タグ:復讐心


1:名無しさん@おーぷん2015/01/11(日)16:04:49ID:RL0
予想以上に彼女がアホということが分かりましたまる

続きを読む

200: 本当にあった怖い名無し: 2014/03/25(火) 21:15:10.89 ID:KEt+MQhd0.net

俺はいわゆるお坊っちゃんで 
頼まなくても向こうから仲良くしたい人がやってくる身分だった 
下は親に仲良くしとけと言われた同年代から 
上は県会議員や国会議員までいたっけな 

そういうのがぞろぞろやってくるっていう生活をしてたせいで 
声をかけられない限りは仲良くしようとしない変な意味でのコミュ障だった 
大学で関東に出た一年目は念願の静かな生活だったな 
偉い人とかが年頃の男の子だからといって 
野球用具やサッカーボールにゲーム機やそのソフトとかくれても 
基本的に児童文学と動物文学読書するのが好きっていう本の虫だったので 
挨拶程度の知り合いだけしかいなくったことを寂しく思うこともなく 
好きにほっといてくれるのが最高に感じてた 

二年になって校舎が首都圏郊外から都内に変わり 
人が多すぎて臆病になってた頃にゆかりと出会った 
ゆかりはしとやかなタイプで俺と読書の趣味が似てた 
交際を考えて欲しいといわれた後も特にがっつかれず 
行儀が良かったのでほわほわした気持ちになってきて 
あらためてこちらから交際を申し込んだ 
翌年のバレンタインに俺たちは俺の部屋でワインを飲みながら 
のんびり映画を見ていた 

ゆかりがやたらと携帯をいじっていた 
しばらくしてドアがガンガン叩かれた 
何かと思って出てみると 
「てめえよくも俺の女を」と怒鳴るやつがいた 
わけがわからないのはそいつが笑っていること 
するとゆかりがやってきて問答無用に扉を閉めてチェーンを外した 
男の仲間も押し入ってきた 

「こいつ今日も何もしてこなかったよどうする?」 
途端に困る押し入ってきた連中 
「じゃー無理やりにでも撮るべ」
続きを読む

このページのトップヘ