タグ:泥




448: 名無しさん@おーぷん 2016/12/16(金)11:44:00 ID:lbo
20代の終わりに付き合ってた男性に、
「そろそろ君と結婚したいと思うけど、君の仕事は転勤がある仕事だし、
君の転勤に付いて行くのも結婚してるのに一人で暮らしたり、
1人で子供面倒見たりは出来ないからやっぱり結婚は無理」
と何度か言われるようになった。

私は「彼が好きだし、部署変わるか転職すれば彼はプロポーズしてくれる」と思い込み、
部署移動の要望を出し、色々上司の不興を買った結果、窓際部署に移動になった。

そのことを彼に伝えたら、
「給与減るの?じゃあ結婚は無理だね、君を養うのは嫌だし」と言われ喧嘩した。
数日後には
「別の子を好きになったからもう別れよう」と言われた。
「そんなのおかしい」と言う私に、
「おかしいのは全部お前の頭だ基地外が」と言われた。

頭が憎悪でいっぱいになって、彼がくれたプレゼントをシュレッダーにかけて
袋詰めして彼のマンションの玄関前に置いたり、
彼の会社のカスタマーセンターに彼を中傷する電話を掛けたりした。

どうしたら彼を嫌がらせられるかばかり考えて、それで頭がパンパンになってた。

ある日会社で一度くらいしか話したことない同僚に
急にエレベーター内で「ものすごく怖い顔をしてる」と言われた。

何故だか急に泣きそうになって、お昼休みに一緒に外出して今までのことや今の憎悪を全て話してしまった。
「その人と楽しい思い出はあるの?」と言われ、
「・・・色々あったと思います」と答えたら、

「じゃあ無理してでも『楽しい思い出たくさんありがとう』って言って別れた方がいいよ。その思い出もタヒんでしまうよ、それは君の大事な物なのに」と説得された。

それ以降は別れた彼への嫌がらせをやめて、彼を思い出す物も処分した。

二年後その同僚は夫になった。

結婚後、元カレから一度連絡があり、
「マンションに空き巣が入って現金やら金目の物やら洗いざらい盗まれ、
挙句にベッドの上に  ウン○  されてたんだが、空き巣の犯人はお前じゃないか」と怒鳴られ、

「知らないよ、別れた後嫌がらせしたのは本当に悪かったけどそれは知らない。だいたい『鍵は変えたから』って自分で言ってたでしょ、じゃあ入れないじゃない」と言ったら、

「嘘つけピッキングで入ったんだろ、今すぐ○百万円弁償しろ振り込め」と言われ、怖くて警察に相談した。


その空き巣被害は、彼の住んでる地域で頻発してるのと手口がよく似てる
(残しウン○とか)犯行だと警察の人は言ってたんだけど、
私の過去の陰湿な嫌がらせが堪えたのか、それとも意外に良心や罪悪感があったのか、
会社でペン一本無くなっても、廊下で滑って転んでも
「絶対元カノの嫌がらせだ」と言っては、
周囲をドン引きさせてると、共通の知人から聞いた。
続きを読む




748: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/05/17(金) 22:54:46.09 ID:UTS+o7EX
ごめん、吐き出させてください。 

私は未婚なので苦手な方は見ないでください。 
先日ある事情(関係無いので略)で 
彼氏にお弁当を作って持って行き、其の儘朝帰りしました。 
色気のある様な事情ではなかった為、徹夜明けの私はフラフラと自宅への階段を登って居ると 
幼児が私の横を走り去り、その後ろをパタパタとキャリアウーマン的なママが追いかけ 
すれ違いざま私の持っていた殻のお弁当をひったくって行った。

「急いでるから!お弁当いただくわ」

と捨て台詞?を吐いて
私も思考が回ってないせいか、100円(急遽だったので100均だった)だし
いいかと自宅へ帰り其の儘泥の様に寝た。

そして夕方起き買い物に出よう家を出れば扉に

私コロス!とスプレーで落書きがされてた

変な叫び声上げて其の儘 警察へ電話した。 


続きを読む

383: 名無しさん@HOME 2010/12/08(水) 23:00:21 0
うちの子が障害者だからって差別するコトメの部屋荒らしてやったwこっちだって疲れてんだからたまには労わって預かってくれりゃいいのに 
何度頼んでも差別して断ってくれるお返しだよ~www 
コトメの貴重品隠してきたから、土下座で謝ってきたら返してやるつもりwwww 
すかっとした~wwwwww
続きを読む

649: 名無しの心子知らず 2007/04/22(日) 22:56:47 ID:Pg6cwj9e
焼酎を持っていかれたけど、取り返してきた。
疲れた・・・orz

土曜の夜に保育園のママ友と子供含めて集まってうちで飲んだ。 
今までも仲良しになった家族とやってたんだけど、今回、初めて参加の親子がいた。
で、以前から特に仲良くしていたママさん(Aさん)が焼酎好きで
今回その人の為に会費分で買っておいた物とは別に
うちでは飲まないいただきものの焼酎を渡そうと思って用意してた。

