タグ:恐怖

657: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/07/07(火) 21:58:49.82
嫁が不治の病(命には関わらない)なんだが、
通院を渋る嫁を励まし支え続けていた

だけど昨日
「治らねぇもんは治らねぇんだよ!
治る治るほざくならてめぇの目を寄越せ!」
って茶碗ぶん投げられた

もうかなり進行していて医者にも
「どうにもならない、通院の頻度を下げてもよい」と
言われるほどなんだが
諦めてほしくなくて、病院に連れていってた

この気持ちが伝わらないのが辛い

嫁にもっと頑張ってほしい、
諦めてほしくないんだがどう励ませばいいかな
今までは「大丈夫大丈夫、治る治る」と
プラス方向に持っていって病院に連れていってた
続きを読む

463: 名無しさん@HOME 2012/09/06(木) 10:25:33.87 O
では失礼して。フェイク有。食事中の方はスルー推奨。 

結婚当初から同居、テンプレ通りのいびりで参っていた時、
トメ「今が追い討ちかけるチャンス」とでも思ったのだろうか。 
いびりの枠を超えた事をしてきた。以下グ□注意。 

・息子@8ヶ月に蜂蜜→救急搬送 
・珍しく「昼作るわ~」とカレーを作る。私の皿だけに飼い犬のフンを混入→救急搬送 
・私専用の汚物入れを荒らし、居間に使用済みのやつを広げて
「やっぱり悪い血だ!!」「汚らわしい!!」→これは何がしたかったか不明。 

が一週間のうちに立て続けに起こったため、旦那が別居&絶縁を決意。
今まで盾になって頑張ってくれてた旦那も限界だったんだろう。
続きを読む

701: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 09:11:39.63 ID:O4UyAp8v.net
ワンルームマンションで1人暮らししていた時のこと。宅急便で代引きの商品を頼んだので玄関先でお金のやり取りをしていると「どうも、○○ガスです!点検に参りました」と作業員の人が尋ねに来た 
点検?初耳だけど...と思うも「一応ポストに通知書入れてるんですが」と言われ、あぁポスト見てないなあと思い「ワンルームだと皆さんあまりポスト見ないんですよねー」とも言われた 
相手の台詞は詳しく忘れたけど「すぐ終わるんで各所のガス点検だけよろしいですか?」と言われ二つ返事でOKした私......だが支払いを終えた宅急便のお兄さんの様子がおかしい

据わった目つきで作業員を見て「あんた身分証持ってる?」と質問。作業員の男は「えっ?えっ??」と疑問符連発 
「身分証だよ。免許証でもなんでも財布に入ってんだろ?出せよ」とちょっと攻撃的な問い掛けに私は「ちょ、ここでカツアゲするの!?」と思ってしまった 

続きますごめんなさい  
 
続きを読む



408: おさかなくわえた名無しさん 2010/09/17(金) 11:53:53 ID:AXgZBqbd
流れぶった切りゴメン

元彼には前から「自分には障害者の弟が居る」という話はされてたけど、あまり気にしてなかった。
初めて彼家に招待された時に、彼の弟さんがいたんだけど・・・。
障害には詳しくないけど、精神?の障害なのかな。

「うひょー」みたいな奇声上げて、私が座ってるソファの回りをうろうろ。
そして、私が帰る時玄関で「ひょひょひょー」といきなり後ろからガバッと抱きつかれた。
耳元で「ふーっふーっ」とか荒い息吹きかけてくるし、
腰を前後にガクガク振ってお尻に当たってるし、胸は触られるし、めちゃくちゃ怖かった。

 
  続きを読む

344: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/01/21(木) 01:43:17.28 .net
イマジナリーフレンド初めて聞いた。 

うちの四歳児、ここ数ヵ月「あーちゃん」という見えないお姉さんと遊んでるんだ。 
で、この前また「あーちゃんが…」とか言ってるから「あーちゃんてどんな子?」と訊いてみたんだ。 
そしたら耳元で 
「あーちゃんはね、車にぶつかって
タヒんじゃったんだよ」 
と囁かれてゾッとしたよ。 

動揺してもいけないと思って「そうか、病院行かなきゃな」と返したら、 
「ぶつかって、ぐるんって回って、どーんって落ちてきたんだって。いっぱい血が出たけど、もう痛くないから娘ちゃんと遊べるんだよ」 
って。 

テレビはNHKとかの子ども向け教育番組しか見せてないし、どこかから仕入れた情報なのか、なんなのか…薄気味悪くて困ってたところ。 
こういうのって、肯定していいんだか戸惑うよな。

続きを読む


1: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/07(木) 23:57:11.02 ID:ZpUHGpBr0.net
三回自宅に来たことがあります。 
とにかく全身真っ赤で、高身長で、でも顔はなんとなく幼い感じの赤い人。 

見たことある人いませんか?

続きを読む

このページのトップヘ