タグ:無視

660: 名無しの心子知らず 2017/09/13(水) 20:57:50.00 ID:XZXOTrRz
一般論でいいから相談お願いします。

父親の俺がおかしいのか?高1息子がおかしいのか?
普段は部活で遅いからそんなに友達と遊びに行くことはないんだけど。
月に4~6回かな?

首都圏。高校1年の息子が居る。
門限20時(部活などは別名。それと打ち上げなどの特別なときは別です)。

こいつが全く門限20時を守らない。21時とか22時に帰ってくる。
ラインで『ごめん、ちょっと遅くなる』とか『ゴメン、道に迷った』とか。

門限破って怒られて(と言っても怒鳴ったりはしない)、
『わかった次は守るよ』
と言ってる次の日から破る。

何で破るのかな?ホントに腹立つ。
けど、怒鳴り散らしたりしても意味ないことに気付いたし、
ふて腐れて
『もういい!』とか言って出て行かれても困るし。

俺は何か間違ってる?門限も高1男子なら20時くらいだよね?
たまに破るなら怒らないんだけどな。
続きを読む

【②はこちら】
583:名無しさん@お腹いっぱい。2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN

嫁のフィギュアを捨てたら、口を聞いてもらえなくなった。
調べたら鉄道捨てられた夫みたいになってる。
どうすれば良い?
続きを読む

643 :名無しの心子知らず2012/11/13(火) 11:13:10.24 ID:CrFixbEa

会社で社長の奥さんが子供を産んで、
私事務員なのに凄い押しつけだったから「辞める」と言ったら
陰湿なイジメ開始・・・

引き継ぎが終わるまでの辛抱だけど、挫けそうだー!助けて!
続きを読む

920: :2017/05/10(水) 20:38:22.60 ID:

【自分の年齢・性別】
38歳 女
【相手の年齢】
41歳 男
【結婚年数】
1年半
【子供の有無】

【相談内容】
自分 専業主婦 無職 精神科通院中
主人 サラリーマン 職業はSE


去年から約1年以上、主人に無視されています。
きっかけは私がキレたことです。

主人からは、
「自分の嫁はもうタヒんだ。
自分の好きだった嫁はもうこの世には居ない」
と言われています。
話しかけても、メールをしても返ってくるのは「タヒね」などの暴言です。

大きい音をたててドアを閉めたりして威嚇してきます。
私と家の中ですれ違うと聞こえるか聞こえないかくらいの声で罵倒してきます。

主人は現在、風呂屋店に通っているようです。
また使用済みの避妊具が部屋から見つかったこともあります。

私がキレた理由は
札束で顔をたたかれる(毎月)
私が今日外出した、というような話をすると
「間男に会いに行ったのか」と言ってくる
手でピースを作って両目を潰すようなしぐさをしてくる
性生活の拒否
やることなること全てを否定してくる
「病院へ行っても無駄だ」という発言。
友人の悪口を聞かされる
老後や貯蓄など夫婦だったらするであろうライフプランの話し合いなどの拒否
お金がなくなる(私の不注意です)
「お前はどうせ間違うに決まっている」などの見下し発言
などの積み重ね。


キレたことについては既に謝罪しましたが、許してはもらえません。
歩み寄ろうにも、話し合いの席についてもらえません。価値観のすり合わせができる土壌はありません。

毎月、お金をもらっています。
家の掃除くらいしか家事をやらせてもらえません。
食事は別です。

離婚する場合、今無職なので、仕事を探してある程度の経済基盤を作ってからになります。
また、離婚に備え、
「タヒね」と言われたときの音声とメールは保存してあります。
店通いだけでは有責にはできないとは思いますが、行為レスは有責にできるのではと思っています。


踏ん切りがつかず、離婚を見据えての職探しなので、仕事がみつかったら離婚だと思うと、理由をつけて職探しをサボってしまっています。

もう愛されていないんだと割り切って家庭内別居を続けるか、
思い切って離婚するか迷っています。主人も苦しんでいるように感じます。
続きを読む

678: 名無しの心子知らず 2017/07/30(日) 00:09:11.78 ID:zS+QXuBN
すっごく腹立つ。もう昨日のことだけど
息子が遊びに行って帰り道に赤ちゃん?連れの妊婦を見たらしい
妊婦は赤ちゃんになんかイライラしてて赤ちゃんも泣きながら歩いてたらしい

それでかわいそうだからと、持ってた氷砂糖をあげようと思ったらしい
息子は自転車乗ってたからその妊婦を追い抜いて少し前で止まって
妊婦が通りすぎる時に「これいる?(氷砂糖)」って声かけたら
無視されたらしい、2回も

