タグ:田舎

41 :名無しさん@HOME2011/07/25(月) 22:42:18.57 0

自分も腐女子でついでにアメトイヲタ
で兄嫁に迫害されてきたから気持ちはよくわかるなー

ヲタク=怠け者でコミュ障と頭から決め付けられて、実家の私部屋をまだ生まれてもいないのに「子供部屋にするから!」と息巻いて掃除を始め、
コレクション類はロクな梱包もせず私の一人暮らしの部屋に着払いで送ってきやがった

残った私の家具(バイト代貯めて買った可愛いやつ)と化粧品(ネイルとか香水)や服のいくつかは、自分のモノにしてキープ
ついでに部屋も子供が生まれるまでは私のもの!として住み始めたらしい

頭にきたので帰省した時友達に協力してもらい、家具から兄嫁の私物をガシャーンと出して、
庭に運び出して電ノコで解体してドラム缶に入れて燃やしてやった
ついでに私物も全部燃やしてやった
(田舎なので、庭でしょっちゅうゴミ燃やしてる)
兄嫁にはファビョりまくられたけどwwせいせいした
続きを読む

729:名無しさん@HOME2012/02/25(土) 21:40:38.51 0

雑談を断ち切るためにたいしたことないんだけど書いてみようと思って文才ないので挫折したorz
ざっくり箇条書き風にまとめてみました

・夫転勤、
「多分定年まで帰れない」と話したらウトメ家を処分して転勤先まであらわれ、なし崩し同居
・家事一切やらず、かといって知らない土地だから外に出るのも気後れするし暇だから嫁のあげ足取りと嫁イビリ
・数日前なんか張り詰めてたものがプツンと切れてちゃぶ台返しして(私レトロ趣味でちゃぶ台)
「姥捨て山に捨ててきてやろうか!知り合いも居ないし年寄り消えても近所も気づかないし
長期外国出張中の夫にはやっぱり地元が良いから帰ったといえばいいし!」
と阿修羅化
・顔色伺われてウザイけどウトメ大人しいのでちょっと快適

転勤から数ヶ月でこんな展開でヘトヘト。
売ったからって田舎の土地なんてこっちで別居用の家やマンションが買えるわけもなく
転勤先に馴染む間もなく突発事項で夫も海外出張になり、帰ったらウトメはなんとかしようとのとりあえず同居でした。
夫は一人っ子だから、それなりに老後の面倒見る気もあったし、まともなウトメなら同居って気もあったけど…
一人っ子が遠くに行っちゃうと思ったら、なんかナナメ上になっちゃったんだろうけど無理だ。頭沸きすぎだよウトメ。
続きを読む

【1/4はこちら】
【2/4はこちら】
【3/4はこちら】

912:名無しさん@お腹いっぱい。2007/08/23(木) 01:27:09

姫ゲームへ
小さい子供が救急車に運ばれるほどの大けがしてるのだから、
その痛みや恐怖は想像を絶するもの。しかもすぐそばには母親はいない。

子供にとっちゃ母親にすがりたい状況にも関わらず、ゲームは親戚への気遣いを優先した。

そこが一番おかしい


お前は前の出来事から何を学んだんだよ?
金の心配じゃなくて心の心配しろよ馬鹿
続きを読む

【2/4はこちら】
【3/4はこちら】
【4/4はこちら】
786:姫ゲーム ◆DKgNkeN3y22007/08/22(水) 23:59:35

大変な事をしてしまいました。

夏休みが予想以上に多く取れたので、奥にも結婚後初の夏休みをやるつもりで
子供だけを連れてタヒんだ母親の田舎へ遊びに行ったんですが、
そこで子供が転んで顔に大怪我をしてしまった。
従兄弟の嫁さんが従兄弟の子と一緒に俺の子供を見ていてくれた時に起きた事故だった。

救急車で病院に行き、縫合と脳のMRI検査を受け問題はなく、そこで奥に電話をしました。
「心配だからすぐに帰って来い」と言われたんですが、従兄弟夫婦の手前もあって滞在予定を変えると
先方が怪我の事に責任を感じると思い、予定通りその日から2泊して帰りました。

戻ったら奥が玄関で待ち構えていて、子供をひったくるようにして取り返して、
子供の顔を見て泣き出し、
「事情を詳しくもう一度話せ」と言い、
全部話し終わったところで家から叩き出されました。

「出かける前に子供から絶対に目を離さない、人には絶対に預けない、とあれほど約束したのに
俺の不注意で娘をこんな目に遭わせて絶対に許さない、その態度は悪いとなんか思ってない、
娘の顔に残る傷をつけた責任は誰がどう取るのかハッキリさせろ、それまで連絡してくるな」

と言われました。

昨日から考えてますが、どうしたらいいかわかりません。
俺が悪い事はよくわかってますが、子供の怪我は元に戻せないし、電話かけても出ません、
今日話し合おうと思い家に戻ったら中からチェーンがかかってました。

俺が馬鹿なせいで子供に可哀想な事をしてしまった。再構築も順調に行ってたのに…
どうか意見を聞かせて下さい。
続きを読む

【前編はこちら】
82:名無しさん@HOME 2011/02/15(火) 21:34:35 0

同居の事を考えるだけでこうなんだから、本当に同居したら心が壊れてしまうよ
味方としては頼りないけど、一緒に考えて行こうよ
荒らしは時々いるけど気にするな
続きを読む

