タグ:家族


922: 名無しさん@HOME 2013/08/25(日) 00:18:46.06 0
ありがちだけど、
自分の裏切りがバレた時が修羅場だった
ばれる前、私は自分から
相手に別れを告げていた

相手に「あんなつまらない家族に縛られてて
◯◯(私)がかわいそうだ」
みたいなことを言われた時、

私の旦那も娘もつまらない人間なんかじゃないわ!
と怒りを感じ、
自分が家族のこと好きなんだと改めて実感
裏切りしてることがアホくさくなり
相手に一方的に別れを告げた

…で、心を入れ換え
旦那&娘を第一に考えるようになり、
一件落着だと思ってたんだけど、
実は私の裏切りはバレてないと思ってのに
すっかりバレてて(我ながらすごい間抜け)

交際終了から数日経ったある日、
旦那から証拠と一緒に離婚届を突きつけられて
一気に頭真っ白になった

だいぶ前から離婚に向けて動いてたらしく、
自分でも目を覆いたくなるような
画像やら音声やら報告書の内容も
ぐうの音も出ない真実だらけ

娘が私に冷たかったのは、
てっきり思春期のせいだと思って
そのうち元通りになると
さほど気にしてなかったけど

実は私の裏切りを知ってて
怒ってたからだと聞いてさすがに震えた

もう別れたと弁解したけど
裏切りしていた事実そのものを責められ
取り付く島もなく離婚を迫られ
どうしようもなくただただ号泣

ウトメにはキレられ、
母親には泣かれ、父親には叩かれ、
旦那にはものすごく冷たい目で見られ…

正直あの時の旦那の冷たい目が
一番堪えたと思う
娘は私ではなく旦那の方に付いていくと
宣言してると聞かされ、
旦那だけでなく娘にも嫌われる恐怖で
本気でガクガク震えた

パニックになりどうしていいかわからず
本当に泣くしかなかった
結局、謝罪に謝罪を重ねて
離婚だけは勘弁してもらった
続きを読む

64:名無しさん@お腹いっぱい。2009/10/09(金) 06:50:37
1ヶ月くらい前テーブルに置き忘れた
嫁の携帯見たら真っ黒だった
今から間男の子供に「お父さんに渡してね」って
興信所からきた写真付き報告書のコピー渡してくるわ 


続きを読む

867:名無しの心子知らず2013/02/10(日) 10:41:58.17 ID:uOiB76HC

Aがペットを人間のように扱うキチ。
ペットを家族のように思う、というのとは違い、まるでA家の末っ子だと思っていて、まわりの人間にもペットを人間扱いさせる。
Aが飼っているのは猫なので、猫好きの方は、私の主張に対して思いやりがなく腹が立つことのように感じるかもしれません。あらかじめご注意ください。

そもそも他人の家のペットを家族だと思ってるのはその家の人間だけで、よその人間からすればペットはペットにしか見えないし、それ以上の配慮を望めないということも理解できない。
(ペットを家族と思うことに批判があるわけではない)
先日、私ABCでB宅(お屋敷)に遊びに行った。全員共通して年中の子がいるのだが、BとCは上の子も同い年なので連れてきてて全部で大人4人に子ども6人の予定だった。ちなみにCさんは3人目妊娠中。
それぞれ持ちより茶会って感じだったんだけど、イレギュラーにAが猫を連れてきた。
Bの家はもちろん私たちにもなんの相談もなしに、連れてきたためびっくりしていると、人の家なのにキャリーから猫を放しやがった。
Bさんや私が非常識だと言っても「末っ子連れてきちゃった」って感じで悪びれず、A子が抱っこして部屋中を闊歩。Aは無断で豪邸にいる愛猫の写真を撮りまくる。
続きを読む

【後編はこちら】
582:恋人は名無しさん:2010/07/28(水) 07:46:10

自分には彼女が居て1年半付き合い、結婚しようと思って話を進めてるんですが
彼女の親戚と彼女の母親が「エ○バの証人」と昨日始めて聞かされました
なので、人前式?で結婚式はやって欲しいとのことでした
続きを読む

784: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2015/03/12(木) 00:21:39.66

嫁と義姉の会話を立ち聞きしてしまって以来、嫁とぎくしゃくしてしまってる。

嫁「お姉ちゃんさあ、今の記憶保ったまま結婚前に戻れたとして、
それでも旦那さんと結婚すると思う?」
姉「そりゃするよw」
嫁「だよねー。やっぱそうだよねー」
姉「あんたは違うん?」
嫁「うん、しない」
姉「えー!後悔してんの?」
嫁「別に今、離婚したいとかじゃないよ。嫌いでもないし。
でも、次があったら、あの人じゃない人と結婚したい。

