タグ:恐怖感

598: 名無しさん@HOME 04/11/22 22:20:02
親がさー、いわゆる被差別地域にそうと知らずマンソン買っちゃった・・_| ̄|○ 
もう今更転売はできない模様・・。
ちなみにうちの家はいわゆるそういう家系ではありませんが、
母親の実家がそこにあるって事で
先々私の子供達の就職や結婚に差し支えたりするんだろうか・・。
不安でたまらない・・。ちなみに釣りではありません。。
続きを読む

537: おさかなくわえた名無しさん\(^o^)/ 2016/12/13(火) 17:41:54.71 ID:WB5KzGBq
小姑が腎臓2個ともやられて完全に腎不全になった。 
「もし適合するようならお前の腎臓を妹(小姑)にくれんか?」と夫に言われた。 
その時は「うん、わかった」と承諾したが、
自分の腎臓を摘出される場面を想像したり 
もし摘出後に今度は自分の残りの腎臓が悪くなったらもう後が無いじゃんとか 
考えたら後からジワジワ恐怖感が湧いて
「ごめん!やっぱり怖い!」と適合検査の協力願いの話を拒絶してしまった・・・ 

小姑や夫や姑は私の薄情さを責めるようなことは一切無かったが 
透析生活になった小姑には当然ながらずっとすまなさと疚しさがあった。 

しかし後々になって気付いたら、小姑が腎不全になって以来 
夫や姑自身は適合検査なんて全くしてないんだよね。 
腎臓移植なんて成功の可能性が一番高いのは当然血を分けた親族。 
それでダメなら他のドナーを探すのがまぁ普通だろう。 
なのに、夫と姑は自分の腎臓を本気で提供する気はなかったのか 
検査すらしてみずに、私には「腎臓クレ」と気軽によく頼めたなぁ・・・
続きを読む

754: 恋人は名無しさん 投稿日:2008/06/19(木) 15:13:17 ID:NKHFeB9rO
修羅場っぽいし投下しようかな。

登場人物
私子 自分、当時20歳。
(私子家族/両親、兄二人)

K 元カレ、当時23歳。
(Κ家族/両親、妹二人)


今から3年前なんだけど、私子はKと別れの際に居ました。
理由はΚの浮気とその他諸々。

Κとは4年近く付き合っていて、結婚話も出てた程の仲だった。……少なくとも周りから見れば、の話だが。
私子の両親は非常にΚを気に入っていて、また私子もΚの両親に気に入られてた。
結婚したら住まいはどうしようか、孫は何人欲しいだ、式場はココが良いと、周りから結婚を進められていた感じ。
私子を除く周りの全てが浮かれてたと思う。
Κも、私子の両親やΚの両親の前では凄く良い人だった。

私子さんと一緒になれたら幸せだ、それだけで自分は仕事を頑張れる。
私子さんも素直で従順だが、芯がしっかりとしていて、素敵な方だと思う。
結婚したい、自分がずっと守っていきたい。

こんな事ばかりを言って、実際は違った。
続きを読む

このページのトップヘ