【後編はこちら】
5:田舎過ぎ同居嫌嫁 2011/02/15(火) 08:56:43 I

どれに書けばいいか分かりません。とにかく誰かに聞いてほしいです。
ROMはしてますが、書き方変ならすいません。
長文です。助けてください。
続きを読む

218:おさかなくわえた名無しさん@2016/06/23(木) 21:08:12.39ID:hTjpP78d

小学1年の時田舎に引っ越してきて余所者+チビだったために苛められていたA
(私はピザだったので同じく苛められていた)

Aは高校で引っ越したために約9年苛められていた
虐めの内容としては暴言暴力物隠し物壊し。
そんなAがこっちに遊びに来るというので駅まで迎えに行った
駅には当時のいじめっ子(代表をBとする)達が遊びに行くかなんかで集まってた
やばい!と思う間もなくAが駅についてしまいB達と鉢合わせしてしまった

B「あれ~う〇このAじゃんw」
(彼はいつもAをそう呼んでいた)

A「……」

B「相変わらずちっちぇなw」(Aは今年21だが146cm)

A「……」

B「なんかいえよw」

うざ絡みするB。

周りはBくん止めなよwって感じ
で、下を向いてたAが顔を上げた

A「言っていいんだ?じゃあ言うね」

A「あんた21にもなって恥ずかしくないの?
あんたのお兄ちゃんを杀殳した奴らとおんなじことしてんだよ?悔しくないわけ?」

A「それとも優秀なお姉ちゃんを構いつつ
忙しく働くお母さんに振り向いてもらいたかったからまだこんなことしてるのかな?」

A「可愛そうな人だね。あの時私はあんたのお兄ちゃんのようにシんでやろうかと思っていたよ」


その場の全員ぽかーん

後で聞いた話によるとBは兄がいたけど、偏差値の高い高校に行ってから酷い虐めにあいジサツ
それがきっかけで両親は離婚した
だがそうなると近所に対する外聞が悪いので、そのあたりの地区の人々は口を閉ざしていたのこと

A「よかったね、私らがシななくて。お兄ちゃんは虐められてシんで、私達を虐めてシなせたって言われるところだったね」

B「な……あ……」(口ぱくぱく)

A「でも、私がそこの人らにお兄ちゃんのことばらしちゃったね。秘密にしてたのにね?ごめんね?可哀想なBくん。じゃ、行こうか私子」

私「アッハイ」

私はチキンなところがあり言い返すなんてことは決して無かったからスーッとした

と、同時にめちゃくちゃに言われて泣いてたAはもういないのね、となんか母親のような気持ちでもあった
続きを読む

85:おさかなくわえた名無しさん2014/01/29(水) 22:08:11 ID:29oQP9d7
うちの田舎の武勇伝。

私が大学進学で一人暮らししてた時期、実家に名簿業者?から電話があった。
当時、うちはナンバーディスプレイしてなくて、姉が電話に出た。
以下、母から聞いた話。

業者「あ、私姓さんのお宅ですかあ。
   私、私子さんのクラスメイトだったA子といいますけど、
   同窓会の連絡したいので、私さんの連絡先を知りたいんですが」

この時点で、姉、ハンズフリーにする。

姉「いつのクラスメイト?」


続きを読む

381:名無しさん@おーぷん2014/07/31(木)13:37:24 ID:???
去年家建てて子どもも生まれて最高に幸せだが、嫁が鬱っぽくなっちまった。
家はうちの実家の土地(実家とは別の場所)に建てて、実家から徒歩1分。
新居完成とともに子どもが生まれ、嫁と3人で住みだしたんだが、
しばらくして「もうあんたの家族無理…」といって毎日泣いてる。

俺の母や祖父母が庭をウロウロ歩き回り、
窓から覗き込んでくるから窓を開けておけない(
薄いレースのカーテンがあるが外からまくって覗いてくる)、
庭の花の 水を勝手にやるので花が根腐れしてしまった、
子どもがやっと昼寝した頃にピンポン連打、
ドアガチャガチャで訪問(嫁は子どもが昼寝中といって家に上げな い)などが
耐えられないんだと。

窓は覗き込めないようにサンルームをつけたり、俺なりに工夫してるが、
嫁はどんどん鬱っぽくなっている。
嫁は俺の実家に毎日子どもを連れて遊びに行ってるんだが、それももう嫌だと。
なんか俺も疲れてきた。


続きを読む

199:名無しさん@HOME2011/10/07(金) 15:42:19.21 0
従兄弟は田舎の落ちぶれた旧家の跡取り。妹は早くに嫁にでした。
父親はDVもある典型的勘違い親父で数年前に愛人の上で腹上タヒした。
母親は病弱で家で寝たり起きたりで、家業ができないので従兄弟が一人で
頑張っていた。

従兄弟はまあいまどきの女性に嫌われる容姿で、ずんぐりむっくりで
顔はビートたけしもどき。大人しくて、もくもくと家業に励んでいた。
親戚中が心配して見合いをさせるけど、どうにもまとまらない。
三十回はしたんじゃないかと、うちの父親が言っていたがすべて断られた
ようだ。

あんまり断られるので従兄弟も嫌になったのか、見合いをやめて三十後半になった。
ずっと入退院を繰り返していた母親がどうしても孫を見たいと言いだして
また見合いをすることになったけど、普通のお嬢さんじゃうんと言ってくれまいと
遠縁の都会で不倫をして、不倫の子を身ごもって故郷に帰ってきて子供をおろして
実家に住んでいる遠縁の女性に親が言い含めて見合いさせ、やっと結婚する事に
なった。
続きを読む

このページのトップヘ