩き出したホームで崩れ落ちるように倒れた。
声かけた手前見捨てることもできずに私もそこで降りて119。周りの人に助けてもらって介抱してたら朦朧としたお兄さんが失禁しだしてビビった。
救急車に運ばれるお兄さんを見送ってその場は終わったんだけど、後日駅で再会したお兄さんから是非お礼をと連絡を頂いたことをきっかけに親しくなった。
そのうち私の家族とお兄さんも仲良くなって最終的に旦那さんになった。
姉の。
おかしくね?惚れるなら私にじゃね?
って言ったら二人に苦笑いで謝られた。別に良いんだけどね。祝福したんだけどね。
続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/23(水)01:04:30 ID:bcl
これが糖質ってやつなのかも判断がつかない
そしてどこに相談したらいいかもわからんのだが
話聞いてくれるニキおるか?
続きを読む



473: 名無しさん@HOME 2008/06/01(日) 17:23:27 0
DQNかエネか悩んでみたのですがやはりエネかとおもってこちらに投下。
お茶うけ変わりにでもご笑納くださいな。

元旦那になるエネとは高校のころからの同級生からの付き合い。
そのまま旦那は大学→教職になってから結婚。
エネの実家は書道の師範の家でかなり古い感じの家でした。
長男教マンセーだったしね。男尊女卑のQ州出身一家です。

エネは次男でサッカー一筋に生きてきて今は体育の先生やってます。
結婚式のときも次男のほうが先に結婚するからとのことで特に長男になる義兄、ウトメに
散々厭味を言われました。
(義兄とエネは兄弟仲がいいため、私が一人だけのときにのみ厭味をいう感じでした)

次男の嫁になったということで同居も強制されず、エネもパパママオニーチャンLOVEでしたが
義実家に行く頻度もDQ返ししつづけ減っていき、
2年目まではまだ順調でした。しかし義兄(長男)が結婚することに。

(続きます)


 
続きを読む




896: 名無しさん@おーぷん 2016/03/21(月)18:58:58 ID:yjA
夫の両親の遺産をほとんど放棄した。
舅と姑はバツイチ子持ちの義妹(無職)、義妹の娘と4人で同居していた。
義両親が交通事故でタヒ亡し、義妹に「寂しい」
と泣き付かれた夫に強引に説得されて夫の実家に引っ越しした。

3歳の息子は保育園を辞めて義妹が面倒を見る、家事は私と義妹の分担という約束になった。
夫曰く「姪と息子は同い年だからすぐ仲良くなれるよ」とのこと。
夫の職場からは近くなったけど私の職場からは1時間近く遠くなった。
朝6時前に起きて家族全員分の朝食を用意して出勤するのに義妹は朝起きられずベッドの中でむにゃむにゃ。
今まで何時に起きていたのと聞くと「9時か10時」とのこと。
姪も同じ生活リズムだとのこと。
初日の朝から唖然として出勤した。
仕事場から帰れば約束通りに義妹が夕飯用意してくれた。しかしオールレトルト。
カレーすらレトルト。
インスタントの味噌汁はカップのまま、お湯すら入れてない状態でおいてあった



 
続きを読む



603: 名無しさん@おーぷん 2017/01/16(月)14:01:50 ID:Mk3
この前やってた虐待のドラマを見てから、
娘が彼氏と電話しながら泣いていたので、ドア越しに話を聞いてしまった

小学生の頃に父親(二人目の旦那)にキスされたこと、
夜中に布団に入ってきて一晩中体を触られた事、
あれはセクハラじゃなくて無理矢理の性行為だと。

他にも母(私)にネグレクトをされた事、
1ヶ月家出したのに気付いてくれなかった事、
心配されたくて2週間ご飯を食べず、35キロまで落ちたのに気付かれなかった事、
中学生の時に母が中絶したこと、18の時に母が不倫した事。

被害者は加害者になるんだ、私はまともに生きれないとワンワン泣いてた。
ドラマとかにすぐ左右される子だから、なんかな、違うのにな。
娘の為に時間削って頑張ってるのに、27歳にもなってまだそんな事言ってる。
可哀想だと思うけどずっとケアしてきたのに。まだ頑張らなくちゃいけないのかな


続きを読む




584: 名無しさん@HOME 2014/07/15(火) 19:52:42.21 0
娘に「お父さんとお風呂に入るのはもうやめる」と言われた
「一緒に入るのが嫌になった?」って訊いてみたら「そうじゃない」と言う
理由は友達が誰もお父さんと一緒に入っていないからだそうだ  
続きを読む

このページのトップヘ