タグ:復讐

225:本当にあった怖い名無し2013/10/30(水) 20:43:37 ID:tQ3XyMDn0

数年前にした復讐話を。
フェイク入れてるんで辻褄合わなかったらスルーして下さい。

俺が高校2年の頃の話。
高校生活はそこそこ充実していた。
でもその頃俺はやりたい事もなく、部活は帰宅部で
ただ無気力に生きてただけと思う。
そんな時、クラスの女(A)に呼び出された。
まさか告白?と自惚れたりしたが、予想は見事大当たり。
女Aから
「付き合ってくれ」と言われた。
何でこんなブサメンな俺と?と不思議に思ったが、女Aは清楚な感じで俺のタイプの子だったから、あっさり承諾。
その日から付き合う事になった・・・

と思っていた。
続きを読む

7:本当にあった怖い名無し2013/02/23(土) 00:52:29.68 ID:j228EIp90

スレ立て乙です、小学校高学年のころの可愛らしい話をひとつ。

母親同士が今で言うママ友だったつながりで、数人の女の子で仲良しグループを作ってた。
最初のうちはあてがわれた友達で仲良く遊べたんだけど成長とともに合う合わないがどうしても出てくる。
また私の母親は気の弱い人で、何かあったとき文句を言うどころか不当な扱いに抗議することもできない、そんなタイプだった。
そういう母親同士の関係はやはり子供同士にも影響を及ぼすもので、
ボスタイプのA母の子(以下A子)は地元企業の社長令嬢という立場もあって強い存在感を持っていた。
目立った虐めはなかったけど、いつもおしゃれな格好をしてるA子が兄のお下がり着てる子のことをpgrしたり
TVは一日30分までと決められてた私を
「TVの話にも乗れない、ノリが悪くて暗いヤツ」呼ばわりしたり
流行のものを買ってもらえない子が加われない遊びばっかりしたがったり、そういうことがちょくちょくあった。
続きを読む

11:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2016/01/29(金) 05:03:05.16 ID:yq6dck9M0.net

嫁と俺と二人揃ってストーカーに騙されて人生を棒に振った
嫁と俺の仲を引き裂いた挙句、転勤先に現れて独り身の寂しさもあって関係を持ってしまった
隠された事実に気づいた嫁が転勤先に現れたのは俺が妊娠したストーカーと籍を入れた二日後
発狂した俺はストーカーを腹パンして強制堕胎、無理矢理離婚届を書かせて晴れて自由の身
これまたストーカーの同士の男ストーカーとくっついてしまった嫁を取り戻す為に地元入りするも、義実家の抵抗が強く断念
あまりにも許せないので言葉がおかしいが嫁と仕組んで三人を托卵してやった
男ストーカーの会社を俺の子が継げばようやく復讐完了になるので今はそれをひたすら待ってる
続きを読む

63:名無しさん@おーぷん2016/12/21(水)15:41:55 ID:fiS
中一から卒業まで付き合った塾の先生
向こうから告られて付き合って自分も好きになった
でも高校入るときに
将来のこと考えて真剣に付き合っていくために
このまま付き合っていたらよくないので
一回別れて問題なくお付き合いできる年齢になったらもう一回
プロポーズするからと言われて真剣に考えてくれてるんだなーと
嬉しくて一回別れた
それなのに今別の生徒の子と付き合ってるっぽい
クリスマスもその子と過ごすらしい

復讐したい
質問です
もし中学の時付き合っていたことを塾にバラしたら
先生はどうなりますか?
私はどうなりますか?
続きを読む

566:本当にあった怖い名無し2010/07/29(木) 15:38:36ID:zi7imHfA0

元旦那と不倫相手とになら復讐したよ。
二人の△動画を裁判の証拠にして提出しただけだけど
こっちに証拠がないと思わせて裁判まで我慢してた。ほんとは探偵もやとってて証拠いっぱい。
どうしても二人に恥をかかせたかった。
相手側は私を被害妄想の基地外として自分に有利に離婚するつもりだったようだ。

動画を裁判で公開されるのか?とおもってたのだけど実際は裁判所に提出するだけ。
ちょっとつまらなかった。でも元旦那はいいとこのお子さんだったのに親から絶縁された。
元義理両親に土下座され相場の倍近くの慰謝料をいただいたが気持ちはおさまらなかった。

