タグ:患者


900:おさかなくわえた名無しさん2017/10/22(日) 01:04:46.77 ID:b14gR2SL

離婚後ほぼ音信不通だった父が私の勤め先である某総合病院に患者として運ばれてきたこと。
突然、救急外来の看護師から
「お父さんがが来ている」と内線。
この時点でプチパニックだが、名前・生年月日が一致するので確認に走ると、間違いなくうちのバカ親父。
まだ親族誰も到着していないので、「諸検査の同意、持病etcわかる範囲で」と聞かれるが、
「名字も違うのに何故?」と頭の中は?だらけ。
その後通報&付き添ってくれた父の友人から状況を確認して、疑問が晴れることに。
友人、彼女経由で教えてもらい父の母(祖母)に連絡。

祖母「都合がすぐにはつかないが、その病院には〇〇の娘(私)が働いている。
職種はXXで名前は△△なので探してもらえないか(ちょw)」

友人、そのまま看護師に伝え、またまた顔見知りだった救外看護師がもしかして?
と連絡くれたというのが事の顛末。
この後、祖母の代わりにやって来たおばと再会&父の彼女に初対面。
彼女が私とほとんど歳変わらなかったというのも個人的修羅場。
もちろんこの事母には話してない。

続きを読む


496:おさかなくわえた名無しさん2017/12/30(土) 20:08:19.60ID:c6RheH5r
薬局での出来事

小児科から処方箋貰って薬局へ移動、時期も相まってものすごい混んでる
薬局の人も忙しそうで、処方箋渡した時もそっけない態度(これは別に気にしてない)

で、20分くらい待たされて呼ばれたんだけど、うちの子粉飲めないのに粉ばっかし

私「すみません、粉飲めないんですけど」


薬剤師「溶かしても大丈夫ですが・・・」


私「いえ、粉の感じが無理みたいで吐いちゃうので」
ここで薬剤師がすっごいイラついた顔をする

薬剤師「問い合わせして作り直しなんで時間かかりますけどいいですか?」

私「どのくらいですか」

薬剤師「わかんないですよそれは。向う(病院)しだいなんで」

私「でもお願いします飲めないんで。あとその態度はちょっとないと思いますよ。
こっちは客ですよ」


薬剤師「客ではないです。患者です」

私「はあ?」

なんか喧嘩腰な感じがして私もむきになってしまいそのあともちょっと口論になってしまった

で、15分以上また待たされたあげく、
「代用できる薬がないのでこれを飲んでとのことです」との回答

怒り沸騰しそうなのを我慢して黙って貰ってきたけど、これクレームしていいレベルかな?
名前覚えてるしチェーン店だし、結構効きそう。イライラが止まらない


続きを読む

195: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/04(火) 11:46:01.44 ID:bOsBSNmJ
当方内科勤務医

夏風邪をこじらせて
肺炎になって入院した60代男性の患者さん。
ちょっと(かなり)頑固で
わがままな患者で有名になってたんだけど、
もう治りかけて元気になってきた
こないだの連休の話。


「○○号室の△△さん、検温したら体温が34度しか無くて。
きっと汗をかいたからでしょうって言ったんですけど
医者を呼べってきかなくて…」

行ってみると超元気そうにベッドに胡座をかいて


「体温が34度しか無くて悪い病気だと困るから
ちょっと検査してくれ(そのままこの口調)」


「本当に34度だと低体温で動けないですし、
お元気そうなところを見ると
単に脇の皮膚が冷えてただけだと思いますよ。
何も心配いりませんご安心くださいよくあることですよ
むしろようやく発熱が治まって良かったですね」


「でも気になるし検査してほしい。」


「いやいや、大丈夫ですよ。
昨日も検査してて大丈夫みたいですし」


「でも薬のせいで下がりすぎたのかもしれないし
変な病気でも起こしてるとやだし
せっかく入院しているんだしすぐに調べてほしい
なぜ調べようとしない
俺は普段体温高めだから
なおさらおかしいいいからすぐ調べてくれ」

こちらは終始(作り)笑顔で対応していたが、
だんだん相手が喧嘩腰になってきた…。
隣で奥さんが申し訳なさそうにしている。


「そうですか(´・ω・`)
それじゃあちょっと調べてみましょうかね?」


「ええお願いします!
(最初から調べりゃいいんじゃとでも言いたげに)」
続きを読む

929: :2017/01/22(日) 12:49:53.84 ID:

職場不倫で彼女が仲良い職場友達に不倫してるの教えたんだけども馬鹿なのか?
続きを読む

981: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/20(水) 22:19:26.78 ID:ZoZ8T9Wt
俺の母親が真夜中にベッドから落ちて、傍に置いてあった木製の箱にあばらの間の奥にある骨(なんていうのかよくわからん)を強打し骨折。 
俺が自車で先に母親を病院に連れてって、俺弟+叔父(母親の兄)が寝てたばあちゃんと車で後からついていくことになった。 

真夜中だから夜間救急センターに。 
その病院の救急センターはすごく狭くて、診断室もカーテンレールで仕切るだけの簡素なところだった。 

母親のレントゲンの用意してくるっていった先生がいなくなってからがぷち修羅場。 
隣の診断室にやってきていた患者らしきおっさんと、その先生の声が聞こえてきた。 

先生「××さん、最近海外に行かれてますか?」 
おっさん「はい、ちょっと前に」 
「女性買われましたよね?」 
「エッ」 

俺+母硬直。 

おっさん「いや・・・いや、買ってません」 
先生「独身ですよね?」 
おっさん「ハイ・・・」 
先生「これねえ、外国の女の人とじゃないとうつんない病気なんだよ」(キレ気味) 
おっさん「・・・・でも買ってませんし・・・」 

おっさんどんどん声が小さくなる。 
それまでありえないところが骨折していたからむちゃくちゃうめき声あげていた母も沈黙。 
ブサメンで20歳前後しかしアンなことやコンなことに興味がある息子であった俺も母とそんな話を聞かなくちゃいけなくなって沈黙。 

俺が絞り出した言葉が「外国の女じゃないとうつらない病気ってあるんだね・・・」 
俺カスだった。 

あの後母親に殴られるわ、たぶん声が聞こえたんであろう隣の診断室が静かになったのが俺の修羅場だ。
続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2015/10/31(土)21:24:05 ID:6qO(主)
個人情報、守秘義務の関係上、もちろん99%フェイク。
複数の患者たちをミックスさせて書いていきます。

続きを読む

このページのトップヘ