タグ:暗闇


【①はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
【⑤はこちら】
52:432005/09/11(日) 03:02:43

やっぱ、男は浮気しても許されるが、女の浮気は許せないってやつなのかな?
(32さんが浮気者とは言ってませんので、あしあらず・・・)
でも、もう少し時間かけて考えてみても良かったんじゃないかい?
だって、長い結婚生活の中で、2ヶ月間の苦悩は短くないかい?
その間、本人にとっては暗闇をさまよってるわけだから、非常に長く感じた
時間ではあるだろうけど。。。
私なんて、もう1年以上悩んでいるよ。それは、もう迷宮の中にいるようさ。
ただ、45さんのように女はいろいろ問題があるので、離婚に踏み切るまで、
時間をかけるような気がしますが・・・
やっぱ、やれることやってみて、それでもだめって時に離婚かな。。。
32さんはもう離婚してしまったんだから、これからの人生を前向きに
いくしかないよね!男のほうが、再生できるの早いから、大丈夫だと
思うよ。しかし、たぶん、絶対うちの旦那よりはちゃんと家庭を省みてる
旦那さんだったのにねとは思います・・・


続きを読む



240: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)13:21:49 ID:SLE
ささやかながらやり返した話。

停電があった夜、近所の友達の家に遊びに行っていた娘(中学生)を迎えに行った。
夫は残業でまだ帰宅していなかった。

家に帰るまでに通らなくてはいけない河原があり、街灯も何もなくて暗い。
普段なら遠くのコンビニやパチンコの灯りが川に反射して真っ暗にはならないんだけど
その日は停電なので暗闇だった。
懐中電灯で照らしながら娘と歩いていると、ガサっと音が。
反射的に懐中電灯を向けたら、モロに汚いものを照らしてしまった。
露出狂でした。
この河原は昔からなぜか露出狂が多く、私も若い頃何度か遭遇したことがある。
その時のショック+非常事態に何してくれてんだという苛立ち+
私の大事な娘に粗末なもん見せやがって目が穢れるだろうが!という激怒があいまって
なぜか「杀殳す!」と思った。
懐中電灯を思いきり変態の股間に振り下ろした。
幸い当たらず(当たっていたら二度とその懐中電灯に触れなかっただろう)
変態は「ひゃうっ」と言って紙一重で避け、逃げ去って行った。
その後河原に露出狂が現れる頻度が激減したらしい。
壊滅してないのは、もう一人別なのがいるらしいから。
夫が「次に会ったら潰せ!!」と言ってたが潰すまでは無理かな。
続きを読む

このページのトップヘ