タグ:泥棒猫

769:名無しさん@HOME2012/07/29(日) 14:55:28

空気は読めない。

今から10数年前の真冬のこと。
一人暮らしのアパートに、深夜1時も過ぎた頃にチャイムが鳴る。
ドアスコープから見ると当時付き合っていた彼が立っていた。
しかもTシャツ姿で。


驚いてドアを開けると、ボロボロのTシャツ1枚“しか”身に着けてなかった。
彼は
「とりあえずタクシー代を払ってほしい」と私に言う。
どうやらその姿でタクシーに乗って来たらしい。
タクシー代を払って、彼を家に入れて事情を聞くと、「“奥さん”と大喧嘩してその姿で追い出された」と。
奥さんだなんて、私知らない。聞いてない。
そこが私の第一の修羅場。
続きを読む

71:名無しさん@HOME2007/01/31(水) 14:24:56

断り続けていたのに勝手に仕送りやら小遣いをずーーーっと送りつけていたウトメ。
時には手紙に札を入れてきたことすらあった。
どんなに断っても
「人の好意は黙ってもらっておけ」とそのうち怒りだしとまらない。
結局10年間でウン百万になった。
ある日「そろそろ仕事をやめて家業を継げ、こっちにもどってこい」とお達しがあった。
なにをいってんだと夫婦でポカーン。電話でやりとりしても埒が明かないだろうと、私が単身話を付けに行った。
今の職を捨ててまで行けるわけがないと話を始めたら案の定
「今までお前らにいくら渡したと思っているんだ」「泥棒猫!」といい始めたので、

「こっちが何百回もいらんといっているのに勝手に送りつけやがって迷惑千万だったうえに、結局金でうちらを買おうと していたってのがよくわかった。あんたらがいくら事業で成功して金を持っていようが人の心は買えない。 その証拠に(上の兄の)嫁さんもう二人も出て行ってるじゃないか。いい加減目を覚ませ!!」
と最後は怒鳴りつけ、今まで「仕送り」してきた分プラス20万(一応手切れ金・・・)を奴等の足元に
たたきつけてやった。

正直これがしたかったので旦那はつれてこなかった。さすがに親のそんな姿見せるのも可哀想だったし。
けっして旦那がヘタレなわけではないですが、親はまさに恐ろしい餓鬼だった。

本当は顔にたたきつけてやりたかったな~~~~
続きを読む

730: 名無しさん@HOME 2013/05/22(水) 15:17:44
昨日買い物中知らない女子高生にビンタされて「泥棒猫」って泣かれた。 
隣に居た旦那も娘もキョトーン。 

結果人違いだったみたいだけどピアスが飛んでくくらいのビンタだった。 

未だに痛い。
続きを読む

730: 名無しさん@HOME 2013/05/22(水) 15:17:44

昨日買い物中知らない女子高生にビンタされて「泥棒猫」って泣かれた。 
隣に居た旦那も娘もキョトーン。 


結果人違いだったみたいだけどピアスが飛んでくくらいのビンタだった。 

未だに痛い。
続きを読む

このページのトップヘ