二人は同じ会社だったから会社にも提出して処分を求めた。
どの程度の人が動画を見たのかは知らない。
弁護士さん経由で処分を求めるためだから違法ではない。

結果元旦那は左遷、不倫相手は退職した。
全然オカルトじゃなくてごめん。
ちなみに外で△するのがお好きだったようで●食べる画像はなかった。
続きを読む

84:本当にあった怖い名無し2011/09/05(月) 14:50:36.98ID:D1/JDpGFO

小学生から中学生まで

運動ができて活発な女子グループにいじめられていた。理由は「運動が全くできない、根暗で大人しい」からだった。

運動会は、私がやりたいと言ったと勝手にリレーのアンカーにさせられた。当然だけど結果はビリで全員(先生も)から無視された。

大人しい性格から両親にもいじめを告白できず、帰り道でよく泣いた。いつか見返してやる…そう思いながらも何も出来ずに中学を卒業した。
続きを読む

717:本当にあった怖い名無し2012/12/15(土) 00:13:30.85ID:77dV7OQU0

誰に復讐してるかは定かでありません。
復讐してるかどうかも不明です。

うちに盗聴器と盗撮カメラ1個を発見。
取り付けられてから時間はそんなに経過していなかったと思います
無線オタだったので通信機器とかTVとかのノイズやゴーストに神経質なんで

盗聴器はコンセントの中に入れとくタイプ1個とタップタイプの2個
とりあえずカメラは ものすごーーく違和感があったから即捨てた。
タップも即はずした。筈してもしばらくは電気供給されるの知ってるんで。
夫が帰ってきた時に
「使わないタップをつけっぱなしにしないでっていってるでしょ」と叱ったりしました。

コンセントの中の盗聴器は、ころあいをみて納戸についてるコンセントに移し替えました。
嫌な事があった時に
「お前なんかタヒねばいいんだ。みんなそう思ってる」とか
「うざい。いなくなれ」「消えたいって自分でも思ってるのに、なんでまだいるの?」
「タヒねばいいのに、しねばいいのに、しねばいいのに×2000位」
と自分に向けたネガティブ発言を盗聴器に吐きだしてる。

うちに盗聴器仕掛けたのは夫の実家の人だけど
同じ電波帯で盗聴してる人もいるみたいなので
ベッキーのウザイ自己肯定元気ソングとか流しちゃおうかとか思う

だれも聴いてないかもなのですが
続きを読む


811: 2013/10/01(火) 02:22:27.58 O
吐き出させてください
義妹が臨月になってから精神状態が危うい
私が2年前に出産した時『義妹にしていただいた事』をしたくてイライラしている

産まれる子供に罪は無いし、同じ事をしたら自己嫌悪しそう 

でも、FBで「良い母親になれるかな?」とか書いているのに、 
吐き気がする位不愉快 
されて嫌だったことを、やり返したらやっぱりDQNかな?



続きを読む

504: :2014/03/18(火) 11:53:33.77 ID:

流れを切ってすみません
妻に浮気されていました
その時の経緯を書き込んでもいいですか?
続きを読む

【前編はこちら】
180:626 ◆j08EasWBv62006/08/15(火) 17:59:09
歯科医の帰宅を待ってたので遅くなりました。
家族で出掛けていたらしく、奥さん子供とベンツで帰宅
家の前で座って待つ俺を不審者でも見るような顔で
「何ですかあんた?」
「あなたの愛人の○○の夫ですが」と挨拶すると…黒でした。
奥さんを無理矢理に家の中に押入れ、「あなた何を誤解してるんですか」と。
そこで俺は警察官から聞いている情報を、妻から聞いたように一部始終話しました。
「家は離婚する事になりましたよ、お宅もしますか?離婚して家の妻と再婚すればどうですか?奥さんには俺から話しましょう」とまくし立てると「いや、いや、違うんですよ、少し落ち着いて話しませんか」と…。


家ではなく用もない診察室の方に招かれ話しました。
以外と皆、あっさりと認める物ですね。
これは初めて知りました。
誰一人抵抗しないのは不思議ではあります。
半年前にそういう関係になり、何度か浮気をしたという事でした。
「お互いに割り切った遊びで決して家庭を壊すつもりはない」と必タヒでした。
そこで、はったりですが言ってやりました。
「妻はあなたと結婚するらしいですよ、ここに押しかけてくるかもしれません。そういう勢いで家は出て行きましたからね」と。
怯えた歯科医は情けないほどに震えてました。
俺に土下座までして、「お願いします、許してください、許してください。妻にだけは知られたくないんです」と懇願してました。
俺が、「世の中そんなに甘くはないですよ。また、明日ここに来ます。」と言うと明日は診察日だからここはマズイと。
俺は言ってやりました、「ちょうど歯が痛いんですよ、患者ですから拒否しないで下さいよ」と。
「困ります、困ります」と言う歯科医を振り切って帰ってきました。
「後でお宅を訪ねさせてください」と言われたが、家まで知ってるという事でしょうね。
何か次の手を考えながら待つ事にします。
妻からは留守電に何度も電話が入ってます。
「何処にいるの?」と。
「家の中に入れない」と。
それはそうです、鍵交換してますから。
あいつの顔を今見る自信がないです。
何をしてしまうかと思うと正直怖いです。
姑息に影からジワジワと虐めるしかできない小心者ですね俺は。
続きを読む

このページのトップヘ