タグ:放置子

67: 名無しの心子知らず 2007/08/02(木) 17:58:30 ID:3eafjYvq
やられた!!! 
今夜から別荘行くんだけど今仕事終わって学童と保育園に子供迎えに行って帰ってきたら 
自宅前に旅支度した上の子の同級生兄妹がいた! 
 その子の親に前からやたら一緒に連れてけと言われてたが断ってました! 
今電話しても繋がらないし自宅どこか分からない! 
どうすればいいの?警察?ぱにくってます 
続きを読む

458: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/05/05(火) 19:31:27.50 ID:w+zj3WNC.net
同じ保育園から同じ小学校に上がった放置子に娘の財布2回盗まれたから警察行った。 
娘いないのに毎日放置子宅近所の私の実家に来て迷惑してる。帰らないし。むしろ不法侵入してるし。 
家も連絡先も知らないただの同級生だから親に直接言えないから警察行ったけど後悔はしていない。 
明後日から学校だから先生に報告の手紙書いた。 
疲れるだけの連休だったわ。
続きを読む

555: 名無しの心子知らず 2012/06/01(金) 13:59:57 ID:iYJgQgsn
>>556いきなり書き込んで申し訳ない。 
家に帰ったら知らない女の子が中にいて、 
「ここで(名指しで俺)に面倒見てもらえってママに言われた」とか言ってるんだが、 
そういう相談はここでいいのでしょうか。 


すでに警察には通報済で、きてもらえるのを今か今かと待っているところです。 
女の子はとりあえず目の届く範囲でTVを見ています。なんだこれ。 
続きを読む

594: 名無しの心子知らず 2010/01/27(水) 18:49:59 ID:h0FcQ+oT
うちの近所の放置子は、バカ母が男引っ張り込みたいが為に 
一年中外に出されっぱなしです。 
私の子供と同じ年だけど、幼稚園も行かせてもらってない。 
夏の暑い時は、熱中症でぶっ倒れたりもしてたけど、ずっと放置されてた。 

私は関わりたくないし、責任取れないから知らん顔してました。 
急に冷え込みが酷くなり雪が降る中も、外にいる放置子を買い物帰りに見かけた。 
放置子は唇を青くし、歯をガタガタ言わせてタヒにそうな顔してた。 
それを見た瞬間、堪らなくなって放置子を車に乗せて我が家へ入れ 
食事してないと言うから、食事させてしまった。 
放置子喜びながら泣いてた。

それから、車に乗せて放置子宅に行き放置子を車に待たせ 
チャイムを鳴らしたが出て来ないバカ母。 
裏口へ周り、ガンガン戸を叩いたら出て来た。 
バカ「何の用!うるさいし非常識じゃない。」 
私「子供放置して男引っ張り込むのは、非常識じゃないんですか? 
外で震えてましたよ。まだ5才の子をあんな目に合わせてあんた鬼なの。」 
バカ「他人に関係ないでしょ。タヒにゃしません。」 
バカ母彼「おっ、正義の味方気取りですか?かぁっこいいね」 
バカ「ちょ、ウケるんですけど。」 
私「はいはい、面白いね。話しても無駄みたいですから、相談所行きます。」 
で、放置子連れて児童相談所に行って来ました。 
その日の内に実父に連絡がつき、迎えに来てくれると言う所まで聞き 
帰って来ました。

続きを読む

137: 名無しの心子知らず 2014/07/24(木) 10:11:58.74 ID:tlg0uNhv.net
相手親とまだコンタクトは取ってないので託児とは違うかもですが、
数日前から放置子に粘着されて困っています 

スレチじゃなければ投下したいのですがよろしいでしょうか 
ここ1週間くらい、朝夕毎日こられて精神的に参ってます

続きを読む

253: 名無しの心子知らず 2011/11/28(月) 11:58:17.10 ID:T4AnG9CI
 
今中学生の娘が小学生の頃の話。


当時自分は手術後療養中で仕事を休んで家にずっといた。
娘はずっと鍵っ子だったので、家に誰かを連れてくるのが嬉しくてよく友達を家によんでいた。
いつも仲良しを呼ぶのだがそのたびに知らない顔が一人混じるように。
娘に聞いたら集まる話をしているとすっと近づいてきて行きたい行きたいと騒ぐ。
ちょうど同じ学年でいじめ問題で不登校になった子がいたので、

先生達が皆で仲良くとしつこし指導していたこともあって、

娘はいいよ~と軽く受けてしまったらしい。

クラスではまったく話もしない子だったので、我が家に来ても娘と仲良しの話に入れず
娘の部屋できゃっきゃやっていてもその子だけリビングで座っているのでこちらが気を使ってしまって、
ちょっと話しかけたらそれからは来る度に私にべったり。
私がクッキーを皆に焼いていると手伝う~とキッチンにずっといて絶え間がないぐらい私に話しかけて来ていた。

はっきり言ってしつこくてうんざりしていたけど娘が悪く言われないように我慢していた。
続きを読む

このページのトップヘ