タグ:性格

779: おさかなくわえた名無しさん@転載は禁止 2015/02/02(月) 20:11:47.38 ID:gdpWRf0N

20代の頃に知り合った女の子(仮名A)の話。

Aを初めて見た時、あまりの美貌に驚きました。
性格も良かったら最高だったけど、残念ながら性格はあまりよくなかったです。
だけどとにかく目の保養になる美人で、なんとなく付き合いを続けてしまってました。
AはAで、多少性格悪い事をしても許してくれる私をうっすら見下していたと思う。
自分でもどうかと思ってはいたけど、とにかく美人すぎて、
顔を見ると怒れなくなってしまってたし、連絡来ると嬉しかったのが正直なところでした。

ある日の事、別の友人Bのツテで、かなり人気のあるコンサートチケットをGET出来る事になりました。
その事をAに話すと
「私の分も頼めるかな?」と言う。
帰宅後、Bに電話で訊くと、「料金前払いにしてくれるならいいよ」との事。
もともと私の分も前払いで近日中に送る予定だったので、
Aにチケ代をもらってから、2人分一喝で送金しようと思い、Aに電話すると、
「え? お金? 前払いかー… わかった、今週中に(私)ちゃんちに送るよ」
との事で、待ってたんだけどお金は届かない。
翌週頭まで待ったけど来ないので電話をしました。

私「Aさんのお宅ですか? Aさんご在宅でしょうか」 

A母「はい、ちょっと待っててね」 

A母「Aー、(私)さんから電話よー え? え、でも… えー… うん…」
←うっすら聞こえてくる声 

A母「あ、あの、ご、ごめんなさいね。…今A、出掛けてていないみたいなのよ」 

私「(うそーん…)あ、そうですか。じゃあ、帰宅次第連絡下さるようにお伝え下さい」 

居留守だなーとは思ったけど一応伝言。 
そして電話は結局かかってきませんでした。
続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/02(木)10:51:28 ID:UXz
マジで許さん
結局「人の内面を見る俺かっこいい」
って酔ってただけかよ

クソクソクソ
続きを読む

759: :2017/01/22(日) 00:17:21.14 ID:完全な自業自得なんだが自分の同期女A(31)が一年以上上司と大人の関係を持っていた 
上司いわく自分しか見えてないAを変えたかったらしく 
同期女にかなりきついことを言って大人の関係を承諾させたらしい 
妊娠しないように徹底した関係だったものの 
彼氏や友人が出来たAが彼氏を理由に関係解消を持ちかけた 
不倫に見える関係をやらせさせといて調子が良すぎると上司が指摘するものの 
Aが逆切れし今までのことを会社に自分に都合よく伝え、関係を強制的にやめさせるように仕向けた後に退職 
上司はAに近づけなくなり、会社でいづらくなっている
 
続きを読む

264:名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/18(木) 14:39:18.69
話ぶった切りですまんが、ちょっと聞いて欲しい。
ウチの嫁なんだが性格というか根性がねじ曲がってて困ってる。
30も半ばを過ぎたんで性格を変えようとは思わないんだが、
嫁の言動に俺が同意出来ずにいるとイライラしだしてしまいにゃキレ出す。

例で言えば、今年の初めに俺の実弟が結婚したんだが、
その弟嫁と俺嫁、俺母の三人でランチに行ったそうな。
まぁ確かに弟嫁はちょっと変わった子なのは事実なんだが
その時の様子を語る嫁と俺の会話はこんな感じ

嫁『弟嫁ちゃんはお義母さんに気に入られたいのか、弟くんの事を褒めちぎってて気持ち悪かった。』
↑たぶんこれに同意して欲しがってたとは思うんだが、同意できるはずもなくこう答えた。

俺『ふーん。まぁ誰でもそうなんじゃね?旦那の親と仲良くしたいと思うのは当然だし、だからこそ褒めちぎったんだろ。』
嫁『は?なんで弟嫁ちゃんを庇うの?あたしは人前で旦那を褒める事が気持ち悪いって言ってるの。』
俺『ごめん。その感覚はよくわからんわ。寧ろ旦那を褒めてる弟嫁ちゃんて微笑ましいとさえ感じてしまうな。』
嫁『人前で旦那なんてむしろ馬鹿にこそすれ褒めるなんて気持ち悪いじゃない。そもそも褒める所ないし。』
俺『ふーん。お前は普段俺の事を馬鹿にしてるし、褒める所ないと思ってるわけね。』
嫁『あーもうあんたとは会話にもならない。もう話さないで、あっち行って。お義母さんもニコニコ聞いて気持ち悪いふじこふじこ。』

幼少期に虐待でも受けてたんじゃないかと考えてしまうほどの思考。
ちなみに嫁父は18歳の頃に病タヒ、嫁母は健在だが、俺から見ても人格者。
嫁の俺批判を聞いても逆に嫁を叱るくらいで俺に謝ってくる。

皆さんに聞きたいのは
①ここは嫁の事を立てて例え心の中で同意出来なくてもうわべだけで合わせておくべきか
②もっとしっかりと話し合って嫁の思考が間違っている事を諭すべきか。
③その他(何かいい方法があれば教えて欲しい)
続きを読む