それか、結婚しないで一人で暮らす」
姉「なんで?夫君、人当たりいいし大手に勤めてるし、
人格的にも経済的にもダメなとこなさそうじゃん」
嫁「うん。ダメじゃないよ、あの人は。
でもね、家族にはなれないなって感じがするんだ」
姉「どーゆー意味?」
嫁「夫婦は家族の最小単位だけど、家族の中で唯一、チ縁のない他人じゃん。
他人が家族になるには努力がいるけど、あの人はそれをしようとしないし、できないんだと思う」
姉「うーん、よくわかんないけど」
嫁「うん、私もよくわかんない。他人としては悪い人じゃないしね。
だけどもしも結婚前に戻れたら、今度は、家族になろうとしてくれる人と結婚したいな」

この辺で、義姉か嫁のどっちかが立ち上がって扉の方に来るような音がして
その場を離れたからその後の会話は聞いてない。
嫁は普段どおり過ごしてるけど、こっちはあれはどういう意味かと聞くわけにもいかず、
どこかぎくしゃくしてしまう。
嫁がそんなふうに思ってたなんてショックだ。

続きを読む



802:おさかなくわえた名無しさん2006/03/10(金) 17:32:24 ID:s2RHsW2o
上にコレクションについての話がありましたけど
私は夫のコレクションを捨ててしまって後悔した立場でした
鉄道模型でしたけど

かなり古い模型がまさに大量(線路も敷いてて一部屋使っていた)という感じでした
結婚2年目ぐらいから
「こんなにあるんだから売り払ってよ」と夫に言い続けたのですが
毎回全然行動してくれずに言葉を濁す夫にキレてしまい
留守中に業者を呼んで引き取ってもらえるものは引き取ってもらいました

帰ってきた夫は
「売り払ったお金は好きにしていい」
「今まで迷惑かけててごめん」と謝ってくれました
残っていた模型も全部処分してくれたのですごく嬉しかったです

でもその後夫は蔵書をはじめ自分のもの全てを捨て始めてしまいました
会社で着るスーツとワイシャツや下着以外は服すらまともに持たなくなり
今では夫のものは全部含めても衣装ケース二つに納まるだけになってしまって

あまりにも行きすぎていて心配になり色々なものを買っていいと言うのですが
夫は服などの消耗品以外絶対に買わなくなってしまい
かえって私が苦しくなってしまいました

これだけ夫のものがないと
夫がふらっといなくなってしまいそうで
すごく恐いのです

こういう場合ってどうしたらいいんでしょう





続きを読む

163: :2011/09/04(金) 08:58:20 ID:

不倫の最中は、相手の家族を傷つけてるなんて思わなかった
私の家族に迷惑をかけてるとも思わなかった
バレてないし~って
そもそも、周りに申し訳ないと思えるような精神状態なら不倫なんてしないって

止めた今は、家族に悪かったなと思ってる
けど、相手の家族に悪かったとは思わないよ
相手の家族のことは相手の責任で私のエリアではないと思うから
あくまでも、バレてないから言えるのだけど
続きを読む

242: 名無しさん@HOME 2013/05/27(月) 11:43:11.30 0
今となっちゃ笑い話だけど6股を疑われた事があった 
大泣きする彼女と説明しろと詰め寄る彼女の友人ら多数 
彼らが集めた数々の証拠品握りしめて 

「これ従姉!隣県の大学生でいきなり遊びに来たの!!」 
「これ従妹!従姉を訪ねたついでにこっちに来たの!!」 

ここまでは誤解してもしょうがないかもしれないが
続きを読む

741: 1/2 2011/03/27(日) 22:57:20.52
義実家とは徒歩3分。 
結婚当初からトメはしょっちゅううちにアポなし凸。 
子どもが生まれてからはそりゃもう毎日昼前から夕方までいた。 
買い物も自由に行かせてもらえず、行くときは常にトメと一緒。
いい加減イヤになって居留守を使ったら、
「家族なのに心を開かないなんて頭がおかしい」と言われた。
コトメも電話で「お母さんは仲良くしたいだけなのよ。悪気はないの」と説教。
ウトは空気。

頼みの旦那は「せっかく母さんが来ても鍵閉まってたら無駄足になるだろ」と
トメに合鍵を渡した。
毎日いつの間にかトメがいる生活。
昼寝して起きるとトメがいる。風/呂からあがるとトメがいる。

ある日、「嫁子ちゃんも遠慮しないで来てくれたらいいのに。うちでゴロゴロしてくれていいのよ」と
義実家の合鍵を渡された。
何かがぱあっと開けた。そう、心を開く。そんな感じ。
トメと家族になろう。そう思った。

翌日、朝旦那を送り出すとそのまま子と義実家へ行った。
トメは早朝から昼まで仕事をしていていないので、合鍵で入ってゴロゴロしてた。
帰ってきたトメはびっくりしてたけど、うれしそうに子の相手をしたり、私の世話をしてくれた。
親子になれた。そんな瞬間。

夕飯を食べて、お風/呂に入って、旦那の分のおかずも貰って帰ってきた。
翌日も、その翌日も、毎日行った。
トメは笑顔でもてなしてくれた。
ウトも喜んでくれた。コトメもコトメ子を連れてしょっちゅう遊びに来るようになった。
旦那にも「良かったな。よくもてなしてもらえよ」と毎日行くことを勧められた。
毎日にぎやかで楽しかった。
続きを読む

このページのトップヘ