会費分で買った分は、余れば皆で分けてたんでその時も終わり頃に分けて用意していたら、
それとは別に渡そうと思ってた焼酎が気がつくと無い。 

最初は間違えて持って帰ってしまったのかと思ってたんだけど、どうも故意に持って行ったらしい。
確認したら「何で、Aさんだけ特別なの?うちだって行ったんだから焼酎好きだし貰ってもいいじゃない」と。
Aさんは、一緒の習い事も行っていて子供の送り迎えをしてもらったり、
おすそ分けを貰ったり特にお世話になってるからこそ、その焼酎をおすそ分けをしようと思ってたのに、
何で今回たまたま話の流れで呼んだだけの人に特別にしなきゃいけない理由があるのか
という事を説明したが返してくれなかった。

仕方ないので当のAさんに渡すと飲み会の前に言ってたので謝罪したら
「一緒に泥棒の家に行こう」と言う話になった。泥棒の家に行くなり、Aさんすごむすごむ。こえぇぇぇ。
最終的に泥棒の旦那に話をという事になり、泥棒の旦那はDQだったんだけど、
Aさんの後輩に当たる人(この辺、実はいまいち理解できなかった)で
泥棒も泥棒旦那も私達に謝罪し、焼酎は返して貰った。

Aさんは帰り道「ごめん。頭がおかしい時期があったんだよね。引いた?
焼酎もどうでもいいんだけど、このままだと腹立つからさ〜。お願い。引かないで〜」と泣き笑いな感じで言ってたけど、引きませんw
「姐御、付いていくわって感じだったから、大丈夫」って言ったら安心したように笑ってた。
もうそいつは二度と呼ばないし、知ってる人にはAさんの事はぼかして根回ししたよ。

とにかく疲れた・・・ 
続きを読む

828: 名無しの心子知らず 2011/05/25(水) 13:04:54.35 ID:I5oaUJrS
泥と迷ったけど未遂だったのと、どう考えてもキチなので 

仕事帰りに近くのレストランで食事してたら、髪留めを盗られた 
しかも、髪の毛ごと 


いきなり後ろから髪を引っ張られて、子供が悪戯してるのかと思い注意しようと 
振り向こうとしたら耳元でハサミの音がした。一瞬何が起きたのか理解できず硬直 
で、妙に頭が軽くなったと思ったら束ねていた髪がうなじ近くまで消えていた 

お店の人が飛んできて、慌てて犯人を拘束してくれた 
犯人は後ろの席にいた子連れの若いママ 
「こんなドブスより、この子(連れていた子供)の方が髪留めにふさわしい」とか叫んでいた 
近くにいたママの知り合いらしいおばさんが「〇Xさんこの子、男の子でしょう」と言っても 
「△(多分男の子の名前)は男の子にするんだからいいの!」と話がかみ合わない 
どこから見ても女物の髪留めなのに、男の子らしくさせるんだったら要らないんじゃないか? 
実は子供をだしにして自分が欲しいんじゃないか?とか 
本当なら怒るところなのに関係ないことばっかり考えてた 

結局キチママは警察に連れて行かれ(髪切っても傷害の現行犯適用されるらしい) 
お店からは美容室代+αをいただいた(食事代は払おうとしたが受け取ってもらえなかった) 
カット代は店よりもキチママに払わせたかったが初犯じゃなくて 
色々と面倒なタイプの人種らしいので被害届提出の後は警察に任せた 
続きを読む

678: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2015/12/23(水) 11:16:38.79
当時働いていた職場と取引先の中間あたりにレディースマンションがあった。 
オフィス街の外れにあるのだが、治安は良いとも悪いとも言えない地域だった。 

ある日、そのマンションの自転車置き場の前を何度も往復している女性がいた。 
何をしているのかは推察できたが、女性の顔に見覚えがあったので声をかけてみた。 
「ゆうべここに停めた自転車が見つからないんです」 
(見つからないって、それはあんた・・・) 
「さっきからずっと探してるんですが、どこにも無いんです」 
それはきっと盗まれたんだろう?

「えっ?ちゃんと鍵をかけたんですよ?」 
いや、鍵なんてその気になれば簡単に壊せるよ 
「え〜〜信じられない!!(涙目)」 
(いやいや、この娘、いったいどんな田舎から出てきたんだろう?) 

会話をしているうちに、女性は俺のことを思い出したらしい。 
「あの、○○によく来られている方ですよね?」 
ああ、そうですが・・・ 
「この前、あそこの飲み会に参加していたんです」 
おお!どうりで見覚えがあったわけだ 
「わたし、これからどうしたら良いでしょう?」 
(知らんがな) 

取引先に向かう途中だったので、とりあえず自分の名刺の裏に自宅電話番号を書き、 
もしも手に余るようだったら、会社か自宅に連絡するように言ってその場を去った。 

その後、1男2女が生まれました。 
来年で結婚25周年です。 

続きを読む

このページのトップヘ