タグ:母




★前篇★
★後編★


18:424商店 ◆uy86KjKD3bXh 2010/10/01(金) 20:38:52 0
エネスレに書き込んだことがある者です。
夫が義実家が経営する会社(ほとんど商店)の連帯保証人だったことを黙っていた上
同居話を勝手に進めていたという経緯です。 

まだ決着してませんが、ずっと上から目線で強気だった旦那
ついにロミオメールを送ってきました。
鼻で笑っちゃったし、むかついたから投下。

保証人の件がバレた直後、旦那義実家に避難。義実家から送ってきたメール
「今どんな気分?
おまえが冷静になるまで、帰らない方がいいと判断しました。
それまでこっちで寝食するからね。
おれのぶんの食事は作ってもムダだよ。作るのはおまえの勝手だけど、食材がムダになるだけだから。」
  ↓
私がはじめて「離婚」と言いだしてからのメール
「冷静になった頃かな。おまえは昔からすぐ感情的になるところがあったね。
おれはおまえを好きだから大目に見てきたけど、親父や母さんまで巻き込むようじゃ
今回は甘くしてあげられないよ。一人で頭を冷やす期間が必要だね。
でもおまえのまいた種だ。大人なんだから責任をとりなさい。
おれも母さんもがっかりしている。A(共通の友達)もおまえに失望しているぞ。」 


 
続きを読む




★前篇★
★後編★

※最終的な報告なし※

424: 名無しさん@HOME 2010/09/03(金) 18:12:39 0
旦那が義実家の会社(超零細。ほとんど商店)の連帯保証人だった。
私の前では
「お袋も早くあんな店たたみゃいいのに」とぐちぐち言ってたくせに。
そして私に内緒で同居話を進めてたことも同時にわかった。
私には
「親父はあんなだから、とても同居なんか無理」
といつも言ってたくせに。

親の前ではいい子ぶって
「親を楽させたいから、ちゃんと俺の言うことを聞く女を厳選して結婚した」
とか吹いてたらしい。

義父は酒びたりでわがままで競輪狂い。
それを子供のときから見てきたから絶対ああはなりたくないっていつも言ってた。
そんな親父に苦労させられどおしだった母さんにそろそろ楽させてやりたいんだって。
だから私が義父の面倒を今後は丸かぶりするべきなんだって。
商店をつぶすのは
「母さんの生きがいを取り上げる気か!鬼!」
なんだって。
当座借入はもちろん連帯保証人の旦那が全部かぶるんだって。
それでもいいから店を続けさせたいんだって。

ちなみに子供できないのも私のせいだって。
レスじゃん。どうやって子供できるのさ。

旦那が異世界の人に見える。  


 
続きを読む

316: 愛と死の名無しさん 2015/10/01(木) 00:17:36.24 ID:g8oqXSa1.net
30代男です。 
昇進をきっかけに結婚しようと思うんですが、
自分の親にどう伝えればいいのか分からない。 

相手とはもう10年以上つきあってて、
完全に人生のバートナーという感じ。

ただ、父はともかく、母が毛嫌いしていて、
話題を出すだけで激怒、
いますぐ別れろろくな女じゃない会わなくてもわかる、
と捲し立てる感じです。

なんかもうめんどくさくて、「結婚することにしたから」
と宣言してしまいたい欲に駈られています。

説得するのも役目だとも思うのですが... 
まず何から はじめるべきでしょうか。

アドバイスお願いします。
続きを読む

840: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/08/14(木) 19:32:04.17 ID:ppk60knE.net
二十年近く前の話ですが失礼します。二つに分けます。 

母子家庭だったのだけど、母の姉に対する虐待が問題になって、姉が中二、私が小六のときに姉だけ遠縁の親戚に引き取られた。

姉とはほとんど話したことなかったから、無表情で無口な能面みたいな人というイメージしかない。

でも私は母に可愛がられていて、引っ越したりすることもなかったから、そのまま姉が通っていた中学校に新一年生として入学することになった。 

式はつつがなく終わり、空き時間に教室で出身小が同じの友達と話したり、他小学校の子とぎこちなく会話したりしていた。 

すると十人以上の見知らぬ男女の先輩達がわらわらと教室に入ってきた。
上履きは三年生の色だった。 
ピカピカの一年生のクラスだから、空気が一瞬にして凍りついた。 

そして、強面の男の先輩がドスのきいた声で放った第一声。 
「○山△子の妹って誰? このクラスにいるはずなんだけど」 

それは姉の名前だった。
気が小さかった私はもう本当にギョッとして硬直した。 

姉が何をしでかしたのだろうか、私は何をされるのだろうか、と恐怖が頭の中をぐるぐる駆け巡り、できれば知らぬふりをしたかった。 

でも私の名札にはばっちり「○山」と書いてあるし、そこそこ珍しい苗字だったので他人のふりもできず、結局バレた。 
そのときの心中が修羅場だった。
続きを読む

80: 名無しさん@HOME 2015/09/03(木) 12:13:09.33 0.net
母親が典型的すぎる実家依存だった 
父方祖父母の家に行くのは年一回数時間だけだっだが、
母方祖父母の家には母親と子供だけでかなりいりびたっていた

そんな母は、結婚した私にも同じようにするよう希望している 

今私は育休中なので日中家にいることが多く、
そんな私に毎日のように実家に顔を出して欲しいらしい 
娘なら気を使わずに実家出入りし、一緒にランチや買い物へ出かけ、
孫も当然母方祖父母の方により懐くのだと言い張る 

おかげで私は、一般的な義実家、実家との付き合い方や
距離の取り方が分からず、 
強迫観念のように両家を平等に!を貫き通している 

でも、これが正しいのかもわからない
続きを読む

766: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/20(土) 23:54:04.07
大立ち回りとかじゃないが、なんかいろいろアレだった話。 

今年のお盆、俺と弟(6歳下)がともにお嫁さん候補を連れて帰省することになった。 
俺は実家まで飛行機使う距離。弟は車で1時間。 

俺は進学を機に家を離れたが弟は地元大学に進んだため一人暮らしをはじめたのが最近であらたまった形で彼女を家に連れてくるのも初だった。 

まず俺と彼女到着。 
彼女の手土産をこころよく受け取り、彼女とわきあいあいするオカン。 
昼ビールを飲み、冷やし中華を食ってTV観ながら俺、彼女、オトンオカンでまったりしていた。
続きを読む

このページのトップヘ