タグ:浄水器

お姉ちゃん(32)がアムウェイにめちゃくちゃはまってるんだが・・・

1 :名無しさん@おーぷん:2017/09/28(木)21:49:03 ID:8b4

どうにかしてやめさせたい。
お姉ちゃん未婚だしこのままじゃ終わりだ
人の人生に口出すべきじゃないのかもしれないけど
続きを読む

900: 2014/09/25(木) 09:22:30.59 0

借金の申し込みの部分は同情して便乗

義兄嫁(私より年下)から「パパ(義兄)には内緒にして」と
10万円の借金を申し込まれた
使い道を聞いたら同情して貸したくなるかもしれないからと
即「身内同士でお金の貸し借りはダメだよ」と断ったら
「えーなんでーいいでしょー貸してよー」とリアル地団駄で暴れ出した
近所の奥さんたちがワラワラと集まってくれたので
恥ずかしくなって逃亡したけど
後から留守電に「お願い」「どうしても必要なの」「私さん晩婚だからお金持ってるでしょ」と
何度も何度も入ってくる
夫に聞かせて義兄に連絡してもらった
「パパには言わないでって言ったのに!」と文句を言ってきたので
「わ・た・し・は言ってないです。言ったのは夫です」
と小学生並みの返事をしてしまった

結局使い道はお気に入りブランドの新作の服を買うためだったらしい
食費を減らしてまで自分の洋服を買うので義兄が家計を管理するようになって
かなりの金欠状態だった

ちなみに私は28で結婚してるので晩婚ではない←一番の怒りポイントw
義兄嫁は19で結婚してて年下なので年の事でからかわれている
続きを読む

31名無しさん@HOME 2012/01/12(木) 21:44:55.07 0
修羅場と言っていいかはわからんのだけど。

正月に実家に帰省したら、俺の妹(独身、あだ名ジャイコ)の機嫌が悪くなってた。
自分より年下の俺の嫁が2人目を授かったことがむかつくらしい。
しかも両親が嫁をちやほやして可愛がるから余計に苛々するらしい。
そりゃ行き遅れジャイコより優香似の妊婦のほうが大事だろ
jk。

お袋が嫁をキッチンに連れて行って
「浄水器つけたのよー。これであなたの滞在中も安心ね」
みたいなこと言ってて、嫁がありがとうございますとかやってたらついにジャイコ発狂。
「お前なんかトイレのつ水でも飲んでりゃいいんだよ!」とか叫びながら嫁に突進。

親父とお袋と俺で嫁を鉄壁のガードw
跳ね返されるジャイコw
怒り狂ったジャイコが浄水器ぶん殴るwww殴りまくるwww
水道がぶっ壊れて噴水発射www
ジャイコずぶ濡れで呆然www
嫁はお袋がしっかりガードして髪の毛1本濡れてねぇwww

修理代3万だよ。どういう壊し方したんだよバカジャイコ。なんで俺が修理代払ってんだよ。
続きを読む


友達をやめる時

362:名無しさん@おーぷん2014/06/28(土)22:48:57 ID:AzUOZ2Uyq
マルチにハマった友人が飲食店で出される水を飲まなくなった。
最初はそうでもなかったけど、最近になって私にも飲むなと言い始めた。
いわく毒素が化学物質が塩素が錆が水垢がどーのこーので
「こんな毒水を飲んでたら子宮がダメになって不妊になる」と演説をはじめ、
「そこでこの浄水器の出番なのよ!今なら半額の30万円で買えるの!」と
カバンから浄水器のパンフレットを取り出した。
「そういうのまったく興味ないから。しまってくれる?」と断ったのに
「世の女は馬鹿すぎて自分の体に無関心。ほら、あの人もそう。
 こんな毒を平気で飲めるのは、水道水がいかに有害かを知らないから。
 あとで不妊で苦しむことになるって分かってない!
 子供ができなくて苦しむのは自分だけじゃなくて夫や親もなのに!
 あんなネイルしてる場合じゃない!こういうモノこそが本当の女子力!」
大声で周りの客を貶めつつ広げたパンフレットを差し出してきた。
思わず、「確かに水は飲んでないけど、食べてるよね?
そのサラダもスープもパスタも水道水で洗われて煮られて茹でられてるけど
それは平気なんだ?飲み水だけにこだわれば子宮は助かるってこと?」
と言ってしまった。純粋な質問だった。
そしたらおえーって叫びながらトイレに走って行って、
しばらくして涙目で戻って来た。吐けるだけ吐いてきたって。

料理にも水が使われてるって言われるまで気づかなかったらしい。アホすぎる。
何をすすめられてもきっぱり断ればいいだけだから
友達を辞める必要はないと思ってたけど、完全に呆れてもうダメ。
会ってもマルチ商品の話しかしなくなってきてつまんないし。
子宮が不妊がって言うけどそもそも彼氏もいない30代の売れ残りババアに
そんな話関係ないよねって言ってやってから帰って来た。すっきりした。
公衆の面前で売れ残りババアって罵ったことを謝ってほしいって
ラインが来てるけど既読無視で絶賛放置中。
続きを読む

このページのトップヘ