タグ:悪阻


352:可愛い奥様2018/06/25(月) 15:36:59.47ID:aAOkORqR0
愚痴吐き出し失礼

24wでまだ悪阻が終わらない嫁、力を持て余した息子二人を放置して
一人ツーリングで観光地に出掛けて、20時に日焼けしたニコニコ顔で
帰ってきた旦那に久々にキレてしまった

「上二人は知らない間に大きくなったから一度ちゃんと子育てがしたい」
「妊娠中と産後のフォローはする」
と旦那の熱望で三人目に踏み切ったのに何だこれ

子育てのビジョンを聞いたら
「もう一回赤ちゃん抱っこしたかっただけでそんな難しいこと考えてない」
と言われて、妊娠してから一度も酒飲みたいと思わなかったのに
昨夜は飲みたくて飲みたくて寝られなくなった

それだけの考えの為に子どもにこんなに我慢させて
私も多分産むまでコースの悪阻に耐えてたのか?

私は二人で満足してたんだ、私たちの今までの生活返せよ!と
泣いて怒り、朝ももう何もかも嫌になって一人でワーワー泣いて
寝落ちして起きても頭痛いし最悪だ

こんな考えじゃお腹の子にも申し訳ない
悪阻で荒んでるだけだと思ってこれから気持ちを立て直していこう

続きを読む


307:名無しの心子知らず2008/01/09(水) 13:16:50ID:TeMcb3jI
長文でまとまりがない文章になってしまったので嫌な方は読み飛ばしてください。

現在初産妊娠中32wです。
妊娠発覚後からつわりに悩まされていて、家事全般すべて夫がしてくれていました。
体調が悪い上にに加えイライラがひどく、夫に当たってばかりいました。
大晦日に食事中の夫に相変わらずイライラをぶつけてると
静かに箸を置いた後「もう無理だ」と言われました。


夫の言い分は
妊娠中は妻を気遣え、イライラも妊婦特有の症状だから耐えろと周りから助言を受けていた。
そんなもんなんだと思って半年間ずっと耐えてきた。家事もできることはすべてやったつもり。
子供も欲しかったし、楽しみだった。そのために決して楽じゃない勤務状況(朝8時出発0時ごろ帰宅です)で
一生懸命やってきたつもりだったけど、もう疲れた。妊婦特有の症状でしかたないとはいえ
ずっと暴言を吐かれる状態が続き、私に対する愛情がなくなってしまった。
産まれてきた子供のことに関してはできる限り対応する、でももう私とは一緒に住めない。別れたい。
という内容でした。

普段優しい夫の言い分に私はびっくりして謝罪を繰り返しましたが、夫は上記の内容を一点張り。
私は初めて妊婦だということにかこつけて夫に甘えていたことを痛感しました。
12月には職場の忘年会が続き、真夜中過ぎに帰ってくる夫を浮気したんじゃないかと
朝4時ごろまで責め続けたり、立ち上がった私に風呂のスイッチをついでに押してほしいと頼んできた夫を
しんどいのに!と数時間罵倒し続けたり、とにかくひどい態度だったと思います。
実家が近いので帰っていいよとも言ってくれましたが、「浮気するつもりでしょ」と受け入れませんでした。
実姉にも夫に対する態度を注意されたことがありました。
優しい夫だから大丈夫だとどこかでたかをくくっていた自分がいて、私は改めませんでした。

続きを読む


671:名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/17(日) 22:09:37.21ID:wDiqnHDJp
妻専業妊娠5ヶ月、子供2歳。
子供が熱出してつわりの奥さんの代わりに
寝ずに面倒見てたら自分もうつり39度出たため
会社休むも子供の面倒と家事もやるためなかなか完治せず。
熱下がらないが明日は出社。

妻は明日からも日中寝れるんだから
今日だけは休ませて欲しいというも
つわりの私も辛いと断られた。
流石に限界だ


続きを読む


560名無しさん@HOME2009/08/05(水) 13:16:18 0
現在妊娠10週でつわりで苦しんでいます。
そんな矢先夫から別居を提案されました。

別居の理由は私のつわりが酷くて、自分までつらくなってしまう。
また、子供が生まれたら夜中でも二時間おきにミルクをあげたりしないといけないので
自分の睡眠時間も危険にさらされる。
専業主婦なら問題ないかもしれないが、自分は仕事をしてるんだからそういう生活は無理、とのことで
自分が実家に戻るので、お前はこの家にいても良いし実家に戻っても良いということです。

出産まで半年、そこからさらに「子供がある程度大きくなるまで」は一緒に暮らしたくない、
ということらしいです。
こういう場合素直に夫に従うべきなんでしょうか?
なんだか凄くモヤモヤします。

続きを読む


131:名無しの心子知らず2014/08/31(日) 13:27:10.50ID:wEIkILvZ

妊娠中につわりやマタニティーブルーで「つらい」と旦那に愚痴ってたら、
旦那から電話で聞いてた義母から「おろしなさい」と言われた
「あなたが楽になるようにあなたのために」と

