タグ:息子


132:名無しさん@おーぷん2015/10/21(水)16:39:42 ID:m1i
男性は実子の命日を忘れるものなのでしょうか。
数年前に愛息子がタヒにました。
昨年までは命日を覚えていたのですが、今年になって
「すっかり忘れてた。上司と飲みにいく約束をしてしまった」と言われて呆然。

旦那の兄も十年以上前に亡くなっていて、
義母は毎年何かしら行動していますが、義父はすぽーんと忘れていて義母に怒られています。

ちなみに旦那も旦那兄の命日を忘れます。
旦那と旦那兄は年が離れていて、幼かった旦那は旦那兄の記憶がほとんど無いため、
あまりピンと来ていないのかもと思っていました。

しかし愛息子の命日(土曜日)を忘れるのは許せなく、直帰するように伝えましたが
(仕事は午前終了、墓参りに行きたかった)、飲み会を優先されました。

この飲み会は別に仕事絡みの大切なものではなく、
気の合う上司と語り合う遊び感覚だと旦那本人から聞いています。

義母もかなり憤慨し、何故こんなところが父ちゃん(義父)に似たのかと旦那を電話越しで説教。
タヒんでまだ数年、生きていたら小学生になる年齢。
旦那は来年小学生だったよな、ランドセルを買おうかと私の顔色を見て頓珍漢な事を言い出す始末。

息子は来年では無く今年小学生になる年齢だと言い返したら何も言わずに就寝。
数日後には記入済みの離婚届を渡された。

いつまでも未練たらしくしていたら息子も浮かばれない、次を作ろうよ!
でも君がグチグチ言うなら支えきれないと言われました。
続きを読む

179: 名無しの心子知らず 2017/03/19(日) 20:24:14.15 ID:C0LogHiI
息子が友達と遊んでて水たまりでコケて服がドロドロになってしまったそう
友達のお家が近かったから息子たちは友達のお家へ

友達のお母さんが服を貸してくれて汚れた服を
シミにならないようにと気を遣って洗濯機で洗ってから持たせてくれた

ニットだったから脱水に耐えられなかったのかヨレヨレに‥
服を貸してくれて、わざわざ洗ってくれてシミにもなってなかったしありがたい

ありがたいんだけど、おろしたてだったのになあ(´;ω;`)
続きを読む

1: 名も無き被検体774号 2017/03/13(月) 13:24:08.21 ID:wdqp9MLq
運動神経が養われるのは幼少期だけだから
今のうちにいろんな運動を経験させておいてあげたいんだ
息子がもしも将来なにかスポーツに興味を持ったなら、
この経験が必ずアドバンテージになるからさ

だけど息子は現時点ではインドア派で運動は嫌がる
本人の将来の選択肢を増やすためとはいえ、
嫌がってるのに無理に誘うのは親のエゴだろうか?
続きを読む

536: 名無しの心子知らず 2017/03/03(金) 15:06:06.14 ID:DtxnBWHH
うちの息子の漢字テストが70点台で、隣の席の女の子が100点だったらしい。
それでその子に「ダッサ、バカじゃん!」など言われて泣いちゃった、と言ってた。

これからもこういう事あるんだろうなと思う。
意地悪言う子ってどういう思考回路してんだろ?
続きを読む


930 :名無しさん@おーぷん
よくさ、いじめで自さつした子どもの親は気づかなかったのかって言われるじゃん
気づかないのよ鈍い親は

いま皮膚科で働いてるんだけどね、たまに見えない位置にあざを作った子どもが親と病院にくる
「この子の皮膚が変色してるの、皮膚病かしら」って
どう見ても外傷のあざなんだけど、親は気づかない
医者が「こんなの病気でもなんでもない」と言っても
「そんなわけない、皮膚が変色する理由が解らない」と
医者が「外傷だから気になるなら小児科にいけ」と言うと、
それを聞いた子どもは
「嫌だ嫌だ注射いやだ」と騒ぎ立てた
ちなみにその子は14歳
その日はそれでかえしたが、後日またあざをたくさん作ってやってきた
母親は
「また病気が!」というが、どう見ても外傷
医者も「何度こられても病気ではない」と答えるが、
「病気に違いないから調べろ」と五月蝿い
ちなみに子どもが駄々をこねたので小児科にはいってないらしい
仕方ないから血液検査をすることになったが、子どもは
「注射しないってママがいうから皮膚科にきたのにー!いやだー!いやだー!」と泣き叫ぶ
仕方ないから赤ちゃん用の針を使うと言っても
「いやだー!痛いのいやだー!」と駄々こねる
こんなんじゃ採血出来ないと言っても、母親は
「調べて下さい」の一点張り、息子の態度に何の疑問も呈さない
何とか採血を終えたが「痛かったよー!」とギャンギャン
5歳児のほうがもっと太い針使うっつーの
母親は満足気な顔をして帰っていったが、もちろん検査結果は健康そのもの

いつになったら息子が虐められてるって気づくんだろうか
続きを読む

このページのトップヘ