タグ:泥棒

555: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/07/22(火) 21:49:53.34 ID:ob+sTQVQ
優しくて気が弱い旦那が思ってたよりもひどく冷血人間だった事が分かってしまった修羅場話 

ママ友数人とで買い物に行った時に私はエコバッグに新しい日傘を入れてたんだけど 
ちょっと休憩中、フードコートのテーブルに置いといた時に、ママ友にエコバッグを持ち逃げされそうになったのが第一の修羅場

「ちょっと間違えちゃった」とか言ってたけど絶対わざとでしょ!としか思えなかったので問い詰めたら急にダッシュで逃げ出した 
慌てて追いかけたらエスカレーターの隣にある階段の所で足を滑らせたらしく転げまわって落ちて行ったのを目の前で見たのが第二の修羅場 
落ちた人は他のもうちょっと彼女と親しいママ友に連れられて救急車で運ばれて行った 
後に足を骨折してしまった事を聞いた 

この話を旦那にして、病院へのお見舞いに一緒に行ける日は無いかと聞いたら 
「バッグは無事だったんだろ?別にお見舞いなんて行く必要はない」 
なんて平然と言って来たのが最大の修羅場 
「お前が突き飛ばした訳でも何でもないんだろ?じゃあこっちが責任を感じる必要もないし自業自得だろ」 
なんて何で平然と言える!? 
確かにこっちはエコバッグとその中身と日傘を持ち逃げされそうになった被害者未遂だけど 
私が変に彼女を問い詰めちゃったから向こうも慌てて逃げて、それで大きい怪我したんだから私にも責任が無いともいえないし 
そもそも関係者なんだから知らぬ存ぜぬは通らない 
私のせいでもあるんで旦那にも一緒にお見舞いに来てもらった方が良いと思って話を振ったのにあんな冷たい考え方するなんて…と一緒に暮らしてる事にちょっとゾっとした 
私が階段から落ちてもお見舞いにも来てくれないとかあるのかな…と思ってしまうようになったのが第四の修羅場だったりする
続きを読む

653:名無しさん@HOME2010/11/16(火) 15:26:22
今日の昼ごろ、近くの店から電話が有って、
うちの姑が万引きで捕まったので引き取りに来いと言われた。
「今高熱出してて外出できないし、嫁の私よりウトに言って」
で回避した。

DQNなのは、私は平熱で健康体だって事w
トメの尻拭いなんかまっぴらごめんだよ。
とりあえず今日やらないといけない家事も済んだし、
今夜のうどんすきの支度だけして寝る。

ウトに言うか警察に言うか息子に言うか、
どれを取ってもトメには地獄、ざまぁw


続きを読む

789: 名無しの心子知らず 投稿日:2012/03/05(月) 15:31:21.57 ID:FPFLvKWu
この時期になると思い出す、昔の泥話。 

娘の服がよく盗難にあっていた。 
それも、家と学校の両方で。 
結局、幼児期から習い事が一緒だった
A子ちゃん(一学年上)のママと、
その姉(教員。娘の学年を担当したことはなし。独身)が氾人で、
ママ友だと思っていたA母が、 
私家で他の友達親子もまじえてお茶している時に自ら自白。 


続きを読む

648:1/32010/08/22(日) 22:22:45 ID:pMVPFdd9
事件から1年たったし、当時の職場は辞めたのでカキコ。
ママというより夫婦で共謀話だし、
捕まえてないのでスッキリしません。
長いので苦手な方はスルーお願いします。 
ショッピングセンター内のテナントで店長をしていた。 
県内に数店舗ある内の2店舗を兼任していて、
店舗間の距離は高速を使っても70km程離れてる。 
商品は基本的にセキュリティのタグが付けてあるか、
セキュリティケースに入れてある。 

ショッピングセンター及び自社の決まりで、
万引きはその場で捕まえてはいけない。 
自分達で追いかけてはいけない。警備員・保安員へ通報のみ。 
ショッピングセンターから出てからではないと捕まえられない
という決まりがある。ここまでが前提。 

ある日、若い夫婦と子供3人という家族?が来店。


続きを読む

136:1252010/10/09(土) 12:13:56ID:cLrDXw26
万引き氾の口コミってあるよ。
別にサークルや業界があるわけじゃないんだ。
例えば中高校生なんかグループでやる事多いから、
あそこの店は万引きしてもお説教で済む
なんて噂回ったら、それこそイナゴみたいに湧いてくるよ。

逆にあそこの店は親と学校呼ぶ前に警察呼ばれるってなったら、
面白いくらいにピタっと誰も来なくなる。 

それから大人になっても
常習氾の人は罪悪感が無いから、人にぺらぺら喋るんだよね。 


続きを読む


326: 名無しの心子知らず 2013/10/02(水) 20:20:45.76 ID:mRHRu8tw
流れが止まってるようなので、
いたずらしただけのつもりだったのに、
後味悪い展開になった泥棒話。


続きを読む

このページのトップヘ