タグ:正社員


147: 名無しさんといつまでも一緒 2017/12/14(木) 06:57:09.68 0
接客業の正社員してます
クリスマスの日にバイト入れる子がいなくて
みんなに頼んでいる状況なんだけどなかなか集まらなくて
そんな時に年上パートが
「◯くん入れるかもって言ってましたよ」と教えてくれた
そしたら別のバイトが「良かったじゃん」って言ってくれて
「◯くんは嫌だなーこっちにだって選ぶ権利ある」って
あくまで冗談で言ったんです、
「私にも相手いるのになんで◯くんと過ごさなきゃいけないの」って

そしたらその話聞いた年上パートが激怒しちゃって
上司に話してしまったんです
上司には怒られなかったけど内心どう思われたのかな

続きを読む


382:名無しさん@おーぷん2017/11/07(火)13:03:35ID:DGF
初めてのバイトなんだけど、
バイトに行くと吐きます

一人一個縦長のロッカー
を割り当てられるんだけど、
私のロッカーだけ鍵がない

誰でも自由にあけられるから
荷物おきにされてる
私の知らない間にあけられるから
貴重品が置けない

支給された制服の靴が中敷きがない
踵もボロボロで、内側の加工が
全て剥がれ落ちたみたいな感じ

他の人は入ったときに
新しい靴買ってもらったらしくて、
「私子さんだけどうして?」って言われた
わからない


バイトを纏める正社員の人が
ロッカーも制服も指定したんだけど、
他のバイトの人からも
「ロッカー、鍵ついてるところ
まだ空いてるんだから、
そこにしてもらえないの?」

「靴発注してもらってるの?」
と聞かれるけど、
正社員の人に聞いてもはぐらかされる

一応年齢
私:来年二十歳
正社員:30代くらい
他のバイトの人:40代~

正社員の人の言い分は
「試用期間だから」だったんだけど
三ヶ月たって試用期間終わってるのに
ロッカーも靴もそのままで
それを伝えたら
「まだ一人前じゃないから」と言われて

「試用期間中に能力が
見合わなかったということですか?
それなら辞めます」
と言うと、
「コレだから若者は」と言われて、
退職願を渡したら捨てられた

その後は「給料泥棒にはこれで十分」
「半人前には新しい靴なんて勿体無い」

と言われて

他のバイトの人たちから
「正社員の人、なんかおかしくない?」
と言われてる

他の人もおかしく感じてるなんて、
やっぱりおかしいと思って
退職願また出したけど、やっぱり捨てられた

今のバイトは高校の頃趣味で取った
資格持ってるんで雇われて、
その資格証を提出してるんだけど、
それも返してもらえない

内科に行って吐き気止めもらっても、
仕事に行くと、
午前中は吐いて吐いてしんどい

こっそりトイレで誰にもバレないように
吐いてるけど、
昼間まで胃の中からっぽなのに吐いてしまう
昼すぎると不思議と吐き気が止まる

私が甘えただから精神的に不安定なのか、
やっぱり理不尽だから吐いちゃうのか、
どっちなんだろう

バイトくらい続かなくて
ろくな大人にならないって言われてるけど、
すっごいしんどい

続きを読む


92:名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/20(金) 12:35:17.57

愚痴というか相談というか
20代前半の新婚気団です

みなさんの嫁さんって趣味や人生の楽しみって何かありますか?
嫁さんには結婚を機にこっちに来てもらって現在職探し中なんだが上手くいかず。お互いまだ若いから子どもは2年後にと計画中
なので職が決まるまでは、家事全般してくれてるけど、昼間に空いた時間がめっちゃある

無趣味で昼間はナンデスとか見てるだけでもったいなすぎるんです
俺が仕事で疲れて帰るとたまにムカつく時もあるし
若いの今の内だしなにかしようよって言ってるが今までも無趣味だったから何も変わらず…
何でも良いからオススメできそうな物があれば教えてください

続きを読む

181: 名無しさん@HOME 2008/06/26(木) 14:14:15 0

トン切り失礼。
ここのテンプレ通りな毒コトメ
パラヒキニート&ご返品された自分の事を棚に上げ
続きを読む

【前編はこちら】
107:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)14:23:51 ID:CUj

>>89

その特殊な方の存在を婚約者側は知ってるの? その特殊性まで理解しているの?
「ケジメをつける」なんて言い回しから、容易く縁を切れる人達ではなさそうだけど
そういうしがらみがあったらおそらく紹介はないと思う
まずい経歴を隠したまま紹介を受けたら、婚約者父の顔が潰れる
そうなれば結婚も危うい
続きを読む

118:恋人は名無しさん2017/09/21(木) 13:32:52.67 ID:WrSxBLMm0
薄給派遣の俺に対して
「もっと高給な仕事に就職してよ!
私達の結婚のために!」

と彼女が急かしてくるんだが、
正直精神的にきつくなってきた


もちろん彼女のことは大事だし、
自分が不甲斐ないのも自覚してるんだが
毎晩とデートの度に

「就活進んだ?」「正社員なれそう?」
「どんな褒め言葉より
就職の報告が1番なんだけどなー」

とか、怒涛の追い詰め

「そういう言葉はプレッシャーだから
やめてほしい」
と言っていいものだろうか?

