タグ:漬物


511:1/22010/01/31(日) 20:12:40

DQかな〜とちょっと微妙だけど書いてみる。

同居トメはたっぷり買い込んでは腐らせ、切れたウトがまとめて捨てるって感じの人。
ウト亡き後、私たち夫婦が同居になったんだけど、
嫁に食材を使われるのもイヤ、でも嫁に捨てられるのはもっとイヤなだそうで、
どんどん冷蔵庫がとんでもない事になって行った。
私は普通程度に冷蔵庫を整頓するタイプなので、それに慣れていた夫がブチ切れ。
トメは渋々ながらも整頓をするようになって行った。

それと並行してトメに腐った物を食べさせられそうになる。


前もって「コレ痛んでるからあんたお食べ」と言ってくる時もあれば
何も言わずに出してくる時もある。
冷蔵庫を腐海にするのは得意なのに、痛んだ物は絶対食べないので
私一人にだけ出して自分は進められても食べないのでバレバレ。
私も小娘じゃないので、スルーしてる。

ある日、お昼ご飯にお漬物を出した。
それをトメに「コレ凄く美味しいんですよ」と執拗にすすめ、
幾ら薦められても「トメさんに食べてもらおうと思ったんで」と私は口にしなかった。
これは前置きナシの腐った物を食べさせようとするトメの常とう手段。
トメ、真っ赤な顔でこっちを睨んできたけど無視。

夕飯、トメが残した漬物を出して「お漬物どうぞ」と言ったら
「ちょっと!!あんたっ!こんな物食わせようっての!」と切れた。
そして夫に「食べちゃだめ!腐ってる!」と漬物に箸を叩きつけた。

続きを読む

【前編はこちら】
416: メロン木下 ◆B0YjnRD2hA 2008/07/30(水) 14:39:09.41 ID:PmPMpuoD0
仕方ないからポッケから漬物を取り出し、みんなに配る。 

女「いや…屋台とか…ねぇ」 

なんだこのスイーツは。 

贅沢言うな。うちは貧乏なんだよ。 

リア「誰か行ってくれない?」 

俺「仕方ない。ジャンケンだな、ここは平等に」 

リア彦「……マジで?」 

俺「一人じゃ寂しいから二人選出しようか」 

チッ 

今度は明らかに舌打ちが聞こえたんだけどさ、気のせいだよね。 

そうだよね?
続きを読む

【後編はこちら】
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/07/29(火) 18:06:03.87 ID:0twm44wJ0
昨日補習時にリア充グループが縁日に行く計画をしているのを盗み聞き。 
待ち合わせ場所と時間帯は把握している。 

当然俺はぼっち。
でもまあなんとかなるよね。 
あ、別に寂しいとかじゃなくてね、ほら、夏を満喫したいっていうね。 
そういう何ていうか風情を感じなくちゃなって思ってね。うん。 

でもまあまずは何とか集団に溶け込むところから始めないとな。 
なんかいい案ない?
続きを読む

849: おさかなくわえた名無しさん 2010/02/04(木) 20:33:27 ID:gn04Bt5q
旅館の朝食バイキングで、友人がピンク色の漬け物を取って来ていた。
しかし、彼女が一口それをかじるなり「うえっ!」と言う反応。
本当に吐きそうな声だったからこっちもドキッとして、どうしたのか聞けば
「桜ダイコンかと思ったけど、食べてみたら赤カブだった〜。カブ嫌いなのに
まだ3切れもあるよ、どうしよう〜」
おいおい、調子に乗って4切れも取ってくるからそうなるのだ。
(漬け物って結構当たり外れがある気がする)
第一、いくら嫌いでもいい大人が「うえっ!」はダメだろう。
友人がどうしてもダメだと言うので残り3切れは引き受けたが、私は
元々カブが好きなのもあって美味しく感じられた。
ちなみにあとで売店を覗いたら、ご当地品種のカブの漬け物として同じ物があった。
続きを読む

541: 名無しの心子知らず 2008/08/18(月) 18:17:35 ID:fVAYiVFG
息子の学校のすぐ隣にあるお店で漬物のもとを取り寄せていて、 
代金はすでに払い済みだったので、 
「今日プールの帰りにもらってきてね」と 
その領収書を持たせて息子を送り出しました。 
そのやりとりをエントランスでしたため、 
同じマンションのセコケチ泥ママに聞かれていて、 
息子がお店に行ったときにはすでに、商品を引き取られてしまっていました。 
お店の人も、男の子が来てうちの名前を名乗って「漬物のもと」と言ったので、 
なんの疑いもなく渡してしまったとのこと。 
とりあえずお店の人が弁償してもう一度取り寄せてもらうことになりました。 
続きを読む

867: 名無しの心子知らず 2011/09/06(火) 21:32:46.80 ID:A8/72xUu

すっきりもしないし、数年前の事だけど、思い出しても悔しい話 
うちは兼業農家で、祖母が漬物や味噌を作ったりする 

そもそもそんなに量が無いのと、万が一に体調を崩されても責任取れないので、 
自宅消費分で、売ったり分けたりは基本的に無しでした 

その祖母もなくなり、祖母が仕込んだ物も、最後は味噌が1樽になりました 
祖母の味を研究中の母は少しずつ大切に使っていました 
いま思うと不用心なのですが、味噌倉には鍵は無くて出入り自由でした 

私は未婚で実家住まいですが、母が嫁いだ妹に味噌や漬物を持たせていました 
そして妹はママ友と駐車場で、それを話していたようです 
味噌や漬物入りのバケツをえっさほいさ運んでいたら、 
そのママ友は世間話がてら運搬を手伝ってくれたそうで、 
部屋に呼んで少しおすそ分けしたそうです
続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/24(水)00:55:36 ID:YnF
2度と行かねえわ
続きを読む

このページのトップヘ