459:名無しの心子知らず2009/03/01(日) 20:43:01ID:J5PV9Bmo
うちもハムスターを近所の親子に拉致されかけた事あったなぁ…。
幸いハムスターは無事だったが。
続きを読む

39: 愛とタヒの名無しさん 2017/04/21(金) 11:37:37.67 ID:dRCOoppC
金のある人ほど、外見にお金をかけない。
金がない人ほど、外見を着飾っている。
続きを読む


75 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 21:44:32.61 ID:C5ftvSy20.net
7年ほど前俺が勤めていた学校は、ある教育のモデル校をしていて
教育委員会の査察が頻繁に来ていた

俺はその教育の担当教員だったので、査察に来る教育委員会の人とよく面談をしていた
教育委員会の担当者は2名
当時50前後のオヤジと、20代中盤の女の子の2人だった

この女の子、俺のタイプだったので最初に学校を見に来た時から目をつけていたんだが、
みるみるうちに笑顔がなくなっていき、ガリガリに痩せていった

気になってオヤジがいない時に話を聞いてみたところ、
上司のオヤジにセクハラとパワハラを受けていることがわかった
続きを読む




424: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/05/29(金) 20:13:09.60 ID:eh1BtDqa.net
昨日ランチしたママ友Aから語られた話。

うちの息子、ママ友Aの娘、ママ友Bの娘は小学校の同級生だったが、
うちの息子は地元の公立へ、ママ友Aの娘はそこそこのレベルの私立に、
ママ友Bの娘は偏差値が出ないレベルの私立にそれぞれ進学。
子供たちは別々の中学に進学し殆ど顔を合わす機会はないが、
家が比較的近所なのでママ友同志はそれなりに付き合いがある。

で、ママ友Bがママ友Aを
「原宿や渋谷はうちのヒメと(注:本当にヒメと言ってるので、
私は頭の中で勝手に「卑雌」と翻訳して聞いている)散々通ったから、
新しいエリアを開拓したいので、●●に一緒に行ってショッピングとランチしようよ!」
と誘ったそうだ。
ママ友Aはなんか面倒だなぁと思いながらも断る理由もないので付き合うことに。

●●というのはオサレな街として雑誌なんかにも取り上げられているところなんだけど、
●●についたBママが向かったのはなんとし○むらw
ママ友Aは「●●まできて何でし○むらなんだよ!」と思ったものの、
入りたくないとも言えず一緒に入店したら、
ママ友Bはカゴにどんどん商品を詰め込み始める。
あんだけ買ったら、いくらし○むらでも万札飛ぶんじゃね?と思っていると、
ママ友Aの携帯に娘から受信あり。
内容は午後の技術かなんかの授業で使う材料を忘れたので
昼休みに学校まで持ってきて欲しいという我侭な御願い。
普段だったら「甘えんなヴォケ!」でお仕舞いだが、
既にこの時点でママ友Bと付き合いたくなくなったママ友Aには渡りに船状態。

長杉といわれたので分割。 
続きを読む




fa4061d1



1: おさかなくわえた名無しさん 2012/06/29(金) 12:05:05.24 ID:42zI9M6K0
俺の何を知ってんだよテメーは!!!! 
続きを読む

478: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/09(土) 14:53:46.89 ID:cJa58f0L
空気読まずに元カレにまつわる衝撃体験 

元カレは自分の彼女をすごく大事に甘やかしまくる反面、カノ以外の女には冷たいタイプ 
明らか私より可愛い子もブス扱いで貶しながら私のことは可愛い可愛いって褒めてくれた 
私の友達でもお構い無しに暴言吐くから私の友達はみんな元カレを嫌ってたけど 
私的には他の女一切眼中ナシで私だけを大事にしてくれる彼氏の存在に悪い気はしなかったし 
一応友達の手前、ごめんねと謝ったり彼氏を注意してたけどそんな私を見て元カレは 
「可愛い上に友達思いで性格いいなんて最高」とまた褒めて私も舞い上がってた 
でもその後、すれ違いが続いてなんとなくギクシャクしだし結局別れてしまった 
ちなみに元カレ嫌ってた友達とは今も友達で仲良し


それが去年の話で、先週、地元に帰ったら駅で元カレとばったり 
私は基本的に別れた彼氏達とも普通に友達付き合いできるタイプなので 
すごい偶然の再会にテンション上がって元カレに笑顔で話しかけた 
そしたら超絶ローテーションで睨まれ、元カレと一緒にいた今カノらしき女子が 
「誰?」と聞いたら「昔の知り合い」とだけ言ってさっさと歩いていった 
今カノは私に会釈して元カレ追っかけてって私ひとりポツン 
付き合ってる最中との態度のちがいもだし、もはや私も 
大事な彼女以外のどうでもいいブス的な存在になったんだと知った 
つか、いくらなんでも極端過ぎだろと衝撃受けると共にマジで腹立った
 
続きを読む

このページのトップヘ