彼女落ち込みやすいから
注意すべきかどうか悩むんだ
続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/09/11(月)20:32:15 ID:E6N(主)

ワイ「もうこの会社で勤めて2年半になりますし、ワイのこと正社員にしてもらえませんか?」

営業「むしろ君に辞めてもらいたいくらいなんだけどねこっちは」

ワイ「え」

営業「君ここ入って1年経ったくらいから月1でほぼ必ず体調不良になってるけどどういうつもりなの?」

ワイ「…」

こんな感じで延々とくだらん説教されたから今週いっぱいで辞めることにした
続きを読む

806: 名無しさん@おーぷん 2017/07/04(火)00:04:43 ID:TdK
子無しの嫁って働いてる?
1.正社員
2.非正規フルタイム
3.パート
4.専業主婦

うちは1なんだけど2になりたいんだと。
理由は通勤が大変だから地元でやりたいんだってさ。

(片道40分くらい。俺も同じくらい)
いい歳してなに言ってんだって思ったんだけど
世間一般の子無し嫁は派遣だとかパートだとかで
適当に働いて旦那に食わせてもらうのが普通なの?
続きを読む

302: 恋人は名無しさん 2017/11/03(金) 17:45:51.59 ID:BWBcAXoy0
私28彼26、つきあって1年半 
親のせいで彼氏と別れそうになっており悩んでいます 

今軽くパニックになりかけており支離滅裂な相談になるかもしれませんが、
彼氏と別れたくないので何とかお力を貸して頂きたい
まず私も彼も契約社員で正社員ではありません 
彼が正社員ではないことは私は付き合う段階で知っており、
彼の人柄が好きで付き合っていました 
しかし私の親は彼が契約社員であることをよく思っておらず、とんでもないことに彼に直接
「もう娘と会うのはやめろ。大の男が26にもなってバイト同然など恥ずかしくないのか」
と言ってしまいました
その場では平静だった彼でしたが、
後日「君とは本気で結婚も考えていたが無理だ。
君のご両親のおっしゃることはごもっともだけど、
俺のことをあんなふうに思ってる人とうまくやっていく自信は無い」
と、もうほぼ別れ話をされました
その後連絡は取れるものの、どこか前とは違う彼

大好きで楽しくてたまらなかった彼との時間が奪われて、悲しくて苦しくてたまりません
彼が非正規なことなんて私は気にもしてなかったのに、
あんなことを言いやがった両親のことが手に血が滲むほど憎らしい
ずっと彼と一緒にいるだけで良かった、贅沢できなくても共働きして暮らせれば良かった、
それだけなんです

どうしたら今までの関係に戻れるのでしょうか?
もうこの世から消えてしまいたいぐらい苦しい
続きを読む

3: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/08(水) 21:50:49.32 ID:u6AndVMU
私は事務系派遣で働いてます。 
どこの会社でもやってることですが、非正規社員は昼食は食堂は使わず 
冷暖房のない薄暗い書庫でコンビニ弁当を食べるというルールがあります。 
外食する店も近くにはありません。この時期非常に寒いから通勤のコート着てかき込んでます。 

しかし問題が発生しました。 
Aという派遣が、正社員と仲のいいことを逆手にとって勝手に食堂に入り込んでランチしてることが発覚しました。 
さらに、正社員にたびたびおごってもらってるという驚愕の事実まで。 
これが人事にばれたらA自身だけでなく、普通に書庫で食べてる私らまで契約解除されるでしょう。

これはヤバいと思って、今日仕事の後にAを呼び出して注意しました。
「あのさ、派遣ならウチラと同じ場所でご飯食べてよ!違反だってわかってるの?」
「H田(正社員)さんが一緒に食べよっていうから仕方ないじゃん」
「少し正社員と仲がいいと思って調子乗ってない?そういう勝手なことするとウチラまで迷惑すんの!」
「別にご飯なんてどこで食べても一緒じゃん」
「は!全然わかってないね。ウチラと一緒に行動しないと困るの!」
とまあそんな感じの水掛け論、確かなのはAにはルール違反してるという自覚が全くないことです。
私とAは離れたフロアで働いてるからAの仕事ぶりは分かりませんが、Aの方が1個上です。

明日は集団で食堂に乗り込んで、Aを首に縄つけても書庫に引っ張りこんで飯を食わせる予定。
派遣はこれくらいやらないと生き残れないんです。
続きを読む

このページのトップヘ