タグ:現金

252: 2010/07/06(火) 21:37:54 ID:93jZrcn4

現金見てタガが外れる人、いますよマジで。
私も遭遇しましたもん。
家を購入した時、何だかんだで手元に数百万用意することになって
郵便局行って現金出してもらう手続きしてたんですよ。
窓口から「○○さーん」って呼ばれたので言ってみると、誰やら知らない人が
先に立ってる。
窓口の人と私でポカーン( ゚д゚ ( ゚д゚ )状態、

窓口「あのーアナタ○○さんじゃありませんよね?」
私 「あのー私が先ですよ?」(←状況を把握していなかった)

二人一緒に話しかけたところで、あらぁイヤだ間違っちゃったわ、とか笑い出して
手を引っ込めて、走って逃げていった。
普通に郵便局にいただけの人だと思うんだけど、何でそうなるんだろう?と後から
じわじわ怖かった。
50くらいのオバサンでした。
続きを読む

812: おさかなくわえた名無しさん 2016/04/10(日) 16:10:52.88 ID:SFQWzN84
今日、学生時代に憧れていた車が
某ディーラー系の中古販売店に売っているのを知ったので、
買うつもりでいってきた。
対応してくれたのは50才前後の営業の男性だったんだけど、
その対応が神経わからんって感じだった。

現車をみながら購入は現金かローンを聞かれたので、
現金で支払いたいと話をしたら、
ローンにしてほしいと言われた。

少額(70万)だし、ローンは考えていないと話すと、
営業マンはローン売上のノルマがあるので
協力してくれという。

車は現金で買える範囲のものと決めているので
協力はできないし諦めて欲しいとつたえた。

車自体は良いもので、購入しよと思い
乗り出しの見積もりを作って貰うことになった。
そうすると、やはりローンをすすめてくる。

あまりにしつこいので、
ローンにしたら車体が安くなるなど
何かメリットがあるかきくと、
真顔で一切の値引きはしないしサービスもないと断言。

何のメリットもないのに金利分余計に払うって
損しかないことはお引き受けできないと伝えると、
なぜか上から目線で、
現金で払うんなら車庫証明だけはうちでとって。
その分の経費は請求したいと言い出した。

もともと時間ないし、
車庫証明はお願いするつもりだったけど、
一気に嫌気がさし、購入は見送る旨伝えると、
担当者はポカンとした顔をしてた。

車は欲しかったけど、
なんかもう半分どうでも良くなってきた。
続きを読む

639: 2015/01/07(水) 10:41:45.53 ID:uUsSsRb2

祖父の家から60万失くなって
犯人が親戚の15歳だったんですが
そいつは3週間で全て使ったらしく、
そいつの親は金返す気ないし
挙句にお年玉をもらいに来た始末。

どうやったら怒りが沈むんだろう
なんであいつらはこちらに謝りにもこないんだろう
と、もんもんとしております。
こういう場合ってどういう罰が与えられるのでしょうか。
続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2016/05/13(金) 09:32:37.759 ID:HW5Dltffa
交番のおっさんが面倒臭そうに

「拾ったのは何時ごろなの?」
「拾った現場からここ(交番)までは5分あれば着くよね?」
「なんでここに届けるまで20分も掛かってるの?」
「財布の中身は見たの?」
「お札は抜いてないよね?」
「免許証も入ってるし、
すぐ落とし主は分かるから権利放棄するよね?」

もう二度と財布を見つけても
バカ正直に届けないと決めたわ!
続きを読む

38: 名無しさん@HOME 2014/04/05(土) 20:51:51.63 0
もうすぐ祖父の一周忌がある。 
この間旦那が息子を連れて義実家に行った時に香典を渡されたんだけど、 
ふくろにも入っていない不祝儀袋に一万円がポンと添えられてるだけだった。 
義母が字が下手で旦那に代筆を頼む→旦那も字に自信がない→じゃあ嫁子さんに書いてもらおう!って流れでそのまま持って帰ってきたらしい。 
気持ちは本当に嬉しいんだけど、現金をほらよ!って投げて渡されたみたいに感じてモヤモヤしてしまう。
続きを読む


離婚したい奥様
322 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/03/28(月) 16:31:18.52 ID:1Yyi6E820.net
結婚後の貯蓄は基本夫婦の共有財産になると思うのですが、
これまでの生活の経緯から貯蓄を半分ずつで分けることに納得がいきません

自分の生活を切り詰め、離婚後の生活に向けて特有財産を増やしたいのですが、
何か対策されている方いらっしゃいますか?

ネットで色々調べても遺産相続以外は結局難しいみたいで困っています

口座などに入れず手元に現金として持っておくのが一番でしょうか?
続きを読む

このページのトップヘ