ショックと怒りでそれまでのつらさが吹き飛んだ

出産予定日一週間前に義母から電話で
自分の不幸な生い立ちを延々と聞かされる

昔何度も子供をおろしたとか自さつ未遂したとか
忄生的被害にあいかけたとか
昔つらいことがあったけど乗り越えて幸せになった、
とかいう感じではなくひたすら
「私こんなにかわいそうなの」って感じで
「息子(旦那)には言わないで」と口止め

出産を間近に控えて不安もあるなかで義母の話は重すぎた
産後義母が義父付きで手伝いに来る予定だったけど
来てほしくなくて旦那に話した

でも「手伝いなしで育児と家事やれるの?俺は手伝えないよ」と言われ
自信満々で「やれます」と言えなくて来てもらうことに

続きを読む


574:名無しさん@HOME[1/3]2011/12/04(日) 13:58:40.39 O
昔の話なんだけど、妊娠して悪阻が酷くて寝室で休んでたら、トメに
寝室の鍵をかけられて、バルサン(だっけ?煙の出るサッ虫剤)を焚かれた。
鍵は取手?の部分が外されてて、内側から開けることが出来なかった。
寝る前に枕元にあった筈の携帯も見当たらなかった。
偶然、先日まで弟に貸してたウ○ルコムを返して貰ったのを思いだし兄と弟に電話した。

兄と弟が駆け付けた時、玄関の鍵は開いてたらしく、兄が寝室のドアを蹴破って助けてくれた。
助けて貰った時に意識はあったんだけど、病院に着いたらら何故か失神してしまった。
私の意識が無い間に、赤ちゃんは空にいってしまって、余りにも実感が無くてただ呆然とした。
兄が旦那に連絡してくれて、旦那も慌てて駆け付けてくれた。
旦那も泣いたりして、トメとは絶縁別居しようと言ってくれたと思う。
でも、私は同居を続けると言って、バルサンも自分で焚いて寝てしまったと自分で言ったらしい。

きっと、この時から私は鬼になったんだと思う。
自宅に帰って数日は何もしてこなかったトメは、私が何も言わないことを良いことに
私を罵倒したり、軽く叩いたりしてきた。
それら暴言は全てレコーダーに録音していて、一通り溜まるのを待った。

続きを読む


304:名無しの心子知らず2012/04/28(土) 02:13:19.50ID:34EYQWIn

相談させてください。
文章力がないので読みづらい点がありましたら申し訳ありません。

現在妊娠4ヶ月でまだ悪阻がおさまっていないのと、3才のやんちゃんな息子がいるため夕方まで自分自身の体力が持たないので夕方から徒歩数分の実家でお世話になっています。
(主人の帰りが遅いため、夕飯~お風呂までお世話になっているので、少ないですが生活費はきちんと渡しています。)

実家には両親と祖父母に加えて嫁に行った妹が戻ってきています。
戻って来た理由は、妹が結婚後、妹夫の海外赴任が決まり妹もついて行ったのですが、海外生活に慣れず体調を崩し療養の為帰ってきたそうです。

ビザの関係?で来週には戻らなくてはならないそうですが、母が言うには戻りたくないから最近イライラしてるとの事です。
前置きが長くなりすみません。

続きを読む


42 2010/10/11(月) 03:12:24 O

すみません、相談お願いします。
読みにくいかと思います。すみません。


私→27歳3ヶ月妊婦
夫→28歳朝早く出て行き夜中に帰る職種。
休みは一週間に1日あるかないか。
義母→50歳フルタイム勤務。定時上がりの土日休み
息子→1歳3ヶ月。まだ歩けない
義実家に同居中。
(義父→夫が幼い頃に離婚していない)

只今、ツワリ真っ最中。(寝、食べツワリ、たまに吐きツワリ)

義母と夫から家事もせず毎日毎日グータラしてると思われてた。
義母だってツワリが辛かったくせに。
私だって寝たきりになりたい。
でも子供の世話しなきゃいけない。

続きを読む


【①はこちら】
【③はこちら】

664:5722014/11/24(月) 03:02:13.18 0

何で私がキチなんだよ
じゃあお前らは自分の兄嫁に同じ事されても許せるの?
両親や兄が怒ってる姿見て何とも思わないの?
皆さん、本当に心が広いんですねー
心が広い人達が何でこんなスレに居るんですかねー

続きを読む


【②はこちら】
【③はこちら】
572: 名無しさん@HOME 2014/11/23(日) 13:10:13.94 0

兄嫁は常識が無い

今兄夫婦は兄の仕事で海外に住んでて夏の帰省の時の話
兄嫁だけ1ヶ月程先に嫁実家に里帰りして来たにも関わらず、
私の実家に連絡ひとつ寄越さない

普通、嫁いで来たわけだしまずは私の実家に連絡寄越すのが常識では?
私の両親は兄嫁の事も私の旦那の事も本当の子供と思って接しているのに、その子供が海外から帰って来たのに何の連絡も無いのかと呆れていたよ…

続きを読む

このページのトップヘ