恥ずかしくなって急いで帰ってきた…って話聞いて
妊婦にイライラしたわ、なんで無視するんだ
続きを読む

【後編はこちら】
687:名無しの鬼女さん2014/01/22(水) 14:05:31.51 0

うちの義兄嫁の話を聞いて下さい。

私は34歳、義兄嫁41歳。

結婚当初からなにかと上から絡んでくる人です。

1年半前、私が二人目の子をタヒ産したのですが、義兄嫁から送られてくる上からメールが
ひどかった。「救える命だった」「赤ちゃんがかわいそう」云々・・・スルーしていたら、
主人にまでメールが届くようになり、それがあまりにも酷かったので、
主人から単純に「そっとしておいてほしい、黙って見守ってほしい」と返信してもらい、
やんわり遠ざけたんです。

その日を境に彼女からのメールは止んだのですが、そのかわり次は無視がスタート。
義両親のところで、月1のペースで夕食会みたいなものがあって同席しても、
私達夫婦は眼中にもない、といった感じ。何か聞いても、YES/NOの返事のみ。

まあ、ヘンに絡まれるよりはいいかもと私達は気にしていなかったのですが、
今になって、義兄嫁から「あなたのタヒ産の事で思い悩んでいて、円形脱毛症にまでなった、
謝りにくるか、謝らないならその説明が聞きたい」と呼び出しがありました。

タヒ産したのは私たち夫婦、全く関係のない義兄姉に謝らなくちゃいけない理由がわからない。
個人的に迷惑をかけた覚えもない。しかもタヒ産したのは1年半も前の話。

義兄の話によると、義兄嫁は、私のタヒ産後いろいろと気遣ってやっていたのに、
失礼なメールをおくってきた主人にご立腹との事。
呼び出されたのも、私ではなく、なぜか主人のみ。

頭わいてるとしか思えない・・・。

長文・駄文失礼しました。でも腹がたって、気持ちが抑えられません・・・。
続きを読む

870: 名無しの心子知らず 2016/06/27(月) 23:31:46.92 ID:NHQpdNPH
2歳の子供がおはようございます!とか
何してるの?とか話しかけてるのに無視する大人にモヤモヤする。

無視された子供が、何でお話しないんだろうね?と疑問を言うと睨んでくる。
正常なコミュニケーションが取れないとああいう大人になるんだな。
続きを読む

105: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)17:26:08 ID:1kV
嫌いな人の挨拶でも無視しちゃだめって風潮が嫌い
嫌いな奴が会ったら会釈してきたので無視したら
周りに何とも言えない空気が流れた

嫌な思いさせられてる私が元凶を無視したくらいで
周りから引かれなきゃならないんだよ

誰だって嫌いな奴は無視したくなるし、した方が気分良いのに
なんでストレス溜める方が推奨されてるのかわからない
続きを読む

53:名無しさん@HOME2014/07/18(金) 15:29:20.07 0
ありがとうございます。
トメさんは婚姻時より毒を吐き続けるような人でした。
元夫には全て悪気がないからと片付けられていました。
離婚後1年以上たっています。
私の兄弟に借りた物が元夫のところにあり(婚姻時住んでいた場所)、
それが必要だからとメール、電話を元夫にするも完全に無視。
怒る兄弟。
仕方がなく元義理実家へ電話をしました。
1回目ウトさん。
「坊息子に連絡させるから」
その後も、無視。
続きを読む

910: 可愛い奥様 2013/12/01(日) 22:10:38 ID:86c8Alm50

長文です 

同じマンションのA奥が妬ましくて仕方なかった 
凄い美人で色っぽいし頭の回転が早くて会話も面白いし英語堪能 
でも押しが強いではなくどちらかと言うと控え目で 
誰かを立てる事がとても上手だった 

他の奥にも可愛がられてて大人気でアイドルみたいだった 
持ち寄りでホームパーティした時の料理もお洒落で美味しくて 
私の旦那も他の家の旦那もメロメロだった



A奥の旦那は旧帝卒の医者で年齢の割に出世してるそうだ
私の旦那も世間的には低スペックじゃないけど
当時の私は愚かだったからA奥が羨ましくてたまらなかった
A旦那は背が高くて美形で格好良くて
近所の子供とも遊んでくれる気さくな人
女なんていくらでもつまみ食いできそうなスペック
マンションの奥たちも(冗談だろうけど)

A旦那さんになら誘われたら断れないよねーなんて言ってた
A旦那がA奥にべた惚れだったから言えた冗談だったけどね
でも当時の私は自分に自信があって
確かにA奥は美人だけど元モデル(売れなかったけど)の私だって負けてないと思い込み
A旦那に色仕掛けwを試みた

最初はA旦那は色仕掛けと気付かないで適当にかわされていたが
その内挨拶をしても無表情に生返事しか返って来なくなり
一度はっきり「迷惑だ」と言われた
それでも私はやめなかった
旦那に言うなら言えばいいと思っていた
むしろそれ位のきっかけがないともう引っ込みがつかなかった
最終的には完全に無視されるようになった
  続きを読む

このページのトップヘ